会社を辞めるきっかけを待っていませんか?悪いきっかけ、優れたきっかけを紹介!

更新日: 2016-07-16

どうも!

Amazonの中古転売専門家、川添たくみです!

 

今働いている会社の人間関係が悪かったり、

上司との人間関係に悩んでいたり、

給料が低かったり、残業続きで待遇が悪かったりで

 

「なにか会社を辞めるきっかけがないかな~」

 

と思っていたりしませんか?

 

もちろん、偶然にちょうど良いタイミングで

やめるきっかけが来ることもありますが、

運を天に任せるよりも今のあなたにできることを

着々と準備しておく方が現実的だと思いますよね。

 

というわけで今回は、そういうところも含めて、

会社を辞めるきっかけになるための条件や準備の仕方について

お伝えできればと思っています。

 

1、会社を辞める時のダメな条件

 

今の時代、会社を辞めたいと思う事自体は普通のことだと思います。

 

せっかく入社した会社だから一生そこで働き続けるべき!

 

という考え方もありますが、正直、もう昔の考え方ですよね。

 

入ってみてから自分に合わない仕事だった・・・

と分かることは大いにありますので、

もっと自分に合った仕事や働き方を求めるのは今の時代の生き方だと思います。

 

ですが、辞め時の条件として

辞めて良いタイミングとダメなタイミングがありますので、

辞めてはいけない条件についてお伝えしたいと思います。

 

辞める理由が無く、ただなんとなく仕事を辞めたい

 

ノリ、気分で辞めたいから辞めるというのは

流石に大人の考え方ではないでしょう。

 

このような感じで辞めたとしても、

また次の職場でも同じことを繰り返すだけになると思います。

 

まず、自分はなぜこの会社を辞めたいと思っているのか?

を考えることから始めることをオススメします。

 

現実逃避

 

精神的なストレスからくる疾病とは別で、

ただ、現実から逃げたいからを理由に仕事を辞めてしまうのも

後で後悔してしまうパターンです。

 

現実に逃げずに立ち向かった分だけ、

より良い未来が待っていると信じることが大切ですね!

 

給料やボーナス手前で辞めてしまう

 

これは非常にもったいないので、

給料日やボーナス日はきちんと確認しておきましょう。

 

そのためには事前に辞める日を明確にしておくことが大事です。

 

ここは本人の計画性が重要になってきます。

勢いでやめてはいけない理由はこことも関連していますね。

 

2、会社を辞める時の優れた条件とは?

 

それでは、これだけを満たせば辞めても大丈夫といえる、

会社を辞めるときに優れた条件についてお話していきたいと思います!

 

条件1:次の転職先の条件が現在の職場より良い

 

少なくとも今の職場よりも次の職場もしくは仕事の条件が

良くなければ、わざわざ辞める意味がありませんね。

 

単純に給料だけでなく、労働時間や仕事内容も含めて

自分にマッチした職場を選ぶようにするのがおすすめです。

 

条件2:副業収入で15~20万円を既に稼いでいる

 

なんといってもお金がなければ生活していけませんから

独立をする前にある程度のめどを立てておくことが大切です。

 

その目安となるのが、

副業で15万~20万円くらいの収入を得ていることになります。

 

この収入があれば、生活はできますし、副業から専業になることで

もっと多くの収入が期待できますからね。

 

条件3:独立に向けた計画が済み、開始日が決まっている

 

そして、もっと大事なことが

しっかりとした計画があるかどうかということです。

 

行き当たりばったりで会社を辞めて独立しても

上手くいく訳がありません。

 

まずは独立のための計画を立て、

会社勤めをしている時からそのプランを実行していくことをオススメします。

 

そして、100%でないにしても、あらかた計画通りに物事が進み、

いよいよ独立のための準備が整ったと確信が持てるときに

本格的に会社を辞めるのが良いでしょう。

 

3、やむを得ない一般的な例

 

意図したものでなくとも、

会社を辞めるのにやむを得ないきっかけとなる出来事が起こることも、

もちろんあります。

 

そんな、会社を辞めるきっかけと一般的な例を紹介しておきます。

 

引っ越し

 

旦那の転勤、家族の引っ越しなどが

やむを得ない原因となって会社を辞めるきっかけになる場合があります。

 

ただ、辞めるきっかけとしては仕方がないので、

理由としては正統派ですよね。

 

ちょうど辞めたいと思っていたタイミングで

こういう出来事が起こるとちょうどいいですけどね^^;

 

大けがや病気

 

最近だとうつ病患者が増えているので、

これをきっかけに会社を辞める人も増えています。

 

ですが、うつ病にかかってしまうような職場は

元々合っていなかったということなので、辞めても仕方がないと思います。

 

また、肉体労働や体を張った仕事をしている場合、

ヘルニアや腰痛などの慢性的なケガに悩まされて

仕事を続けられなってしまったというケースもあります。

 

そういう場合も辞めるのはやむを得ない理由となりますね。

 

結婚や出産

 

特に女性の場合ですが、結婚や出産をきっかけに会社を辞める人は多いです。

 

これは社会的には納得されている理由ですし、

育児をしなければならないとなると仕事を続けることは難しくなりますよね。

 

育児休暇という手もありますが、

会社に迷惑がかかることに責任を感じたり、

会社側も安定しないという理由であまり良く思わないかもしれません。

 

労働者に認められている権利なので使うことは問題ありませんが

辞めたいと思っていたなら、これをきっかけに辞めても問題ないでしょう。

 

4、会社を辞めるきっかけを考えるメリットとデメリット

 

会社を辞めるきっかけは突然出来るものでもありますが、

自分から作り出すものでもあります。

 

いずれにせよ、どういうきっかけで会社を辞めればよいかと

考えておくことにはメリットとデメリットがありますので、

それについてお話させて頂きます。

 

メリット

 

会社員であるときから、会社を辞めるきっかけをちゃんと考えておいたほうが

会社を辞めた後の人間関係を考えたとき、

正当なきっかけがあったほうが円満でいられるはずです。

 

突然やめてしまうのも、

会社の仕事の引き継ぎの問題もありますので、

迷惑がかかるケースも有りますよね。

 

基本的には、周りの人達が納得できる理由を考えておくことをオススメします。

 

デメリット

 

あまりに良く出来た理由や、

辞めるきっかけを探そうとする態度があからさまに出ると過ぎてしまうと、

意図的に辞めようとしているのではないかと思われる可能性があります。

 

そうすると、会社での信用を失ってしまう危険があります。

 

ですので、きっかけづくりを考えすぎるのも

モラルに欠けたものにならないように注意することも大事ですね。

 

5、会社を辞める最高のきっかけとは?

 

ここでは、先程の優れた条件を例にして、

川添がおススメするきっかけを具体的にご紹介したいと思います。

 

次の転職先は今よりも優れていること

 

正直、これは必須条件かと思います。

 

せっかく仕事をやめるのであれば、

今より良い待遇の所にいかなければ意味がありませんよね。

 

その為には、思い切って引っ越しをしてみるというのも一手です。

オススメはやはり都内中心部

 

都会のほうが様々な仕事があふれていますので、

あなたに合った仕事場も見つかるはずです。

 

一番良くないのは似たような思考パターンで

いつも同じ現実を引き寄せてしまうことです。

 

せっかく辞めたのに、また前と同じような職場に勤め、

同じような人に囲まれ、同じようにいつも辞めたいと思っているのなら

あなたの思考パターンが変わっていないからです。

 

現実を変えるためには、まずは思考パターンを変えることが大事。

 

そのために思い切ったことをするのは

パラダイムシフトをする上でとても効果的です。

 

副業収入で15~20万円を既に稼いでいること

 

これは川添が個人的におすすめしたいきっかけです。

私も自分の師匠から常々言われてきたことでもあります。

 

勢いで辞めてしまうのではなく、

今の会社に勤めながらすでに副収入があることが理想です。

 

これによって、仕事を辞めたとしても

次の転職までの猶予期間を余裕を持って作れますし、

リフレッシュのための自由な時間を持つこともできます。

 

また、いっそのことを副業を本業にしてしまって、

独立を視野にいれて考えることもできます。

 

いずれにせよ、副収入があれば選択肢が増やせますので

まずは稼ぐことを第一に考えてみるのが良いかと思います。

 

独立に向けた準備や計画を必ずしていること

 

「いつか会社を辞めたい、独立したい」

と漠然と考えているだけでは、何も現状は変わりません。

 

ほんの些細なきっかけから確信に繋がるように

具体的な行動の話をしていきたいと思います。

 

事業計画書の作成

 

やはり、独立はそんなに甘くはありません。

 

まず独立してから何とか食っていける様になるまでに

数ヶ月から数年の下積みが必要です。

 

しかし、それは何のも基盤もなく一から始めた場合です。

 

しっかりと計画を立て、事業のイメージを持ち、

そのために出来る準備をしておけば

損益分岐点に乗るまでの期間はかなり短くなるはずです。

 

ですので、簡単にでも良いので

まずはどんな事業をするのかを明確にすることから始めましょう。

 

ノートでもメモ帳でもいいので、とにかく紙に書くことが大切です。

 

その次はビズオーシャンで事業計画書の雛形をダウンロードして

そこに落とし込んでみましょう。

 

この作業をしっかりとしているかしていないかで

事業が軌道に乗るかどうかが決まると言っても過言ではありません。

 

行きわたりばったりは良くないので、しっかり丁寧にやるようにしましょう。

 

創業資金の手配

 

創業資金の手配も起業のためのネックのひとつですね。

 

自分の貯金を使うのか?

それとも、融資制度を使うのか?

または、親や兄弟や友人から借りるのか?

 

いろんな選択肢を考慮すべきですが、

そのために用意しなければならないこともたくさんあるので、

思い立ったら早めに動いたほうが良いですね。

 

できるだけお手軽な独立開業法を選ぶ

 

今の時代、始められる事業内容は数知れないです。

 

しかし、その中でも最もハードルが低い個人ビジネスが、

ヤフオクやamazonを使った「転売」と言われています。

 

たとえば、店舗事業を始めようと思うと

300万~700万円位かかります。

 

そのお金をためたり、資金調達をするのは

とても大変ですし、勇気もいりますよね。

 

しかし、転売の場合はスキルさえあれば

誰でもほとんど初期投資も必要なく始めることができます。

 

さらに、川添は転売から発展させて

ワードプレスやブログマーケティングでも稼いでいるので

スキルを使った事業が一番効率が良いと思います。

 

また、即効性という点からも、せどりやamazon転売が一番です。

 

ブログの運営はやはり認知されるのに時間がかかりますし、

アフィリエイトも収入になるのは最低でも半年くらいはかかります。

 

その点を考えると、仕入れたものが売れた時点でお金になる

転売は圧倒的に回転率が優れています。

 

仕入先も無数にあるので、

最近ではフリマやリサイクルショップなんかも穴場になっていると見ています。

 

その他におススメなのは、イベント業です。

 

特に出会いを目的としたパーティや街コンは、

今とても人気があり、非常に儲かりやすいです。

 

例えば、一人3000円の参加料を100名規模で集客すれば、

一日で30万円

 

月4回の週末開催で、120万円の収入になりますね。

 

もちろん、宣伝費や場所代や飲食代の経費は考えなくてはいけませんが、

楽しければ人が寄ってくるので、興味がある人はやってもよいと思います。

 

というわけで、個人ビジネスで独立する時におすすめなのは、

転売、アフィリエイト、イベント業なので、覚えておいてください。

 

6、会社を辞めるきっかけのまとめ

 

今回のまとめになりますが、

やはりできることなら、直感的・直情的になって会社を辞めるのではなく、

周りの人が納得できるきっかけ作りが必要です。

 

また、そのきっかけもモラルに反するようなものではなく、

建設的・計画的に進めていくべきでしょう。

 

一般的な辞める理由としては

引っ越し、結婚・出産、病気・ケガなどになりますので、

関連させることができれば、それがベストですね。

 

また、脱サラ、独立、開業を考えている場合は

転売(ヤフオクとamazon)、アフィリエイト、イベント業

個人ビジネスとしてはオススメですので、こちらもぜひ覚えておいてください。

 

無料面談のお知らせ

◆限定開催!無料面談実施!

【Amazon転売に参入したい個人・法人向け無料相談会】

圧倒的な売上を作り、安定して利益を出す転売ビジネスを育てたい人の
疑問や悩みに川添たくみがお答えします。
個人事業で月20~30万円、法人事業で年商1000~2000万円を達成するための仕入れ術、
ノウハウ、メンタル等、答えられる範囲で質問に回答することが可能です。
必ず質問事項ご持参の上、ご参加いただければと思います。

※適性を判断させて頂く為に、面接前に事前アンケートも実施させていただきますので、ご了承くださいませ。


●名古屋開催 1名限定募集 ※次回開催日は未定。

【日時・締切日】
2016年12月11日(日)13時~14時半(12月8日に募集締め切り)
2016年12月24日(土)13時~14時半(12月22日に募集締め切り)

※コンサル生は定員になり次第、一切募集を行いません

【面接場所】愛知県名古屋 マリオットアソシア15階「シーナリー」
【参加料金】お茶代のみご負担下さい
【参加条件】既にメルマガに登録していること

詳細・お申込みはコチラ


●大阪セミナー:2017年1月開催予定 20名限定募集 ※月1回開催予定。



最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございます。

この記事を読んで楽しめた or お役に立てましたら
ポチッとクリックをお願いします。

せどり ブログランキングへ


ブログでは言えない情報をメルマガでは公開中!


One Response to “会社を辞めるきっかけを待っていませんか?悪いきっかけ、優れたきっかけを紹介!”

  1. 平野 より:

    >その点を考えると、仕入れたものが売れた時点でお金になる
    >転売は圧倒的に回転率が優れています。
    本当にそう思います。
    極意を極めて臨みます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ