カメラ転売のまとめ!カメラせどりができる店舗、仕入れ時期、売れる商品、仕入れのコツ

こんにちは!Amazon中古転売専門家の川添たくみです。

 

私がコンサル生に教える際に一番最初に仕入れを覚えてもらうために

宿題でカメラをリサーチしてきてくださいと言います。

 

カメラというと、若干難しいイメージがありがちなのか

なんでカメラなのですか?とコンサル生にも言われます。

 

なぜカメラなのか?というと

仕入れやすいですし、回転も早く、売上も上がりやすいからです。

 

利益は若干薄利なものが多いですが、

初心者がよく気にする在庫リスクも少ないですし、

何より、売れた実感をすぐ体験できるからです。

 

こうした体験がないと、うまくいかないです。

 

最初から、中古商品や価格の低い商品を仕入れると

手間もかかるし、時間帯報酬が釣り合わなかったり、

しかも、売れなかったり…国内転売=難しいイメージにつながってしまいます。

 

というわけで、最初にカメラ仕入れをしてみましょうということなんです。

 

今回は、初心者の方に特におすすめなカメラ転売の総まとめをしていきます!

 

Contents

1、カメラ転売(カメラせどり)の特徴

 

カメラは、どこのお店でも大抵扱っていて

家電量販店やカメラのキタムラ、リサイクルショップで販売されています。

 

カメラ転売の特徴としては、粗利が10~15%くらいの商品が多く

高回転で売上がばこばこあがります。

 

新品を扱うことも多く、仕入れやすく、

商品のトラブルや在庫リスクが少ないので、よほどのトラブルがない限り、

転売初心者におすすめです。

 

カメラ転売のメリット

・中~高回転の商品が多く、需要がある。

 

カメラは、旅行から家族の写真、趣味で撮影するものから、報道機関で使われたりと

多種多様の需要があります。

 

2016年前半では、中国人の爆買いも話題になりました。

 

値段も8000円~10万円くらいまで、幅広い値段設定で、

しかも、初心者から、カメラマンなどのプロまで需要があるので、

とにかく需要が尽きません。

 

経験的に、納品したその日に、即売れしてしまうことも多いです。

 

・仕入れが簡単、お手軽

 

仕入れは基本、家電量販店やカメラのキタムラで行いますが

在庫処分品を狙うだけなので、付属品が揃っていないというトラブルもほぼ無いです。

 

JANコードや型番で検索すれば、ほとんどモノレートで表示されるので

商品の売れ行きをチェックし、仕入れを行うだけです。

 

DVDや中古せどりの面倒になると、

どうしても傷が有無や附属品を確認しないといけないですからね。

 

・在庫リスクが低い

 

とにかく幅広い需要があるためか、高回転のカメラが多く、

アマゾンランキングでも上位に位置しています。

 

10年も前のカメラはさすがに高回転ではありませんが

3年や4年くらい前の廃盤カメラ(型落ちカメラとも言う)でも十分売れ行きがあります。

 

新機種は値段的に高いため、前の型が安くなっている時に

購入される方もいらっしゃるので、在庫リスクは本当に低いです。

 

逆に半年前に納品したカメラがあれば、

それは、よほど仕入れに失敗していると思います。

 

カメラ転売のデメリット

・キズ物やほこり混入品は、売れにくい。

 

カメラの天敵であるほこりや液晶画面にやレンズにキズのあるものは

基本的に売れにくいです。

 

レンズにキズのあるものは、もってのほかですし

レンズ内にほこりが混入していたり、カビが生えている場合は

売れにくいです。

 

当たり前なのですが、それを無視して、転売している悪質な転売屋も多いので、

この記事を読むあなたは、仕入れないようにしてくださいね。

 

・高い機種ほど、チェックが厳しい。

 

一つ6万~10万するようなカメラを購入する人は

もはや専門性の高い購買者で購入しているので、キズやほこりの混入なども

厳しくチェックします。

 

それが原因で細かいクレームや返品といった事態になる事が多いので

検品をきっちりしましょう。

 

シャッターの撮影数をチェックするソフトもあり、チェックしてから返品する人もいる程です。

 

・家電量販店のカメラは状態が良くないこともある。

 

家電量販店のカメラコーナーには、カメラを購入する人から、ただお試して触りたい人まで

色々来ますので、展示処分品=適当な扱いをされている商品もあります。

 

そのため、キズが多かったり、レンズに指紋がついていたりと

状態が良くない商品が多いため、

必ず仕入れる前にチェックしておきましょう。

 

2、おススメの仕入れ時期

いくらカメラ転売がしやすいからと言って、年中仕入れられるとは限りません。

タイミングを確りおさえるようにしてください。

 

ワゴンセール

 

家電量販店には、店舗にもよりますが、

カメラだけが置いてあるワゴンセールをしている事があります。

 

カメラコーナーにおいてある商品よりも確実に、安くなっているので

見つけたらまずリサーチを行い、売れる商品かどうかチェックしていきましょう。

 

店舗によっては不定期に実施されるので、結構ふらっと寄った時に、

やっていたりもします(笑)

 

 

決算セール

 

決算セールは、基本なんでも安くなる時期ですので、

カメラも含めて全てが安くなっている時期です。

 

これは、株式を公開している企業が、決算時に在庫額も算出しなければならず、

在庫があるだけで、決算書のイメージも悪くなることから、

売り切りを目的として、一斉に値下げが実施されるわけですね。

 

カメラの周辺機器も余裕で売れるので、

カメラ本体+周辺機器を仕入れて利益もダブルでゲットしていきましょう。

 

クリスマス・年末セール

 

クリスマスや年末シーズンになると、ボーナス月でもあることから、

各地でセールが行われ、商品がディスカウントされています。

 

年末商戦と言われるこの時期なので、極端な供給過多でない限り、

商品はなんでも売れていくため、大量に仕入れて、大量に販売しましょう。

 

早い店舗では、11月の中旬以降からガクッと割引される場合もあります。

 

型落ち

 

新商品が出ると売れ残った在庫商品は、

店舗側からしたら、邪魔になるので、いち早く売り切りたいという心理が働きます。

 

春夏モデルや秋冬モデルが出る前に、在庫商品が出てくるので、

それを狙うようにしてください。

 

型落ち品は種類が限定されていて、アマゾンで売れる商品であれば、

同じ商品を何個も仕入れることもあります。

 

具体的な時期は、店舗にもよっても西と東で若干違うので、

御店の人とよくコミュニケーションを取って、細かい日付まで確認するようにしてください。

 

廃盤

 

廃盤商品とは、生産が停止される商品の事を言います。

よほど需要が無い限り、生産を再開することはありません。

 

また、廃盤になると、需要が高まり、

マニアが欲しがるようなコレクション商品化するケースもあります。

 

特にライカ社の昔のライカカメラなど、既に廃盤になっていますが

根強い人気があります。

このカメラは、知識がないと、仕入れができないので、注意したい所ですが、

廃盤商品は必ずチェックしておくようにしましょう。

 

3、カメラ製品の商品カテゴリー

 

カメラと言っても、その関連商品は、幅広く、

最低でも以下のカテゴリーはおさえるようにしてください。

個人的には、レンズやビデオカメラも売るので、

アマゾンショップのランキングを仕入れる前にチェックしておくのも一つの手です。

 

コンパクトカメラ

デジタル一眼レフ

ミラーレス一眼

ビデオカメラ

交換レンズ

双眼鏡

中古カメラ

 

・誰でも購入するコンパクトカメラ、ビデオカメラが狙い目

 

一般的に、一眼レフなど、仕入れ値が高くなってくるのが特徴ですが

コンパクトカメラやビデオカメラは、家族で旅行や行事に行くように買う方も多く

ビデオカメラも型落ち商品であっても4万円くらいまでの商品を多く購入するようです。

 

高い機種と違い、返品のリスクも少なく、

利益も出しやすいカテゴリーなので、初心者にはおすすめです。

 

4、せどり店舗一覧

 

以下では、カメラ転売ができそうな店舗を紹介しておきます。

店舗によっては、在庫が集まりやすい拠点となる店舗もあるので、

概要だけでもチェックしてみることをお勧めしておきます。

 

カメラのキタムラせどり

 

 

ヤマダ電機せどり

 

エディオンせどり

 

ビックカメラせどり

 

ハードオフせどり

※中古は難しいので、新品を優先しても大丈夫です。

 

5、実際に仕入れたことのある定番商品

 

RICOH 防水デジタルカメラ WG-5GPS ガンメタリック 防水14m耐ショック2.2m耐寒-10度 

23000円で仕入れて

wg-55

 

アマゾンで33500円で売れます。

 

アウトドアカメラのWGシリーズは、根強い人気あり、古い型でも

高回転なのが特徴です。

 

FUJIFILM プレミアムコンパクトデジタルカメラ XQ2 ブラック XQ2B を19200円で仕入れて

xq2

32780円で売れます。

次に、SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 II 光学3.6倍を48000円で仕入れて

rx

 

62800円で売れます。

 

SONYのRX100シリーズは人気なので、

安く仕入れができれば、即仕入れをしても良い商品ですね。

 

・狙い目のメーカーをおさえること

camera-bland

カメラは特に日本製が根強い人気があるので

日本製の有名メーカーなら、問題はないです。

 

特にNIKON,CANON,CASIO,ORYMPUSくらいは暗記しておきましょう。

本当にアマゾンでよく売れるブランドです。

 

6、仕入れの最大のコツとは?

 

・売れる商品、売れない商品を記憶しよう

 

カメラの仕入れに回っていると、だんだんと売れない商品、売れる商品が

わかってきます。

 

ただ単にこれは仕入れ値が高くて売れないな~で終わらせず、

仕入れ値がこれくらいなら、利益も出るな!といったように

値段+機種を覚えておくだけで、仕入れの効率も上がります。

 

在庫処分品は大抵どこのお店にいっても、種類は同じなので覚えてしまいましょう。

 

・在庫処分価格で新品在庫を狙う

 

家電量販店で、展示処分品セールとして、販売されていることがあるのですが、

店員さんに在庫を確認してもらうと、裏の倉庫に、新品在庫がまだあったりします。

 

展示処分品価格ではありますが、新品購入できるので、

在庫リスクも低めで、利益が安定して出せるでしょう。

 

いつでも、在庫があるわけではないので、積極的に店員と会話をして、

仕入れをしていって欲しいと思います。

 

・リサイクルショップのカメラコーナーも要チェック

 

リサイクルショップのカメラコーナーには、現行機種が新品価格より、

1万円ほど安い価格で売られていて、破格で仕入れられることができます。

 

もちろん店舗によって、価格差はありますが、

リサイクルショップ仕入れは、含み益を得やすいので、おススメです。

 

・アクションカメラ系の在庫処分品は狙い目

 

アクションカメラというのは、アウトドアでも使えるタフなモデルです。

防水仕様で耐衝撃性があり、ちょっとしたことでは壊れません。

 

この耐久性の高さから、人気な商品になっているのです。

 

アマゾンランキングでも数百位と、ランキング上位で、

中古でさえも早く売れていくので、家電量販店で型落ち品のアクションカメラを見つけたら

早速リサーチしてみることをお勧め致します。

 

特に、リコーのWGシリーズやGoproのアクションカメラ、オリンパスのTGシリーズ

人気商品です。

 

・交換用レンズも売れる

 

一眼レフで使うレンズは、ズームの倍率によって、種類が変わっていたりと

種類がかなり豊富です。

 

JANコードのある商品は、リサーチで簡単に仕入れができますが、

リサイクルショップの中古レンズは、倍率やメーカーくらいしか

書かれていないものもありやや大変でして、

 

メーカーごとにカメラのマウント方法が違うため、似たようなマウントで

仕入れてしまうといったミスに注意してください。

 

特に中古レンズは、レンズによって、ボケ味や色合いがあるため、マニアの人は、好きな

ボケ味や色合いによって、違うレンズを揃えていたりと、まさに趣味の世界です(笑)

 

売れる商品の見極めさえできれば、利益をあげることが可能ではあります。

 

中古レンズ仕入れは動作確認やレンズ内のほこりやカビの状態によって

大きく左右されるので、上級者向けなので、せどり初心者は注意。

 

また、型番や仕様によって、売れる価格も違うので、知識のない時は

やめておいたほうが無難ですね。

 

・バッテリーやレンズフードキャップなどの周辺機器

 

カメラのバッテリーも結構需要があり、長時間使う人が何個か買っていきます。

電動工具のバッテリーと違いFBAにも納品可能な商品なので、

仕入れて即売れすることがあります。

 

レンズフードやカメラを入れるためのバッグやポーチ、三脚まで

カメラで使うものは何でも仕入れが可能なので、カメラ本体にこだわらず

リサーチをしてみましょう。

 

カメラを使う人の気持ちになってみると、何が必要なのか

わかるので、仕入れが捗ったりします。

 

7、仕入れ・転売時の注意点

・レンズキットの種類に注意

 

モノレートで機種名で検索した場合、ダブルズームレンズキットやレンズキットなしの商品が

どちらも出てきます。

 

仕入れようとしているカメラがレンズキット無しなのに、

モノレートでは同一機種のダブルズームレンズキットが出てきて

仕入れできる!と思って仕入れてしまい再度確認したら、レンズキットなしだった・・・・

 

ということになります。

 

必ず、商品のJANコードの末3桁をチェックし、

仕入れ違いがないかチェックしましょう。

 

・細かいキズやほこりに注意

 

これは何度も言っていますが、一番のクレームになりやすいのが

キズやほこりです。

 

アマゾンでは「お客様は神様」という対応をしていますので、

お客様が返品したいと言えば、FBAの場合、基本的に何でも返品を受付けされてしまいます。

 

そのような事態にしないためにも、液晶画面のキズや、ほこりなど

きっちり検品して出品するようにしてください。

 

・訳あり品は好まれない

 

カメラの訳あり品は、あまり好まれません。

例えば、打痕がある場合は落としていたりする可能性がありますし

ほこりが多い場合は管理が悪いと判断されてしまいます。

 

確かに訳あり品は安く仕入れができますが、

クレームや返品に繋がる可能性が高い商品はあまりアマゾンでの

取り扱いはしない方がよく、ヤフオクで転売した方がよかったりもします。

 

液晶の小キズや日焼け等も、気にする人は気にしますから、

特にカメラに関しては、綺麗な商品がおすすめです。

 

8、まとめ

 

初心者の方は、アマゾン転売に慣れるために、

敢えてカメラを仕入れてみるのがおすすめと冒頭でお話しましたが、

いきなり、一眼レフの5万や7万円するカメラは仕入れ値も高い上に、

レンズの種類がある商品などは、最初はやめておいたほうが良いですからね(笑)

 

最初のうちは、モノレートのグラフの見方や付属品のチェックなど、見落としが多いので、

最初はコンパクトカメラやデジカメなど、仕入れ値も1万円~2万円くらいの商品を仕入れて

試しに販売してみるのが最善策です。

 

コンパクトカメラは、普段使う人も多いので、納品してもすぐ売れてしまいます。

最悪、仕入れのミスをしても、大きな損にはなりませんよね。

 

カメラの仕入れに慣れてきたら、

家電量販店の各コーナーも周ってリサーチをしたほうがよいし、

最終的にはリサイクルショップで中古商品を仕入れて

かなり安く仕入れて、高く売っていくことで、国内転売のうまみを体感することになるでしょう。

 

 

それでも、国内転売をしたくないという方はしょうがないですが、

国内転売がちょっとでも気になった方や会社や生活に不満がある方は

是非、無料相談所をご利用ください。

 

 

無料面談のお知らせ

◆限定開催!無料面談実施!

【Amazon転売に参入したい個人・法人向け無料相談会】

圧倒的な売上を作り、安定して利益を出す転売ビジネスを育てたい人の
疑問や悩みに川添たくみがお答えします。
個人事業で月20~30万円、法人事業で年商1000~2000万円を達成するための仕入れ術、
ノウハウ、メンタル等、答えられる範囲で質問に回答することが可能です。
必ず質問事項ご持参の上、ご参加いただければと思います。

※適性を判断させて頂く為に、面接前に事前アンケートも実施させていただきますので、ご了承くださいませ。


●名古屋開催 1名限定募集 ※次回開催日は未定。

【日時・締切日】
2016年12月11日(日)13時~14時半(12月8日に募集締め切り)
2016年12月24日(土)13時~14時半(12月22日に募集締め切り)

※コンサル生は定員になり次第、一切募集を行いません

【面接場所】愛知県名古屋 マリオットアソシア15階「シーナリー」
【参加料金】お茶代のみご負担下さい
【参加条件】既にメルマガに登録していること

詳細・お申込みはコチラ


●大阪セミナー:2017年1月開催予定 20名限定募集 ※月1回開催予定。



最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございます。

この記事を読んで楽しめた or お役に立てましたら
ポチッとクリックをお願いします。

せどり ブログランキングへ


ブログでは言えない情報をメルマガでは公開中!


One Response to “カメラ転売のまとめ!カメラせどりができる店舗、仕入れ時期、売れる商品、仕入れのコツ”

  1. 平野 より:

    >もはや専門性の高い購買者で購入しているので、キズやほこりの>混入なども
    >厳しくチェックします。
    >それが原因で細かいクレームや返品といった事態になる事が多い>ので
    >検品をきっちりしましょう。
    私も経験が御座います。
    一眼レフでもフルサイズのセンサーなどは、展示品よりも個人が使用されてた中古の方が人気がありました!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ