ゼロから始められる国内転売こそ、継続して稼げるたった1つの理由

更新日: 2017-03-11

どうも!国内転売を強くすゝめている、

アマゾン転売成功100の極意著者、川添たくみです。

 

私はこれまでに、ebayやAmazon輸出をはじめ、

海外の転売に手を出してきて、沢山の失敗をしてきました。

 

そのことが影響して、国内転売の方では、

安定して稼ぐことができるようになったのですが、

 

ゼロから転売をスタートさせるのであれば、

絶対に国内転売から始めて欲しい!

という気持ちが強いです。

 

海外転売をするな!と言っているわけでなく、

これは、実体験から、本心で言っています。

 

そこで、今回は、初心者に、

国内転売がおすすめできるたった1つのワケを

チカラいっぱい語らせていただきます。

私の思いが伝われば幸いです<m(__)m>

 

そもそも国内転売とは?

国内転売と聞くと、

amazon転売しかイメージしていない人もいると思いますが、

ヤフオクで転売することも含めてよいでしょう!

 

かといって、amazonやヤフオクが、

国内転売というわけでもなく、

「国内で仕入れて国内で販売すること」

これを国内転売と定義したいと思います。

 

例えば、中国輸入転売であれば、

中国から商品を仕入れるから、

中国輸入転売と言うわけだし、

輸出であれば、

米国輸出と言うとわかりやすかな~と思っています。

 

確認ですが、国内で仕入れて、価格差も取れること。

その後、国内の何かしらのプラットホームで、

転売して稼ぐことを国内転売と言いたい

ので、覚えておきましょう。

 

国内転売はゼロから始めやすい?

私は、かつてebayやAmazon輸出に、

従事している時期があったのですが、

実際に、国内転売の方が、断トツ始めやすいですし、

あっさりと結果を出すことが可能です。

 

これは、どうしてかと言うと、

国内転売以外は、海外を跨ぐので、

仕入れる時間と配送時間が影響して、

その分タイムラグが生まれてしまうからです。

 

例えば、輸入であれば、商品を発注して、

事務所に届くまでに、約2週間から3週間かかるし、

輸出の場合は、配送先次第では、

1~2週間以上かかってしまいます。

税関などでひっかかった場合は、さらにタイムラグが生まれます。

 

この結果、回転率が遅くなり、

仕入れ商品を転売するまでに時間がかかるというわけです。

 

一方で、国内転売は、店舗仕入れであれば、

その日のうちに、納品できるし、

日本は、ヤマト運輸を初め、

配送インラフが非常に優れているので、

いち早く、転売商品をお客様に届けることが可能です。

 

特に資金が少ない初心者は、

タイムラグがあればあるほど、

資金繰りができずに、困り果てるに違いないし、

下手したら事業停止に追い込まれるでしょう。

 

このように、海外を跨ぐか跨がないかで、

こうも違うので、覚えておいてください。

 

そして、ゼロから始める場合は、

ヤフオクをはじめ、

国内転売からスタートするようにしましょう!

 

利益率はどれくらいか?

利益率の話は、とても気になるところだと思います。

まず、利益率の算出方法ですが、

以下の公式を覚えておいてください。

 

粗利率=(売上-手数料・関税・配送料÷100

 

と言うように、商品にかかってくる、

手数料・関税・配送料を引くことを忘れないでください。

 

手数料は、販売手数料やFBA納品手数料、

関税は、輸入者にかかってくる税金、

配送料は、海外を跨ぐと重量によって変わってきます。

 

ここで、断トツ手数料が安くて面倒臭くないのは、

関税も無い、国際配送料もかからない、国内転売です。

 

そのため、モノにもよりますが、

安定して、利益も出やすいわけです。

 

ただ、輸入や輸出も利益率が異常に高い場合もありますので、

その場合は、関税や国際配送料を、

差し引いても利益が出る場合は、

利益重視で海外の転売を選択してもよいとは思いますが、

 

為替に影響が出たり、

関税の税率がころっと変わったりして、

色々面倒な分、

初心者が安定して利益を出すのは、難しいと考えて下さい。

 

基本は、国内転売です!

 

実際に、海外もやってみた感想ですが、

利益率が同じになってしまう時期が少しでもあるなら、

国内転売に集中することをおススメします!

 

国内転売の仕入れ先

提供:http://www.hardoff.co.jp/shop/kanto/tokyo/hardoff/101062/

次に国内転売の仕入れ先について、

お伝えしますが、過去記事で結構書いています。

 

その中でもとりわけおススメなのは、

ハードオフなどのリサイクルショップで

仕入れを行うことです。

他にもブックオフ、オフハウスでもOK。

 

次におススメするのは、

ドンキホーテをはじめとした、

ディスカウントショップです。

時々恐ろしく安いので、おススメですね!(驚安セール)

 

また、ネットで仕入れをする場合は、

ヤフオク仕入れが、本当におススメですね!

 

他にもあるのですが、

上記3つは、1年を通して安定して仕入れができます!

ゼロから転売を始める場合に、とくにおススメです♪

 

国内で転売するためのリサーチ方法は?

国内で転売できる商品を

リサーチする方法は、以下の3つです。

 

今回は、初心者向けに、

メジャーなやり方のみ紹介したいと思います!

 

オークファン

私はヤフオクでリサーチする時、

オークファンを使用する機会が多いです。

 

最近ヤフオクも落札相場を見れる機能をつけましたが、

やはりオークファンの方が使いやすいと思います。

 

ここでは具体的な方法を書いていこうと思います。

まずは流れから。

 

  1. 大きいカテゴリーから適当に調べる
  2. キーワードでの絞り込み、価格の絞りこみをかける
  3. 絞り込んだ結果に対し好みのフィルタリングをかける
  4. 検索結果から、Amazonとの価格差を見て行く。

 

それでは、順を追って説明してゆきます。

 

1、大きいカテゴリーから適当に調べる

 

カテゴリーは何でも良いので、

画像のように適当に調べたいカテゴリーを調べます。

 

この際、自分の好きそうなジャンルだと理解しやすいと思い、

私は家電仕入れに強く、

今回は一例として、家電・AV・カメラを調べていきます。

 

キーワードには特に何もいれなくて良いので、

まずはリサーチする大カテゴリーを決めましょう!

 

2、キーワードでの絞り込み、価格の絞りこみをかける

さて、このようなページに移動しました。

大カテゴリーだと、

リサーチする数があまりにも多いので、

ここから絞り込んで検索結果を絞り込んでいきます。

 

キーワードは、何でも良いですが、

Amazonで売れる商品が良いと思います。

 

車とか宝石は全然売れないので、

そのあたりはAmazonから調べてみましょう。

 

今回は、ブルーレイをキーワードに、

価格を3万~で絞り込んでみます。

 

3、絞り込んだ結果に対し好みのフィルタリングをかける

上図を見ると、件数がかなり絞り込めたのがわかります。

ここから根性がある人は693件調べて頂いても大丈夫ですが、

更に絞り込みたいと思います。

(693件全て見るのが手間なのと、効率的に進めたい為)

 

何を除外して良いかわからない場合は、

まず、自分がどの状態が得意かを考えましょう。

また、その時その状態が市場とマッチしているか?

を知る必要があります。

 

今回の場合、新品のブルーレイ商品は、

結構落札しにくいか・・

落札できても利益が殆ど出ない為、

あえて新品を除外ワードにしようと思います。

 

4、検索結果から、Amazonとの価格差を見て行く。

693件あったものが428件まで、

フィルタリングできました。

 

ここからリサーチを進めていくのですが、

この時、赤枠の「入札」という所を、

クリックしておくと良いです。

 

入札者が多い順番になりますので、

要のある商品が検索上位にあがりやすくなります。

では、この状態で、

フィルタリングをかけた商品をひとまず見て行きましょう。

 

入札順に並んでいるのがわかります。

あとは上から下まで、

みていくだけですので、ひとまず見て行きます。

まずは、上図の「BD-NT2000」から見て行きます。

 

落札価格47000円に対して、

新品価格が59257円でした。

 

ご丁寧に、キーワードに未開封、

未使用品と書いてあったので、これは新品で売れますね。

 

差額で12000円ありますので、

手数料を引いてもおおよそ8000円くらいは利益になります。

しかも回転率も以下の通り。

 

最初から需要のある商品に、

フィルタリングをかけてあるので、回転はばっちりです。

このように、オークファンの落札履歴を使う事で

簡単に利益が出る商品がわかりますので

ブログを参考にどんどんリサーチしてください^^

 

モノレート

モノレートの基本的な見方は、

過去記事に書きましたので、

せどり初心者の方は、必見ですし、

グラフの読み取り方は、超大事です。

 

拡張機能を使う

拡張ツールは、中堅せどらーが使うべきでしょう。

私も日々、物差しのように使っています。

お手数ですが、過去記事をご参照ください。

 

Amazonの販売ページから

ここでは、通常の買い物ページから

検索する方法を解説していきます!

 

Amazonの販売ページから

リサーチする時は少しテクニックが必要です。

 

というのも、Amazon自体は、

基本的にプレミア価格で出品しないので、

まずはAmazonが出品していない、

または出品できない商品に絞り込む必要があります。

 

ここでは魔法のキーワードを使いまして、

キーワード欄に「-amazon」といれるだけで

Amazon本体が販売していない商品に絞り込むことができます。

 

今回だと本カテゴリーを見てたら、

面白い商品を見つけました。

 

 

相撲の3月号ですw

定価1000円くらいの商品ですが、

現状、1400+送料で販売している方が沢山います。

 

徐々にプレミア価格になる流れですので、

今は様子見って感じですね。

このように、すぐにプレミア商品を見つける事ができるので、

魔法のキーワードを使って、リサーチしてみましょう!

 

メルカリの売り切れ

 

先程の方法を応用して、

メルカリ上からリサーチする事も可能です。

 

メルカリのリサーチも同じで、

オークファンで解説した流れが使え、

適当に大カテゴリーを決めていきましょう。

 

今回はサブカテゴリーも決めて、

最初から絞り込みんでみます。

現状、販売中のページと、

販売済みのページが混在していますので

販売済みのページにフィルタリングしていきましょう。

 

ページ下部に、販売状況の表示がありますので

「売り切れ」にチェックしましょう。

 

売り切れにチェックしたら、

このような結果になりました。

「SOLD」という文字が目立ちますね!

この中から何をリサーチしたら良いのですか?

という事ですが、基本的に全部見てみましょう。

 

全部見て、どの商品が今でも利益が出て、

需要があるのか?を知ところから、

国内転売初心者は、始めるべきです。

 

恐らく、このブログを読む方は、

どちらかというと初心者の方が多いので、

初心者の方こそ、まずは儲かる商品を知っていく、

そんな所からスタートしていくのがおススメですね!

 

国内転売で儲かる商品と仕入れ先について

 

リサーチの解説で、

アマゾンで売れる商品、転売で儲かる商品

「まず、知ること」が大事とお伝えしました。

 

過去記事でもいくつかご紹介していますが、

最も読まれていて、

アクセスが多いのは以下の記事なので、

必ず勉強していってくださいね。

私の主力製品や、儲かる商品に対する考え方が書かれてあります!

 

他にも、ヘルス&ビューティの、

ヘルビせどりも高回転で、

現在の売上に貢献していますね。

 

 

注意点

日本人は、クレーマーが多い?

国内転売と海外転売などを比較して

販売活動を行っていると、

海外の人より、日本人の方が、

クレーマーが多い印象です。

 

だからこそ、日本のサービスが、

上質と言われる由縁であって、

プラスな意味で捉えるとサービス向上に繋がるのでよいですが、

実際に、日本人の目は厳しいので、注意しておいてください。

 

コンディションの悪い商品を、

たくさん出品している場合、

気づくと、一気に評価を下げられているケースもありますので、

くれぐれもをお気をつけ下さい。

 

納品や検品は丁寧に行おう

 

だからこそ、納品や検品は丁寧に行いましょう。

例えば、FBA倉庫まで商品が到着する時に、

商品の箱の凹みや中身の破損が無いように、

緩和材を十分に使ったり、

ズれ動かないようにするべきですし、

検品の際も、動作確認をしたり、

不具合が無いか入念にチェックしておいた方がよいです。

 

保証書も期限付き印が無いこともチェックしたり、

隅ずみまで検品をお願いします!

 

売上過多、薄利多売にならないように

 

国内転売は、高回転なのがメリットですが、

その分、焦ってディスカウントして販売をしてしまったりして、

薄利多売にならないようにしましょう。

 

また、利益率も最低17%を超えてこないと、

運用が厳しくなるので、非常に注意です。

利益が出ているようで出ていない錯覚が起きるでしょう。

 

黒字倒産や売上貧乏が、現実化しないように、

独学もできるだけ避けるべきです。

 

まとめ

 

あなたが、ゼロから国内転売を始めるために、

リサーチの部分まで、

解説をさせていただきました。

 

内容は、転売の基本についてですが、

今回の内容から派生して、

中級、応用編の記事を読んでみて貰えればと思います。

 

最後のまとめで言いたいことは、

海外転売経験者から言わせると、

ゼロから始める場合は、必ず国内転売から始めること

強くおススメしています。

 

このことは、海外転売と国内転売を

両方やるとわかるのですが、

是非、経験者の意見を重視して貰えると助かります。

 

 

【期間限定】無料面談のお知らせ

◆1名様限定開催

【Amazon転売に参入したい個人・法人向け無料相談会】

圧倒的な売上を作り、安定して利益を出す転売ビジネスを育てたい人の
疑問や悩みに川添たくみがお答えします。
個人事業で月20~30万円、法人事業で年商1000~2000万円を達成するための仕入れ術、
ノウハウ、メンタル等、答えられる範囲で質問に回答することが可能です。
必ず質問事項ご持参の上、ご参加いただければと思います。

※適性を判断させて頂く為に、面接前に事前アンケートも実施させていただきますので、ご了承くださいませ。
●名古屋開催 1名限定募集 ※次回開催日は未定。

【日時・締切日】
2017年6月11日(日)13時~14時半(6月6日に募集締め切り)
2017年6月25日(日)13時~14時半(6月20日に募集締め切り)

※コンサル生は定員になり次第、一切募集を行いません

【面接場所】愛知県名古屋 マリオットアソシア15階「シーナリー」
【参加料金】お茶代のみご負担下さい
【参加条件】既にメルマガに登録していること

詳細・お申込みはコチラ



最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございます。

この記事を読んで楽しめた or お役に立てましたら
ポチッとクリックをお願いします。

せどり ブログランキングへ


「期間限定」の個別コンサルティングについて



ブログでは言えない情報をメルマガで公開中!


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ