せどりの利益率を「仕入れ方・ジャンル・新品・中古別に」徹底比較

更新日: 2016-05-18

コンサル生さんや、せどりを始めて間もない方に

よく、せどりの利益率について質問されます。

 

「利益率の高い商品ってなんですか?」とか

「利益率ってどのくらい確保してますか?」とか

「どのくらいの利益率の商品を仕入れてますか?」

 

など、様々な質問を受け、

やはりせどりにおいて利益率や利益に関しては

気になる要素の一つなのだと感じます。

 

せどりでは、しっかり分析しなくては、

上手く稼げなくなってしまったり、

 

資金繰りキャッシュフローに失敗して、

月々のクレジットの支払いが出来なくなってしまったり

 

中には、資金がかつかつになって

「せどりって稼げない。」と思いこんでしまい

引退する人なんかもいるみたいです。

 

 

そんな、せどりを行い、管理、運営する上で

重要な、 せどりの利益率と利益について、

 

仕入れタイプ別や新品せどりや中古せどりなどに分けて

細かく分析し、今後あなたがせどりで迷わないよう

お悩みを解決解消し、不安を無くしたいと思います。

 

是非最後までお読みください!

 

 

せどりの利益率について

okane

利益率と言ってもその計算方法に種類があり、

その認識を誤っている方は結構いらっしゃいます。

 

この記事を見て下さっているという方は、

他のせどりブログや記事なども見ている事と思います。

 

しかし、情報を発信している人の中にも

せどりの利益率についての認識が誤っている方がいるので、

 

その情報を鵜呑みにしてしまったら、

この先ずっとその誤った認識のままでいることになります。

 

利益率もそうですけど、

よくある月商100万円とか月商200万円とか

もっというと1000万円とか、書いている方もいますが、

 

かなり稼いでいるように見えて

実際、思っているよりは利益が出ていなかったり

なんてこともあり得るので、

 

利益率の認識については

気を付ける必要がありますね。

 

 

もちろん売上や月商も、

せどりの運営をイメージ出来るものとして大事なのですし、

 

私も月商の一部を公開していますが、

利益だけではせどりの規模などがイメージ出来ない

というような理由で公開している方もいます。

 

ですが、

実際に自分でせどりを行う際は

いくら稼ごうが”利益”が一番大事ですし、

商品1つ1つの利益率も重要なので、

しっかりとした認識を持ってせどりに臨みましょう!

 

 

せどりの利益率の計算方法

せどりの利益率計算について、

誤認している方も多いため、1つずつ整理します。

 

利益とは

利益とは、商品を売ることによって、得た”稼ぎ、儲け”ですね。

 

会社では、売上総利益とも言い、

最も重要視される指標の一つです。

 

せどりにおける利益計算は、

利益= 粗利益 – 仕入れ値

こちらが身近と言えるでしょう。

 

これは、商品を仕入れる際に、

どの程度利益が出るのか把握するために使います。

 

粗利益は、せどりすとやせどろいど、

せどりスカウターなどのせどりアプリやツールを使用していれば、

そのほとんどが粗利益を表示してくれるかと思います。

 

 

実際には、AmazonFCへの納品時の送料や

梱包材やダンボールの費用、

その他、交通費やガソリンなどもかかるので、

そういった費用を全て引いたものが本当の利益と言えるでしょう。

 

費用等も全て引いた、

本当の利益の事を 純利益 と言います。

 

粗利益 は費用を引いていない

大体の利益という意味です。

 

一番簡単に利益の計算式を表すと、

以下のようのなります。
利益=  売上  –  経費

 

もし、経費が売上より大きくなったり、

価格競争などで値下げし、

 

利益がマイナスとなってしまった場合は

損失 ということになります。

 

 

利益率とは

どの程度儲けているのかを表す指標で、

収益性 とも言います。

 

せどりにおいての利益率としては、

利益 ÷ 仕入れ値 ×100 ←誤

 

こちらの計算式が正しいと思っている方が

非常に多い気がします。

 

例えば、1000円で仕入れたものを

手数料引いて2000円の利益が出たとしすると、

2000円 ÷ 1000円 (=2) ×100=200(%) ←誤

となり、利益率200%ということになります。

 

実はこの計算方法は、

せどりを事業として考えると間違いなんです。

 

何故事業として考えるとという表現をしたかというと、

この計算式で計算している転売屋、せどらーの方や、

メルマガやブログなどで情報発信している方も

非常に多いんですよね。

 

要するにせどりのプロとしてやっている方でも

この誤った計算式で考えている方も多いので、

 

ここで、これじゃない!と言っても、

「え、みんなこの計算でやっているじゃん!」

というようになってしまうこともあり得ます。

 

ですが、会社、及び企業などが使っている

計算方法は別の方法なので、

出来る限り正しい計算方法を使いましょう

 

ちなみに、さきほど紹介した、

仕入れ値を割る計算方法は、

ROI(アールオーアイ)と言い、

投下資本利益率や、投資対効果 、投資収益率

などとも言います。

 

どういう意味かというと、

投資対効果 なので、せどりに変換すると、

投資=仕入れ値、 効果=利益

というようになるので、

 

ビジネスなどでよく使う 費用対効果

と同じような意味という認識で良いと思います。

 

仕入れ値してどれ程の効果があるか、

どれ程の利益が出るかのパーセンテージということですね。

 

これは、利益管理というよりは、

仕入れ中にパッと、どれくらい利益が出るのか

イメージするのに適した指標です。

 

1000円の仕入れ値で利益2000円だと、

利益1000円が100%なので、

それが2倍で200%になるということですね。

 

正しい利益率の計算では、

100%の利益率というのはあり得ない数字です。

 

 

この計算式の他にも、

利益 ÷ 仕入れ値 の利益の部分が、

 

アマゾン手数料や経費を引いていない方も多いですね。

 

手数料や経費を引かないと、利益率などが

盛れてしまうので、数字を誇大している事になってしまいます。

 

交通費や雑費、保管料、月間登録料などは

含めないのが一般的ですが、

 

Amazon手数料だけは、

売上から差し引いて計算しましょう。

 

 

やっとですが、

ここでせどりにおける利益率の正しい計算方法をお教えします。

 

利益 ÷ 売上 ×100←正

 

こちらが正しい式となります。

 

利益の部分は先ほど言った通り、

Amazon手数料を引いた額で、

売上というのは、その名の通り売り値です。

 

間違った計算の方では、

売上でなく仕入れ値で割るという

考えの人が非常に多いんですね。

 

こちらの正しい式を使うと、

利益率100%はあり得ない数字で、

 

平均の利益率でいうと、

10~30%ぐらいですかね。

 

30%の利益率となると

結構良い部類に入るのではないでしょうか。

 

実際に計算してみると、

2000円で商品を仕入れて、4000円で売ったとします。

アマゾン手数料を引いた利益が、1000円だとして、

 

利益 ÷ 売上 ×100 ←正

 

なので、利益1000円÷売上4000円×100=25%

となります。

 

2000円で仕入れた商品の利益が1000円なら

利益率が25%になるということですね。

 

では先ほどの利益率200%になってしまった

式を全く同じように正しい計算式で行うと、

 

1000円で仕入れたものを

手数料引いて2000円の利益 でしたね。

前回は、利益÷仕入れ値×100の式で200%になりました。

 

利益2000円となると売上が大体4000円だと仮定して、

2000円 ÷ 4000円 × 100 = 50%

利益率が50%になりました。

 

1000円で買ってきて、倍の純利益が出たときに

利益率が50%になるということですね。

 

「1000円の利益が100%だから×2で200%か~」

という考えではないんですよね。

 

仕入れ値の倍の利益で50%ですから、

1000円で仕入れて500円の利益だとしたら、

利益率20%~30%ぐらいですかね。

 

売上によって変わるので、

同じ仕入れ値で同じ利益でも、

 

大型商品など、手数料が大きくなるものでしたら

利益率が落ちることになります。

 

 

せどりの利益率や利益の特徴

仕入れをしてみると、様々な商品ジャンルがあり、

その商品1つ1つ、どれをとっても、

利益率や利益額は違いますよね。

 

自分がせどりで、どのような仕入れがしやすいか、

どのようなジャンルが得意か、

どのような商品を転売していくのが向いているのか、

 

人によって全然違うと思いますし、

変えて行った方が良い場合や、

そこをもっと掘った方が良い場合など、

状況によって様々です。

 

その、分析や改善をするためにも、

利益率について考える事は非常に重要なので、

仕入れタイプ別に細かく比較してみたいと思います。

 

今回は 新品と中古の利益率の違い についてです。

 

新品せどりの利益率について

 

新品をメインで扱っている方、

中古をメインで扱っている方、

両方、半々程度扱ってる方、

その他の比率で扱ってる方など、

本当に様々なやり方がありますが、

 

今後どのような仕入れをするのか

どこを改善していくのかは、

それぞれ細かい特徴を把握して考察しましょう。

 

分かりやすく表にしてみました。

評価は、DからSで、

Dが最低、Sが最高評価です。

下から、D,C,B,A,Sです!

 

・新品せどりの特徴ランク表

利益率 回転 利益額 仕入れ値 仕入れ時間 納品時間
D~C A C~B C D A

 

表だけで表すのはとても難しいですし、

極論、全ての項目がDからSなので

一概には言えませんが、

一般的なイメージとしてはこんな感じでしょうか。

 

一つずつ説明していきます。

 

まず新品商品の利益率ですが、

比較的少なめ

薄利で平凡な商品も多いでしょう。

 

主な仕入れ先は家電量販店や

ホームセンター、デパートなどが多く、

 

セールや価格交渉、

ポイントなどを駆使し、

1点1点の利益より

商品点数でカバーするイメージです。

 

続いて回転については、

アマゾンではカートから購入する層が

圧倒的に多いため、

 

商品ジャンルによって違いはあれど、

新品の方が回転が良いということになります。

 

ただ、カート価格付近にしていないと

中々カートが回ってきませんし、

 

最近カート取得のアルゴリズムが変わったようで、

自己配送で送料無料で出品している出品者が

カート取得しやすかったり、

出品者によっては最安付近でも、

カートが中々回って来ないなんてこともあるみたいです。

 

カート取得者が、沢山在庫を持っていて、

カートを独占しているなんてこともあるので

思ったより売れない事もあります。

 

ですが、基本的には、

定期的にカートが移り、

 

商品が売れた際もカートが移る事が多いので、

新品商品の方が中古より回転が良い傾向にあります。

 

利益額と仕入れ値に関してですが、

新品は基本的に仕入れ単価が高くなり

 

その分、”利益の額”は比較的大きいのですが、

利益率は低いか、平凡な事が多いです。

 

なので、利益が出る商品が見つかったら

バンバンカゴに詰めて、商品の量でカバーします。

 

そのため、新品せどりは資金力のある方向けと言えるでしょう。

 

 

仕入れ時間は、仕入れに要する時間です。

 

仕入れに行ったお店の状況により、当たりや不発など、

波があり、運要素が比較的強いと言えます。

 

例えば、行ったお店で、

ワゴンセールや処分品が大量に見つかったり、

なにか突発的なセールがあったりで沢山仕入れられたり

 

はたまたその逆で、全体的に値付けが高く、

ワゴンも特価値札なども全然置いていなくて

全くと言って良いほど、仕入れられない場合もあるでしょう

 

 

そういう場合、新品せどりでは行く店舗の量を増やし

運要素を店舗数でカバーするように仕入れたりします。

 

最後の項目、納品時間は

アマゾンの倉庫に送るまでの時間です。

検品や梱包の時間と言い換えても良いと思います。

 

新品は、検品の必要がほどんどなく

仕入れてきたままの状態で納品出来ます。

 

また、コンディション説明文もほぼ一定で

納品可能なので時間がかかりません

 

中古せどりの利益率について

 

新品と中古では、その仕入れの仕方も

商品の性質も大きく異なり、

 

新品には新品のメリット。

中古には中古のメリットがあります。

 

・中古せどりの特徴ランク表

利益率 回転 利益額 仕入れ値 仕入れ時間 納品時間
A~S C C~A S A D

 

あくまで個人の主観なのですが、

新品のグラフと比べて中古の方が

総合的に優秀に見えますね。

 

まず中古は、仕入れ値がかなり安く済み

そのおかげで利益率も優秀になります。

 

例えば、ブックオフなどの本せどりでは、

100円本などを沢山仕入れられますし、

 

リサイクルショップ、ハードオフなどは

100円、300円、500円、1000円以下

などの商品が沢山あります。

 

回転につきましては、

中古は、出品者の数がそこまで多くないので、

 

最安値や、そのコンディションの最安値で

出品してば、需要がある商品でしたら

ある程度の回転率は確保できるでしょう。

 

仕入れ単価が極端に安く済む事も多いので、

最安値より更に安くすることも可能なので、

更に値下げして回転を上げることも出来ます

 

また、納品時にコメントをしっかり書いたり

クリーニング商品写真の撮影などで

回転を上げることも出来ます

 

新品は価格競争もあるので、

中古は値下げのリスクが少ないというのも利点です。

 

 

当たり前ですが、中古の前提として

新品との価格差がないと売れない

という事は頭に入れておいて下さいね。

 

仕入れ時間ですが、中古のお店は

1店舗で仕入れられる商品の量が多いので、

 

新品せどりよりは、

沢山の店舗を回らなくても良くなります

 

最後、新品せどりとの最大の違いと言える納品時間。

 

中身のパーツ、付属品のチェック、

動作確認、クリーニングなど、

検品に要する時間がかなりのものです

 

コンディション説明文もしっかり書かなくては

返品やクレームの原因になります。

 

ここさえ効率化、カバーすることが出来れば

中古はかなり美味しいジャンルと言えるでしょう。

 

地道な作業も苦に思わずに、

利益を追える方が向いてます。

 

納品作業を外注、及びバイトさんを雇ったり、

家族の力を借りることが出来れば

かなり効率化出来ますので、

 

規模がある程度固まってきたら

外注を検討することをおすすめします。

 

 

新品と中古どちらを扱えばいいか

 

新品と中古に分け、

あなたがどちらを扱った方が向いているのか

分かりやすく分析したいと思います。

 

新品せどりに向いている方

 

新品の大きな特徴としては、

 

回転が良い、納品の手間が少ない、

仕入れ単価が比較的高め、

運要素も強く、多くの店舗を回らなくてはならない。

こんなところですね。

 

以上などのことから、

新品せどりに向いている方は、

 

  • 資金力がある

まずはこれですね。単価が高くなりがちで、

薄利な商品も狙い、商品量で勝負したりするので、

資金力がある方向けです。

 

  • 車をお持ちで、時間がある

沢山の店舗を周り、仕入れに時間を要するので、

車を持っていて、副業で週2日などしっかりお休みのある方

もっと言うと、専業の方の方が新品せどりに向いています

 

  • 細かい作業が苦手

中古だと、検品や梱包の時間がかかり

そういう内職のような作業が苦手な方には

新品の方が納品が楽で向いているかもしれません。

 

また、仕入れ以外の、納品後に必要な作業もあります。

価格改定なのですが、中古は、ツールなどでの

一括改定ではカバー出来ない点もあり、

ある程度自分で売れ行きや価格を監視しなくてはなりません

 

一括で出品コンディションの最安値に改定を

したりするとは思いますが、ツールでは

他の出品者につられて変な価格になってしまったり

自分の思ったように改定出来ない場面もあるのが現状です。

 

 

中古せどりに向いている方

 

  • 資金力が乏しい、あまりお金を使えない方

ある程度薄利の商品をガンガン仕入れないと、

大量に仕入れるには厳しい新品せどりに比べ、

中古は利益率が抜群で、仕入れ単価も安いため、

お金をあまり使えない、使いたくない方でも

中古せどりは可能です。

 

  • 仕入れに時間を取れない方

中古を扱うお店は、1店舗で仕入れられる商品が

多いので、沢山の店舗を回らなくても済みます。

ブックオフなどで遅くまでやっている店舗もありますし、

ホビーショップなど、深夜営業している所も多いため、

仕入れる時間帯にも左右されません

 

  • リスクを避けたい方

1点ごとの商品単価が低く値下げも容易なため、

よく値下げして損切り、赤字になるのが嫌というような声を

聞きますが、そのようなリスクを回避することが出来ます。

 

  • 価格改定の頻度を少なくしたい方

中古商品は、時と場合によりますが、

基本的には高めに設定するのはおすすめしません。

出品コンディションの最安値に設定し、売れるのを待ちます。

仕入れ値が安く、最安値からの値下げも容易なため、

十分に利益を確保出来ます。

 

 

せどりの利益率別の仕入れジャンル

 

せどりの種類、ジャンルにより、

その利益率は様々で、

 

あなたがどんなせどりに取り組めばいいか参考になる様、

利益率別にせどりのジャンルを紹介したいと思います。

 

利益率の観点からランク付けしているので、

回転やその他の特性は他の記事などを参照して下さい。

 

利益率の高い商品ジャンル

 

基本的には中古の方が利益率が高いですね。

せどりのジャンルは店舗別や、幅広いものから、

限定的なものまであります。

 

リサイクルショップせどり

 

・ハードオフせどり

 

ランクB~S

中古の王ハードオフ。

ジャンク品、未チェック品など、

検品が必要な物も多いですが値付けの安さは優秀!

生活家電、テレビ、オーディオ、パソコン、周辺機器、

フィギュアなどのホビー、おもちゃもありますし、

ベビー用品や、ファッション、アパレルなどもあります。

 

ジャンクを漁るのも良し、利益率が少し落ちますが、

チェック済みで回転の良く、安心のデジタル家電などを

仕入れるのも良し、おもちゃやフィギュアなどが

美味しいお店もあります。

 

・セカンドストリートせどり

 

ランクC~A

こちらもリサイクルショップの大手。

家具が多いお店もあり、仕入れ商品が少ない事もあります。

たまに値付けがおかしいお店やコーナーなどがあり、

沢山仕入れられる事があります。

 

本せどり

本と言っても、雑誌や漫画も含みます。

 

・ブックオフせどり

 

ランクA

言わずとも知れたお店。

本せどりのメインの仕入れ先です。

100円コーナーから利益が出る商品を

沢山仕入れられたりしますので、

利益率がかなり優秀です。

 

均一セールなどで、安い商品が更に安くなり、

100円以下で仕入れることも可能です。

おもちゃ、ホビーせどり

 

ランクC~A

おもちゃと言ってもかなりの種類、

やり方があります。

 

中古は安く仕入れられる事が多く、

新品でもプレミア品や、トイザらスでの

ワゴンクリスマスセールなどで仕入れられます。

 

利益率が高くなるおもちゃせどりをやるには、

上に載せたリサイクルショップや、

ブックオフのおもちゃを扱う店舗の方が利益率が良いです。

 

 

・トイザらスせどり

 

ランクB

先ほど言った様に、ワゴンセールや、

クリスマスセールなどのシーズンセールが美味しいです。

行くタイミングや店舗によっては

あまり仕入れられない事もありますが、

大量に仕入れられる事もあります。

 

メディアせどり

CDやDVD、ゲームなどの円盤、メディア商品せどりです。

思いのほか、多くの仕入れ先があります。

 

・TSUTAYAせどり

 

ランクC~B

店舗数も多く、CDやDVDメインのようですが、

ゲームや漫画などもあります。

特価値札のものや、レンタル落ちの品を仕入れて

自分でレンタルアップして売ればかなり利益率は

高くなるでしょう。

 

 

・ゲオせどり

 

ランクC~B

こちらもツタヤと似たような感じですが、

ツタヤよりゲームが強い印象ですね。

ワゴンなどで高い利益率の商品もあります。

 

・ディスクユニオンせどり

 

ランクB

店舗が都内などに限られているのですが、

非常に面白い店舗です。

店頭で買い取りも行っていて、そのためか

値付けがかなり安い商品も見つかります。

ジャンク値札のようなものや、高く売れるアニメや

ゲームのサントラなどが安く置いてある事も。

 

 

・ワンダーグーせどり

 

ランクC~B

関東中心に展開するワンダーグー。

メディアだけならず、おもちゃやPC周辺機器などもあります。

セールが独特で、50%オフやもっと割引されるセールが

行われる事も稀にあります。

・ソフマップせどり

 

ランクC~B

メディア等も豊富ですが、PC関連や、

ホビー商品などの方が強い印象です。

買い取りに強い中古PCパーツ、周辺機器などが

安くて利益率が良いいですね。

アマゾンにも出店していて、アマゾンから

刈り取る(安い出品者から買って利益を出す)事もあります。

 

 

利益率が平凡、又は低いジャンル

中古のお店は、全体的に利益率が高くなるので、

新品せどり中心になると思います。

家電量販店せどり

 

家電量販店は、置いてある商品ジャンルも多いので、

一括りにするのは難しいです。

利益率の高いせどりをするには、

商品知識や、ノウハウなどが必要な面もあるので

最前線で仕入れを行うにはガッツがいるでしょう。

 

・家電せどり全般

 

・家電店舗 ランクD~B 

ノウハウや特徴などは記事に書いてますので、

是非ご覧下さいませ。

 

ヤマダ電機せどり

ケーズデンキ

コジマ電機

ジョーシン

ベスト電器

エディオン

ビックカメラ

 

ヨドバシカメラ


ディスカウントショップせどり

一番有名なお店だとドンキホーテですね。

 

置いてある商品は家電量販店にも少々

似ているのですが、性質は少し違います。

 

 

・ドンキホーテせどり

 

ランクC

メインの仕入れ商品は、雑貨系、コスメドラッグ系、

メディア系、ゲーム、おもちゃなどもあります。

 

人によっては全然仕入れられない

なんてこともあるかもしれません。

すごい利益が大きい商品もあるのですが、

見つけるのにコツが必要ですね。

 

価格交渉や、他店舗への在庫確認など、

ちょっとプラスアルファの事も必要になってきます。

 

 

・ミスターマックスせどり

 

ランクC~B

処分品やワゴンセールが結構思い切っていて、

タイミングによっては、利益率の高い商品を

沢山カゴに入れてレジに行くこともありました。

 

ホームセンターせどり

 

ランクC~B

家電量販店に似た要素を持っていますが、

家電よりも生活用品の方が強いかもしれません。

 

ワゴンセールで、すごい破格の値段で

売りだされる事があり、そのタイミングに仕入れに

行く事が出来ればかなり美味しいです。

 

 

・ケーヨーD2せどり

 

・コメリ

 

・ナフコ

 

 

実際にどのせどりジャンルが向いているか

 

それぞれ、仕入れの仕方によって、

利益や利益率、売れ行きなどが違うので、

 

果たして自分はどんなせどりが向いているのか、

今のせどりにおいての悩みをどう解決したらいいのか

細かく分けて分析したいと思います。

 

 

①資金力、時間が無い方向け

  • 資金力が無いけど、とりあえずせどりを始めてみたい。
  • 副業でお小遣い程度良いのでとにかく稼ぎたい。
  • クレジットカードを持てない、もしくは使う事に抵抗がある。
  • 何店舗も仕入れに行く時間がない
  • 目利きや仕入れの見るポイントに自信が無い
  • 車を持っていない(徒歩やレンタカー等)

 

そのような方向けのせどりジャンルをお教えします。

 

リサイクルショップせどり

本、ブックオフせどり

メディアせどり(CD・DVD・ゲーム等)

 

仕入れ単価がかなり安く、

資金が少なくて済む

そのため、利益率もかなり高く

最低限のお金から利益を生み出す事が出来る。

 

そのかわり、中古商品中心で、

在庫を充実させないと、売れ行きの底上げが

出来ないため、安い商品を沢山仕入れて、

在庫を潤わせる必要があるというのと、

 

仕入れ商品を見つける時間は削れますが、

買う商品によっては納品までの時間がかかることも。

家族などの助けを借りれたらGood!

 

 

②資金力があり、店舗を回る時間がある方

  • クレジットカードなどを使い、積極的に仕入れが出来る。
  • 休日がしっかりあったり、時間的余裕がある。

 

家電量販店せどり

ホームセンターせどり

ディスカウントショップせどり

 

家電などの新品を、とにかく店舗を回って、

ワゴンや処分品など、利益がでかい商品を探し、

運要素を、回る店舗数で招き寄せるやり方。

 

 

③趣味や商品知識を活かし、特化型で攻める

せどりは、好きなジャンルを扱い、

楽しむという事や、趣味のジャンルや、

何度も取り組んで商品知識を積み重ねたジャンルを

扱うということが、とても大きい武器になります。

 

おもちゃ、ホビーせどり

本、雑誌、漫画せどり

パソコン、パーツ、デジタル家電(ソフマップせどり)

 

 

 

せどりの利益率徹底比較のまとめ

 

せどりで運営、販売している上で様々な悩みが出来たり、

これからAmazon転売を始めたいけど、その全貌が分からない、

 

また、始めたばかりで色んな悩みがある方など、

気になる事は山ほど出来るものだと思います。

 

私も、始めて間もない頃は色んな事に悩んでは、

試行錯誤して改善、試行錯誤して改善を繰り返してきました。

 

利益率についても、なんとなくでしか考えてなかったり、

軽視してしまう方も多いような気がしますが、

せどりを最適化するためには重要な要素だと思います。

 

 

企業は、本当に様々な数字を算出し、分析し、

経営戦略を練る上で利用しますが、

せどりにおいても”数字”ってすごい大事で、

色々な事が見えてきます。

 

 

利益率が低過ぎて、全体の利回り、

キャッシュフローがちゃんと出来ていなくて、

 

売上入金が大きいから儲かっているように見えるが、

実は、利益が全然出ていなかった、

なんていう例も非常に多いです。

 

 

あとは利益率を意識し過ぎて、

回転率を確保出来ていなくて、

 

ある程度売れているように見えても、

在庫保管料や、値下げして売ったりなんかで

1点1点の利益率が高くても、

 

結果的にはあまり高い利益率の利点を

活かしきれていないなんてこともありますね。

 

 

この記事を見て、

あなたが今後どんな商品ジャンルを

扱っていけば事業が改善するのか、

 

どんなせどりをやれば悩みが解決出来るのか、

などを導き出して頂けたらな、と思います。

 

 

長々とお付き合いありがとうございました!

 

メルマガでは、ここには書けない情報や

せどりのメンタル面などについても公開しております。

興味がありましたらメルマガも一緒にどうぞ!

 

 

無料面談のお知らせ

◆限定開催!無料面談実施!

【Amazon転売に参入したい個人・法人向け無料相談会】

圧倒的な売上を作り、安定して利益を出す転売ビジネスを育てたい人の
疑問や悩みに川添たくみがお答えします。
個人事業で月20~30万円、法人事業で年商1000~2000万円を達成するための仕入れ術、
ノウハウ、メンタル等、答えられる範囲で質問に回答することが可能です。
必ず質問事項ご持参の上、ご参加いただければと思います。

※適性を判断させて頂く為に、面接前に事前アンケートも実施させていただきますので、ご了承くださいませ。


●名古屋開催 1名限定募集 ※次回開催日は未定。

【日時・締切日】
2016年12月11日(日)13時~14時半(12月8日に募集締め切り)
2016年12月24日(土)13時~14時半(12月22日に募集締め切り)

※コンサル生は定員になり次第、一切募集を行いません

【面接場所】愛知県名古屋 マリオットアソシア15階「シーナリー」
【参加料金】お茶代のみご負担下さい
【参加条件】既にメルマガに登録していること

詳細・お申込みはコチラ


●大阪セミナー:2017年1月開催予定 20名限定募集 ※月1回開催予定。



最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございます。

この記事を読んで楽しめた or お役に立てましたら
ポチッとクリックをお願いします。

せどり ブログランキングへ


ブログでは言えない情報をメルマガでは公開中!


3 Responses to “せどりの利益率を「仕入れ方・ジャンル・新品・中古別に」徹底比較”

  1. 平野 より:

    改めて粗利益の重要性を再認識しました。
    また店舗ごとのランク表示もとても分かりやすく参考になりました。

  2. ヤマ より:

    ここ最近自分がどの分野で攻めればいいか迷ってましたが、少しはっきりしたような気がします。参考になりました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ