転売初心者のために必要な初期費用を計算してみた結果…

こんにちは!

Amazon中古転売専門家の川添たくみです。

 

Amazon転売に興味があるという相談をよく頂くのですが、

その時に一番よく聞かれる質問があります。

 

それは、、、

「初期費用はどれくらいかかるんですか?」

という質問です。

 

というわけで今回はAmazon転売を始める時のコスト、

つまり初期費用について特別に計算してみました。

 

いくらくらいのお金があれば転売ビジネスが始められるのか

気になっている方は参考にしてみてくださいね。

 

1:Amazonの出品料は初期費用無料

 

Amazonで商品販売するには

大口セラーと小口セラーの二つのプランがあります。

 

大口セラーは大量に商品を出品したい人向け、

小口セラーは小規模で販売したい人向けです。

 

それぞれ月額利用料や出品できる商品カテゴリー、

サービスの違いがあるんですね。

 

Amazonの大口セラーのFBA月額費用は

月額4980円となっています。

 

ですが、初月3ヶ月間は無料なので初期費用的には0円です。

 

もうひとつの小口セラーの場合は

商品が売れるたびにコストがかかります。

 

こちらの手数料は

 

1点注文ごとに100円の基本成約料+注文成約時にかかる販売手数料

 

となっています。

 

こちらも登録料自体は無料です。

 

つまり、両方とも初期費用はかからないということですね!

 

本格的にAmazon転売をしていくのであれば

大口セラーに登録した方が何かと便利ですが、

初月3ヶ月無料というのが嬉しいですよね!

 

実質的にノーリスクで販売を始めることができます。

 

2:ツールやアイテムはネットで安く買える

私は転売を効率的に行うためにツールやアイテムを使っています。

 

以前のこちらの記事でお伝えしたように、

転売初心者必見!店舗仕入れをする時に川添が、絶対使うツール5つとは?

 

例えばビームやバッテリーなどを使っています。

 

もしこういうツールが欲しければネットを使えば安く手に入るのですが

大体いくらになるかというと、

ビームは中古で12,000円、バッテリーは2,000円~4,000円くらいですね。

 

ですが、これらのツールはあくまでも作業を効率化させるためのものであって

転売に絶対に必要というものではありません。

 

ですから、はじめはなくても構いませんので

ある程度利益が出てきた後で買い揃えていけばいいと思います。

 

ただし、iPhoneなどのスマートフォンは

転売において必須ツールとなりますのでこれだけは必ず用意しておいてください。

 

とはいえ今の時代、ほとんどの人が持っていると思いますし、

使うのは無料アプリで十分なので追加で費用が必要になることはありません。

 

月の携帯代でだいたい6,000円~10,000円くらいでしょうか。

 

しかも自営業や会社としてやれば、

携帯代も経費で落とせるようになりますから税金面で得をします^^

 

3:交通費が一番ネックか?

転売で一番コストがかかってくるのは交通費になると思います。

移動手段としてはやはり車がある方がいいでしょう。

 

商品の持ち運びは車に積み込めた方が

大量に仕入れられるようになり便利ですよね。

 

車にかかるコストとしては維持費、ガソリン代、高速代、駐車代などです。

 

一概にこれだけの金額と算定することは難しいですが、

車も既に持っている方が多いと思いますので

初期費用として特別にかかる費用とは言えませんね。

 

4:160サイズの段ボール

私の場合、段ボールは購入していますが

人によっては薬局やホームセンターなどでタダでもらっている方もいます。

 

もしお近くに段ボールをもらえるお店があるのならコストはかけずに済みますね。

 

購入するとなると、大体1枚200円程度です。

 

段ボールは必ず必要になるのでまとめて買うとお得になります。

 

まとめ

コストがかかりそうなところを今回まとめてみたのですが、

なんと驚きの結果になりました!

 

携帯、車は既に持っている人が多いでしょうし

Amazonの登録料はかかりませんし、

ダンボールは近所のお店でもらってくればOKです。

 

つまり、

Amazon転売を始めるにあたって

特別な初期費用はかからないんです!

 

追加でかかったとしてもガソリン代くらいで

程度にはよりますが、1万円もかからないと思います。

 

さらに作業を効率的にしていきたい!

もっと売り上げをあげたい!

 

という方はビームを買ったり大口セラーで登録をしたりして

少しずつレベルアップをしていけば大丈夫です。

 

初期投資をほとんどかけずに始められるのも

Amazon転売の魅力の一つということですね!

 

(あくまで事業をスタートさせる時の「初期費用」です。)

 

 

 

無料面談のお知らせ

◆限定開催!無料面談実施!

【Amazon転売に参入したい個人・法人向け無料相談会】

圧倒的な売上を作り、安定して利益を出す転売ビジネスを育てたい人の
疑問や悩みに川添たくみがお答えします。
個人事業で月20~30万円、法人事業で年商1000~2000万円を達成するための仕入れ術、
ノウハウ、メンタル等、答えられる範囲で質問に回答することが可能です。
必ず質問事項ご持参の上、ご参加いただければと思います。

※適性を判断させて頂く為に、面接前に事前アンケートも実施させていただきますので、ご了承くださいませ。


●名古屋開催 1名限定募集 ※次回開催日は未定。

【日時・締切日】
2016年12月10日(土)13時~14時半(12月8日に募集締め切り)
2016年12月24日(土)13時~14時半(12月22日に募集締め切り)

※コンサル生は定員になり次第、一切募集を行いません

【面接場所】愛知県名古屋 マリオットアソシア15階「シーナリー」
【参加料金】お茶代のみご負担下さい
【参加条件】既にメルマガに登録していること

詳細・お申込みはコチラ


●大阪セミナー:2017年1月開催予定 20名限定募集 ※月1回開催予定。



最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございます。

この記事を読んで楽しめた or お役に立てましたら
ポチッとクリックをお願いします。

せどり ブログランキングへ


ブログでは言えない情報をメルマガでは公開中!


3 Responses to “転売初心者のために必要な初期費用を計算してみた結果…”

  1. 平野 より:

    初期コストが安いのが魅力ですね!
    前回にもご報告させて頂きましたが、小口のアカウントは作成致しました!

  2. ヤマ より:

    私は車を持っていない上にペーパードライバーなのですが、やはり大量仕入れをするにはいずれ必要になるなーと思っています。

    と行ってもカーシェアとかで十分かなとも思いますが。。

    • 川添 たくみ より:

      関東ならカーシェアで良いですが、ゆくゆくは有った方が良いですね!
      遠くに仕入れにいける。それだけでもライバルより強くなれますからねー!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ