アマゾンで売れない時期はある? 不良在庫を無くすための対策や予防方法

更新日: 2016-09-07

こんにちは!Amazon中古転売専門家の川添たくみです。

 

あなたは、もしかして、不良在庫があり、売上が上がらず困っていませんか?

 

アマゾン転売をやっていると必ず不良在庫に悩まされるのですが、

もちろん損したくはないと思うので、

素早く在庫を捌きたい考えているはずです。

 

どんなベテランでもやっぱり失敗はあります。

 

私も長く転売をやってきましたが、不良在庫には随分悩まされましたし、

1000円分の不良在庫を減らすということは、

1000円の利益を出すことに等しいので今回の対策はやっておいて絶対に損はありません。

 

アマゾンで売れない時期はいつ?

2月、8月、9月、10月はあまり売れないことが多い

 

あくまで一般論なのですが、2、8、9.10月は、

売れないことが多いです。

 

2月は、クリスマス、年末、年始商戦明けの月なので、

購買意欲が下がる傾向になるし、中国も旧正月に入る為、

中国輸入転売をしている場合は、仕入れも中々できなくなり、流通自体が停止する時期です。

 

8月は、夏のボーナスを終えたこともあり、

アウトドアやお盆、花火大会、夏イベントが沢山あり、

ネットショップをする人が少ないと言われている一方で、

アウトドア製品やかき氷器、プール製品などの季節物は例外なく売れていくはずです。

 

いつも通り仕入れていると在庫に苦労するケースはありませんでしたか?

 

9、10月は、年末商戦に向けて、一般的に閑散期とも言われています。

冬に入る準備期間なので、仕入れる商品を見誤ると不良在庫を抱えるケースもあります。

 

逆に売れる時期はいつ?

 

余談かもしれませんが、一般的に売れる時期も知っておいてください。

 

12月、1月はかなり売れる

 

12、1月は、爆発的な売上を出せる期間なので、アマゾンのせどりをしている場合、

必ず覚えておくようにしてください。

 

12月は、冬のボーナスが支給されるだけではなく、

殆どの店で年末セールをする実施するため、購買意欲がマックス高まります。

 

冬も本格化しますし、加湿器や暖房器具などの季節家電、

クリスマスプレゼント用のおもちゃやゲームなども爆発的に売れていくし、

年が明ければ、お一人様数点限りの福袋や家電製品も

行列に並んで購入仕入れしても損はないです。

 

つまり、時期によって仕入れる商品を考えて戦略を練っていくと、

不良在庫も出てきにくくなります。

 

年末年始のせどりは、大きくお金が動き始めるので、

仕入れるスピードもアップしてみてください。

 

6,7月は夏のボーナスで結構売れる?

 

夏のボーナスも見逃してはいけません。

日本の夏のボーナス平均は、約50万円程度と言われているし、

お財布の紐も確実に緩みます。

 

2016年7月は、サクサク売れて、

売上150万円の粗利50万円も達成しましたし、売上をチェックする度に、

数字が思い通りにあがる印象です。

 

ちなみに、3月、4月は、個人的には、普通です(笑)

※電子辞書や文房具など、春物をうまいことやればいくと思います。

 

それでも何故売れないのか?

 

しかし、いつも通り仕入れているのに、どうして売れないのでしょうか?

 

それにはいくつか理由があると思うのですが、

値段設定が高すぎるとか値段調整はしていることを前提にお伝えすると…

以下の3つは非常に重要な視点だと考えています。

 

売れる時期に売れる物がわからないから

 

あなたは、モノレートのグラフやデーターばかり見て、

それを信じ切っていまえんか?

 

または、ロングテール(長期)商品ばかり見過ぎてしまい、

季節(シーズン)で売れる商品を掴んでいないです。

 

例えば、モノレートの見方も夏だけに絞ってみるとか、

アマゾンで売れる物を探す時も夏の風物詩でもあるプール、浮輪、

キャンプ、海、スイカ、かき氷というキーワードを使ってリサーチするのがおススメです。

 

切り口を変えて、扱う商品のレパートリーを増やすことが大切です。

 

旬な情報やノウハウを得ていない

 

例えば、一番分かりやすいのが、

生産停止や生産開始の旬な情報ではないでしょうか。

 

ゲーム本体で有名なwiiやPS4がそうですが、

生産停止したものが、急に生産開始になって、

一時期ネットで騒然したと思います。

 

そういった情報は、どのように得るかわかっていますか?

 

モノレートの回転率を予想するには?

 

売れるはずの商品だがなかなか売れない….

商品の回転率をあげたい…

 

このような悩みは、頻繁に起きると思います。

 

そういう時こそ、モノレートで回転率をチェックしなければいけませんが、

 

自分だけの在庫ルールを確立することを前提に、

あなたは「2ヶ月で捌けるかどうか」を確りグラフとして見れていますか?

 

仕入れる前に利益額だけに目が眩むだけでなく、データーばかり見て、

グラフをみないのは愚かです。

 

肝心の回転率が高いかどうかを

細かく総合的にチェックせずに

仕入れてしまっているから在庫が増え続けているのではないでしょうか。

 

そもそも不良在庫の定義とは?

 

せどりはギャンブルではありません。

 

知識と経験が蓄えられてくると、当てずっぽではなく、

売れる商品と売れない商品の違いが分かるようになっていきます。

 

今ではそこそこの販売実績を持っていますが、

利益の出る商品は何度も練習しないと見つけられないものです。

 

不良在庫の定義は

「売れる見込みがあって利益の取れる商品でも2ヶ月以上売れない商品」のことです。

 

売れる見込みと言ってもいつ売れるかはっきりわからないものなので、

 

2ヶ月という期間を設定しているようにしています。

 

私の場合は出品してから、2ヶ月経過すれば、

原価ぎりぎりで捌くか、赤字でも売り切るようにしています。

 

売れてない商品と在庫の違い

 

私は、2ヶ月という販売期間を設定し、ルール化しているのですが、

2ヶ月以内であれば、ただの売れていない商品であり、

2ヶ月を過ぎれば不良在庫と判断しています。

 

これは、そもそもが2ヶ月以内で売れる商品を仕入れているからこそ

設定できる在庫ルールです。

 

「売れるまでには時間がかかりそうだけど、稼げる商品だから仕入れておこう」

 

と思って仕入れをする時もありますが、

そればかりだといつか不良在庫に溢れてしまい、事業停止に追い込まれるでしょう。

 

意図的に、寝かせる商品を持っていたら不良在庫と判断しなくてもよいですが、

4ヶ月なら4ヶ月という風に確り販売期間を定めるようにした方が得策です。

 

多くの人は仕入れた商品を全て在庫と勘違いしてしまいますが、

販売期間を主体的に設定してルール化することで、冷静な判断ができるとよいと思います。

 

理想の在庫率は?

 

ここまで私の在庫の定義をお伝えしてきて、

そのルールを前提に、理想の在庫率とはどれくらいか見ていきたいと思います。

 

基本的に商品は時間が経てば経つほど価値が下がってしまうのが殆どです。

 

もちろんそうなると利益は取りにくいわけですが、

そういうのを一旦無しに考えていただき…

 

理想の在庫率は、総仕入れ額の10%以内と設定するのが理想です。

※2ヶ月経過しても売れない時の在庫率

 

例えば、あなたが、今月100万円仕入れた場合、

2ヶ月経過して、仕入れた総額に対する10万円以内が売れ残っていることが理想とします。

 

そして、理想の在庫率を10%と設定すると、

在庫が総仕入れ額の20%程度になったとしても、

特に気にならなず、不安も覚えることは少ないし、普通に回転していくと思います。

 

不良在庫を撲滅する方法

 

さて、いよいよ本題に入っていきます。

 

どんなに長く転売をしていても必ず不良在庫は出てきてしまうものですが、

それを無くす方法を具体的に解説していきます。

 

不良在庫は簡単になくせるものではないですが、

テクニックや本質を抑えるだけで被害を最小限に抑えられるので、

ぜひ意識してやってみてくださいね。

 

自信のない商品は絶対に仕入れない

 

せどりをやっていると次第に

「この商品は売れるかどうか自信が無い」

と思う商品に出会います。

 

せどりツールで売れ行きをチェックしてみても、

売れる頻度は明確にわかるものですが、

商品によって新商品が登場して、需要がいつ尽きるか分からないわけです。

 

そこで…

売れるか曖昧な商品は、絶対に仕入れない。

これを鉄則にしてみてください。

 

資金に余裕があるなら仕入れてもよいじゃん…

とりあえず仕入れてみればいいじゃん

 

こんな風に、軽く考えてしまう時もあるでしょうが、

仕入れにおいて、妥協点を下げないことが重要だと自信の経験から悟っています。

 

無理に、たくさん仕入れることもしなくてよいです。

 

多くの場合、売上を大きく上げたくて、大量仕入れだ!と言わんばかりに、

無理な仕入れをしているのでしょうが、

少しでも微妙だと思ったら仕入れない方が得策ですね。

 

高額商品は即売をしよう

 

高額商品は基本的に時間が経てば経つほど、

ライバルが増えれば増えるほど、

価格が下がることが多いので、納品後、即売りする癖をつけてくださいね。

 

即売りするためには、FBA最安値にすることが最善の策ですし、

自己発送の場合は、1円単位で値下げして

常に最安値に設定しておくことをお勧めしておきます。

 

どんなに遅くとも、ボーナスの月やハイシーズンが過ぎる前に売り切ってしまいたいです。

 

高値で売れる時期が過ぎてしまうと、あとは下がるだけなので、

最悪の場合、1円も利益が取れない赤字商品になってしまうこともあります。

 

そのため、納品のスピードも上げることを意識したり、

最悪、損切りをすることも忘れずに頭に入れておいてください。

 

工夫して商品を売ることも必要

 

実は仕入れる商品の中には、売り方一つで高値になるだけではなく、

ライバルが多い商品の場合、回転よく売れる傾向にあります。

 

例えば、Narutoやワンピース、ハンターハンターなどのコミック漫画などは、

単品で売るよりも、全巻セットにして売るほうが、よいですし、

さらに、カレンダーなど、おまけを付けて売ると直ぐに売れるようになります。

 

他にも、遊戯王やポケモンカード、マジックザギャザリング等の

トレーディングカードのセットを売るなら、レアでないカードを何十枚か一緒におまけでつけたり、

カメラを中古で売るならカメラケースやレンジを磨く布巾もセットで販売するもおススメです。

 

このように、売り方を工夫するこでお、商品価値を上げ、

不良在庫をなくすことは、販売の可能性を広げるものです。

 

赤字で売り切ることも必要

 

実は、Amazon転売の損切は誰も教えてくれないと言われているのですが、

損切は絶対に選択肢の一つとして、頭に入れておかねばなりません。

 

前提として、赤字商品を全く持たない法人や個人やいません。

これは、家電量販店も同様です。

 

なので、まずは、赤字商品に対して寛容になることが先決です。

 

 

その上で、先述した在庫ルールに従って、販売期間が経過したら、

すぱっと赤字でも売り切るようにしてください。

 

その時に、痛い思いをするでしょうが、

トータルの粗利益が+(プラス)になっていれば問題ありません。

 

 

値段調整の回数を原始的に増やす

 

Amazonでは、基本的に、

安く出品しているセラーの商品から順に売れていきますから、

値段設定はこまめにするべきです。

 

特に高額商品やライバルの多い供給が高い商品は、

値段調整の回数を増やしますが、

需要が高い商品は、2番目で待つことも大切です。

 

 

最適な値段設定は、需要と供給によって変わるので、

利益が取れるかどうかわからないうちは

値段調節を小まめにしながら売っていくことをお勧めします。

 

値段調整をどうしてもする時間が無い場合は、

プライスターというせどりツールを使うようにしましょう。

 

値段調整をする時間帯について

 

アマゾンショップで買い物をする購入者は、

基本的に、金曜日から日曜日の夕方から夜に増加する傾向なので、

その時間帯は、集中して値段調整をしていくほうがよいでしょう。

 

また、1か月単位で見ると、

民間の給与が支給される月末~月初もよく売れる傾向にあります。

 

また、ホビー商品などは、どうしてか深夜帯に売れることがあるので、

寝る前に値段調整しておくのもベターです。

 

年末商戦やボーナス月は、24時間ぼこぼこ売れるので、

朝、昼食前、夕方前に値段調整するのが理想です。

 

こまめな配慮が利益へと繋がるので覚えておいてください。

 

バーゲンセールをしてみる

 

アマゾンショップを運営していると、

どうしても売れない商品と遭遇する時があります。

 

売れないと、在庫保管料がかかってしまう…

このような瀬戸際に立たされた場合、

バーゲンセールを行うことも重要です。

 

特に大型商品は、スペースを取るので、在庫保管料も毎月大幅にかかるわけで、

こまめに値段調整しても売れなければ、

 

一気にがくっとさげてバーゲンを行ってください。

 

 

これは、もちろん、在庫ルールに従うことが前提ですが、

デットラインはアマゾンの規約上、6か月です。

 

6か月経過する頃に売れなければ、

問答無用にバーゲンセールを実施するのは必須ですね。

 

参考にしたい過去記事(せどりのお悩み解決編)

アマゾンの転売やせどりで売れない、儲からない時の対処法

 

 

まとめ

 

不良在庫をなくすには、知識と経験とともに養われていきます。

 

そのため、取返しのつかない行き過ぎた行動を控えれば、

いくらでも取り戻せますし、

 

利益をあげるのは当然ですが、在庫管理をして、

リスクを最小限に抑えていくこともアマゾン転売なわけです。

 

せどりで稼げる人ほど、そのような繊細な部分に気を付けているので、

今回の内容は、是非とも、参考にしてもらいたいです。

 

 

 

 

 

無料面談のお知らせ

◆限定開催!無料面談実施!

【Amazon転売に参入したい個人・法人向け無料相談会】

圧倒的な売上を作り、安定して利益を出す転売ビジネスを育てたい人の
疑問や悩みに川添たくみがお答えします。
個人事業で月20~30万円、法人事業で年商1000~2000万円を達成するための仕入れ術、
ノウハウ、メンタル等、答えられる範囲で質問に回答することが可能です。
必ず質問事項ご持参の上、ご参加いただければと思います。

※適性を判断させて頂く為に、面接前に事前アンケートも実施させていただきますので、ご了承くださいませ。


●名古屋開催 1名限定募集 ※次回開催日は未定。

【日時・締切日】
2016年12月10日(土)13時~14時半(12月8日に募集締め切り)
2016年12月24日(土)13時~14時半(12月22日に募集締め切り)

※コンサル生は定員になり次第、一切募集を行いません

【面接場所】愛知県名古屋 マリオットアソシア15階「シーナリー」
【参加料金】お茶代のみご負担下さい
【参加条件】既にメルマガに登録していること

詳細・お申込みはコチラ


●大阪セミナー:2017年1月開催予定 20名限定募集 ※月1回開催予定。



最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございます。

この記事を読んで楽しめた or お役に立てましたら
ポチッとクリックをお願いします。

せどり ブログランキングへ


ブログでは言えない情報をメルマガでは公開中!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ