飛騨古川の料亭旅館「八ツ三館」のスイートで「君の名は。」のことを思い出していたら、風邪をひきました(笑)

更新日: 2017-02-13

 

こんにちは!Amazon中古転売専門家の川添たくみです。

 

12月は、かな~り寒い中、岐阜県に世界遺産の白川郷へ行ってきたついでに、

八ツ三館という歴史ある料亭旅館に宿泊をしてきたので、

レポートしたいと思います!

 

12月の仕入れは、僅か5日程度で終わってしまい、

空いた時間に思い出をがっつり作ってきました

 

岐阜の「八ツ三館」は、国指定の有形文化財です

入口入ってこの趣(おもむき)です(笑)

海外の洋風ホテルばかり経験したきので、かなり興奮してしまったのですが、

八ツ三館の舞台は、現在の富山市で、江戸の安政時代から始まり、

その歴史は、なんと160年も続いているんですんね~。

 

木造建築のため、当然老朽化していたわけで、

古かった本館「招月楼」に水回りの設備を整えて以降、

平成16年に、「国登録有形文化財」に指定されたそうなのですが、

新旧漂う「招月楼」は時代の融合を感じることができるはずです。

 

ところで、文化財に宿泊できる経験なんてあんまりないですよね?

川添は、非常に興奮してしまいました~♪

 

ここ八ツ三館は、「君の名は。」の舞台にでもなった

写真提供:グノシー

 

新海誠監督の映画最新作アニメ「君の名は」 を知らない人はいないでしょう。

この映画の舞台となった糸守町は、架空の街なのですが、

主に、飛騨地方をイメージし、制作がされているんですね。

 

よく観ていないと気づかないかもですが、

主人公の瀧(たき)が三葉(みつは)の住む町に向かう途中、「飛騨古川駅」が登場したのと、

飛騨牛キャラクターの 「ひだくろ」も登場しています。

 

また、休憩所として使われた旅館のモデルとなったのもここ「八ツ三館」だったんですね。

 

そんなこともあって、八ツ三館では、『君の名は』の半券を持参された方限定で、

3つのプレゼントを用意して集客効果を高めていました(笑)

 

今や、「君の名は」の聖地巡礼という言葉が生まれている程なので、

飛騨の八ツ三館に行かれる際は、セットで観光してみてはいかがでしょうか?

 

野麦峠にも行ってみるとよいかも

 

高根村の東端、岐阜・長野県境にある標高1672mの峠を野麦峠といい、

江戸時代では、飛騨から江戸への要の道であり、信州街道の難所と言われていました。

 

どうして難所とされたのかと言うと、

明治・大正時代に、信州の製糸工場へ糸ひきをするために、飛騨の工場で働く女性は、

吹雪の峠越えが繰り返す必要があったからです。

 

このことは「女工哀史」、「ああ野麦峠」などの小説や映画でよく知られていて、

今は、峠付近には、当時、働く女性たちが体を休めたという「お助け小屋」が復元されています。

 

今では観光地となっていて、食事や土産品の購入が可能です。

先程、「君の名は。」で舞台となったと言いましたが、この頃から糸が関係していたようです。

 

遊歩道として整備されたこの道は、むかしを懐かしんで歩く人が多いようで、

他に、スキー場としても有名な場所です。

 

温泉はどんな感じ?

平成19年に、昭和29年に建造された総ヒノキ造りの客室をはじめ3部屋を、

露天ぶろ付き客室にリニューアルしたとのこと。

大きく分けて「せせらぎの湯」と「貸し切り風呂」に分かれます。

貸し切り風呂は、夫婦やカップルが一層円満になることで人気のようで、

60分2100円から貸し切り可能。

 

温泉は、やや撮影しにくかったので、詳しくは公式サイトをご覧ください。

温泉|飛騨古川八ツ三館

 

いよいよ、76平米の「光月楼 池月」にチェックイン!きゃお!

今回私が宿泊した部屋は、

昭和初期の数奇屋を漂わせる76㎡のモダンな露天付和洋室で、

簡単に言いますと昭和レトロなお部屋という感じでしょうか(*^_^*)

 

今ではほとんど見られない囲炉裏や煙突が伸びる牧の暖炉など、

とても落ち着くことができます。

お部屋の種類は、これ以外にも沢山あるので、

気になる場合は、チェックしてみてくださいね。

 

部屋|飛騨古川八ツ三館

 

八ツ三館の料理は、古きよき日本の味!

料理長曰く、季節ごとに、

飛騨の山の幸と日本海の幸をふんだんに使った鮮やかな京風和膳が特徴なんだそうです。

 

例えば、鮎の塩焼き、飛騨牛の粕漬け、そのステーキ、

川ふぐのお造りに蜂の子など、東京ではあまり見かけないものを食べることができ、

とってもエネルギーを感じました。自然の恵みに感謝です♪

 

どれもとても美味しくいただきました(*^_^*)

 

詳しい料理や他のコースメニューについては、公式サイトにある

八ツ三館の料理のぺージで確認しておくとよいです♪

 

風邪を引いてしまいました…

 

栄養たっぷりの自然の恵みを体内に取り込みましたが、

私は、三重に帰り、風邪をひいてしまいました(笑)

 

飛騨は、名古屋から僅か3時間の場所にも関わらず、物凄く寒いので、

もし行かれるのであれば、涼しくて鮎の美味しい7~8月もお勧めかもしれません。

 

ついつい、白川郷と雪景色をセットで見たくなってしまうのですが、

想像以上に寒くなることを想定して、確り防寒をして観光してくださいね^ ^

 

飛騨古川「八ツ三館」の情報 まとめ

名前 飛騨古川 八ツ三館(やつさんかん)
住所 〒509-4241岐阜県飛騨市古川町向町1-8-27
電話 0577-73-2121
予約 要予約
交通 http://www.823kan.com/access/

地図・場所

八ツ三館は、国が指定する有形文化財の一つであり、唯一無二の料亭旅館だと思いました。

是非、あなたも機会があれば、

世界遺産の白川郷と「君の名は。」と有形文化財をセットにして、訪れてみてくださいね。

 

【期間限定】無料面談のお知らせ

◆1名様限定開催

【Amazon転売に参入したい個人・法人向け無料相談会】

圧倒的な売上を作り、安定して利益を出す転売ビジネスを育てたい人の
疑問や悩みに川添たくみがお答えします。
個人事業で月20~30万円、法人事業で年商1000~2000万円を達成するための仕入れ術、
ノウハウ、メンタル等、答えられる範囲で質問に回答することが可能です。
必ず質問事項ご持参の上、ご参加いただければと思います。

※適性を判断させて頂く為に、面接前に事前アンケートも実施させていただきますので、ご了承くださいませ。
●名古屋開催 1名限定募集 ※次回開催日は未定。

【日時・締切日】
2017年3月12日(日)13時~14時半(3月8日に募集締め切り)
2017年3月26日(日)13時~14時半(3月22日に募集締め切り)

※コンサル生は定員になり次第、一切募集を行いません

【面接場所】愛知県名古屋 マリオットアソシア15階「シーナリー」
【参加料金】お茶代のみご負担下さい
【参加条件】既にメルマガに登録していること

詳細・お申込みはコチラ



最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございます。

この記事を読んで楽しめた or お役に立てましたら
ポチッとクリックをお願いします。

せどり ブログランキングへ


ブログでは言えない情報をメルマガでは公開中!


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ