Amazon転売とは

更新日: 2016-01-04

Amazon転売とは

 

アマゾン転売とは

アマゾンを使って商品を転売するビジネス」のことです。

 

相場よりも安くで商品を仕入れて高くで売る

というのは他の転売ビジネスと同じですが、

販売プラットフォームに

「アマゾン」を使うところに一番の特徴があります。

 

アマゾンというのは、今更説明する必要もないと思いますが、

世界最大のショッピングモールサイトのことです。

amazon

 

 

ではなぜ、アマゾンがいいのかというと

 

アマゾンは決済から発送まで

すべて代行してもらえるシステムが用意されていので

面倒な手間がかからないことが大きなメリットです。

(ここについてはあとで詳しくお話しします。)

 

だから、本業のあるサラリーマンでも

仕事終わりの時間や休日を使って稼ぐことができるんですね。

 

あとは、

 

どういう商品を仕入れれば稼ぐことができるのか?

儲かるお宝商品はどこに行けば手に入るのか?

 

これらを探す作業がメインになってきます。

 

ビジネスを始める上でマーケティングであったり、

ホームページ作りやプログラミングなどの

難しい知識を学ぶ必要はありません。

 

「これは!」と思った商品を検索にかけてリサーチをし、

利益が見込めるのであれば仕入れてアマゾンに登録をする。

 

やるべき仕事はたったこれだけです。

 

だから、アマゾン転売は宝探しのような感覚で

気軽に始められるビジネスなんですね。

 

どんなものを転売するべきか?

 

私が特にAmazonで販売しているのは、以下の通りです。

洋服とかブランド品、大型製品や高額な商品以外は、

殆ど転売していると思います。

 

・家電・カメラ・AV機器

 

高額なパソコンは積極的に仕入れませんが、

マウスなどのパソコン周辺機器をはじめ、PCアクセサリ、

PCパーツ、PCソフト、文房具・オフィス用品、PCゲームなど

パソコン関連はアマゾンでとてつもなく売れます。

 

例えば、プリンター用インク、記録メディア、無線LAN親子器機、

外付けハードディスク、スピーカー、CPU、電池、iphone製品、

ゲームパット、ペンタブレット、USB/LANケーブルなどなど

 

特にパナソニックやCMなどで広告されている商品は、

本当によく売れます。

 

・ベビー用品・おもちゃ/ホビー

 

キャラクター性の強い、アンパンパン、機関車トーマス、

LEGO、ディズニーシリーズ、仮面ライダー、ワンピースなど、

人気なものほど需要があるので、よく転売します。

 

アップリカ、グレコ、ベビービョルンを中心に、

ベビーカー、積み木のおもちゃ(遊具)などなど

人気があれば、何でも売れてしまいます。

 

楽器はあまり売ったことはないですが、

水泳用のビニールプールなら売ったことがあります(笑)

 

ホビー製品だと、初音ミク、ガンダム、進撃の巨人、ドラゴンボール、

ラブライブ、鉄道模型などが人気です。

 

・ゲーム

 

ゲームの転売は、回転も速く、ライバル少な目なので、

意外にお勧めです。

 

やはりニンテンドー(wii)、プレイステーションシリーズ、ゲームボーイ、

ゲームギア、本体からコントローラーまで幅広く、

さらに、古いものもよく売れています。

 

・DVD/ミュージックCD

 

DVD関連だと、ジャンルも幅広いのですが、

ブルーレイ、アーティストのライブDVDやCDアニメ、BOXセットなどなど。

 

限定・初版などは、プレ値になりやすいです。

 

私はあまりしないのですが、

C単やブックオフの値札を見て、

せどりと言われる手法で転売するのが普通です。

 

・ホーム&キッチン

 

ホーム&キッチンだけでなく、ペット用やDIYもかなり売れます。

 

例えば、カーペット、防犯カメラ、電動工具、水筒、コーヒーメーカー、

加湿器、炊飯器、掃除機、健康家電、電動歯ブラシ、フェイスケア、

メンズシェーバー、電球などなど本当に身近なものを転売しています。

 

・ドラックストア/ビューティー

 

結構意外なのですが、私は薬局やドンキホーテで

頻繁に仕入れます。

 

さすがに薬や液体とかは薬事法に触れるので売れないですが、

スキンケア用品、美容コスメ、測定器、マスク、コンドーム、

 

ダイエット器具など、売れないものが殆どなのですが、

単価が安いので、発見できると少し興奮します(笑)

 

Amazon転売の主な仕入れ先

 

初めてAmazon転売をする人は

以下を主な仕入先としてください。

 

・家電量販店

・リサイクルショップ

 

家電量販店では主に見切り品やセール品を狙って仕入れを行います。

リサイクルショップでは

Amazonと価格差のある中古品を狙っていきます。

 

慣れてくれば、

フリーマーケットやネットショップなども使って

あらゆるところで仕入れをしていきましょう。

 

具体的なお店の名前をあげると以下の通りです。

是非、参考にしてみてください。

 

実際に店舗仕入れしている店

 

・LABIヤマダ電機

・ビックカメラ

・ヨドバシカメラ

・ソフマップ

・トレーダー

・まんだらけ

・ディスクユニオン

・TSUTAYA

・ゲオ←NEW

・ブックオフ

・エコモール

・ハードオフ

・ドンキホーテ

・ジョーシン

・エディオン

・ケーズデンキ

・コジマ

・ベスト電器

・カメラのキタムラ

・イトーヨーカドー

・イオン

・西友

・ダイエー

・コストコ

・マックスバリュー

・トライアル

・アピタ

・ベイシア

・ミスターマックス

・漫画倉庫

 

などなど

 

Amazon転売の種類

 

Amazon転売は大きく分けて、

国内転売と海外転売の2種類があります。

それぞれの特徴を説明していきます。

 

国内転売

 

国内転売とは


国内で仕入れをして国内のマーケットで転売をする方法
です。

手順さえ知ってしまえば、やることは難しくありません。

初めての方はまずは国内転売から始められるのが良いでしょう。

 

その中でも中古転売と新品転売があります。

 

■中古転売

 


中古商品は、利益率が高く、回転率は落ちます
が、

値崩れも起きにくいです。

生産停止になった商品や型落ちしている商品は、

高くても購入する人がいるので、総じて利益が出やすいです。

 

私は、中古転売が得意で、

平均粗利率30~40%を出しています。

 

■新品転売

 


新品商品は、利益率がそこまで大きくないが、

高回転です。

 

また、供給過多になり、値崩れが起きやすいので、

赤字で損切する時もあります。

地震や大気汚染が話題になった時は、バカ売れという現象がおきます。

 

ニュースやCMを小まめにチェックしていると、

一度に利益があがることがあり、

特に12月のクリスマス商戦は、新品転売を積極的にするべきでしょう。

 

海外転売

 

海外転売とは国内と海外の価格差を使って転売をする方法です。

 

主に、海外から仕入れて国内で転売する方法

国内で仕入れたものを海外で転売する方法の2パターンがありますが、

 

円安と円高によって輸入と輸出を使い分けるのがよいでしょう。

 

■円高の時は、輸入転売

 

東日本大地震災の時に、1ドル80円の時代がありましたが、

あの時、輸入転売は流行りました。

主な仕入れ先は中国のタオパオという仕入れ先や、

イーウー市場でした。

 

しかし、香港経由で仕入れ商品が届くので、

時間がかかったり、不良品も多数あることから、

離脱する人も多かったことでしょう。

 

タイで仕入れていた人もいましたが、

日本より物価の低い国で買い付けするのがおススメです。

 

■円安の時は、輸出転売

 

アベノミクスという政策が日本で実施されると、

1ドル120円台の円安になった時期がありました。

 

この時、チャンスだと思い、

私もAmazon.com(アマゾンUS)で転売ビジネスに参加しました。

 

日本で仕入れたものをアメリカ人に買ってもらうのですが、

円安効果で、約20%分の利益増で稼げるだけなく、

消費税の還付金も得られるので、とても美味しいビジネスです。

 

2016年に消費税が10%になると言われていますが、

トヨタや鉄道ビジネスをしている日本の外資系企業が、

さらに儲かる時期に突入すると思います。

 

■問題点

 

幾度となく、アマゾンの輸入と輸出で離脱した人を私は見てきました。

実は私もその一人で、言葉の壁、評価の壁、

輸入なら不良品の対応など、

慣れるまでに相当な時間が必要です。

 

言葉の壁とありますが、海外転売を始めるために

ある程度の語学力があった方がいいのは当然ですが、

 

最近では翻訳サイトを使って取引をすることもできるので、

その点は心配する必要はないでしょう。

 

仕入れ方法・仕入れる時のコツ

 

仕入れる商品や仕入先は理解できたと思いますが、

問題は仕入れの方法や仕入れる時のコツです。

 

これは、日々の転売記事で書いているのですが、

基本は、スマホアプリのせどりすとモノレートを見て

売れる商品をリサーチしていきます。

 

せどりすと

せどりすと

 

モノレート(旧アマショー)

モノレート

 

■基本的なリサーチの流れ

 

1.まずはスマホで「せどりすと」を予めダウンロードする
2.仕入れ先に行き「せどりすと」を起動後、

売れそうな商品を発見したら、

「バーコード」をスキャン。

その商品がAmazonでいくらで売られているかを確認しよう。

せどりすと 設定

 

3.例えば、「1200円」の仕入れ値で、

「3700円」でAmazonで販売されていたら

その商品を仕入れ候補の商品にします。

 

4.仕入れ候補の商品をモノレートにてチェックします。

モノレート 見方

 

3か月で見ると、クリスマス商戦で値段が急騰して、

平均3639円に戻っているのがわかります(一番上)。

新品の出品数は3.2個です(真ん中)。

一番下はアマゾンが決めている売れ筋ランキングの変動です(一番下)。

 

モノレート 見方2

(モノレート 見方の例)

青の部分:出品者が2人増えています。
赤の部分:3700円で出品者が3人減り、値段が7344円にあがっています。

 

■仕入れる時の注意点

 

価格差があっても、

3か月単位・1か月単位で殆ど売れていない商品であれば、

仕入れないようにすること。

在庫が増えると仕入れに影響するので、

高額な商品もよっぽどのことがない限り仕入れないように。

 

 

まとめ

 

一口にAmazon転売といっても

組み合わせや考え方・やり方によって方法はたくさんあります。

 

共通として言えることは、

人気商品や有名なメーカーは殆ど売れますし、

自分の中の鉄板商品が決まってくるとよいでしょう。

 

もちろん、人気商品でもモノレートで必ずチェックをするのを

忘れずに。

 

どこから何を仕入れるかは

あなたの得意ジャンルや普段よく行くお店などを探す前に、

紹介した仕入れ先をチェックしてみてください。

 

また語学が得意な方は、

海外転売にもチャレンジしてみるのが良いと思います。

 

あなたの強みと世界情勢を活かしながら、

自分にあった転売の仕方を見つけてみてください。

 

 

無料面談のお知らせ

◆限定開催!無料面談実施!

【Amazon転売に参入したい個人・法人向け無料相談会】

圧倒的な売上を作り、安定して利益を出す転売ビジネスを育てたい人の
疑問や悩みに川添たくみがお答えします。
個人事業で月20~30万円、法人事業で年商1000~2000万円を達成するための仕入れ術、
ノウハウ、メンタル等、答えられる範囲で質問に回答することが可能です。
必ず質問事項ご持参の上、ご参加いただければと思います。

※適性を判断させて頂く為に、面接前に事前アンケートも実施させていただきますので、ご了承くださいませ。


●名古屋開催 1名限定募集 ※次回開催日は未定。

【日時・締切日】
2016年12月11日(日)13時~14時半(12月8日に募集締め切り)
2016年12月24日(土)13時~14時半(12月22日に募集締め切り)

※コンサル生は定員になり次第、一切募集を行いません

【面接場所】愛知県名古屋 マリオットアソシア15階「シーナリー」
【参加料金】お茶代のみご負担下さい
【参加条件】既にメルマガに登録していること

詳細・お申込みはコチラ


●大阪セミナー:2017年1月開催予定 20名限定募集 ※月1回開催予定。



最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございます。

この記事を読んで楽しめた or お役に立てましたら
ポチッとクリックをお願いします。

せどり ブログランキングへ


ブログでは言えない情報をメルマガでは公開中!


2 Responses to “Amazon転売とは”

  1. 平野 より:

    >価格差があっても、
    >3か月単位・1か月単位で殆ど売れていない商品であれば、
    >仕入れないようにすること。
    >在庫が増えると仕入れに影響するので、
    >高額な商品もよっぽどのことがない限り仕入れないように。

    肝に銘じます。

  2. ヤマ より:

    私があまり調べていないジャンルでも売られているので驚きました。

    先入観を捨てて、まだ見ていないジャンルも積極的に調べてみようと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ