せどりの資金はどう工面するべきか?資金が少ない人がやるべき5つのこと

更新日: 2017-04-06

どうも!

Amazon転売成功100の極意」の著者、

川添たくみです!

 

この記事を読んでいるあなたは、

ひょっとして・・・

恐らく資金繰りに困っていたり、

せどりをする時に、

軍資金ってどれくらい必要なんだろう~?

と思っているかもしれません。

 

今回は、せどり(転売)をする時に、

必要な資金やその資金の作り方などについて、

お伝えしていきます!

宜しければ、最後まで丁寧にお読みください^ ^

 

Contents

「資金」の基本的な考え方・概念

まず、個人の場合、資金については、

資金=貯金になりますが、

あればあるほどもちろんよいです。

 

ただ、会社設立する場合は、

資金=資本という概念になり、

資本金があればあるほど、

その分、税金がかかるようになります。

 

その目安は、おおよそ1000万円なので

せどり(転売)の場合は、

そこまで必要なかったりします。

 

そして、その資金の大元を辿ると、

消費者金融からの借入金だったり、融資

投資だったりするので、資金といっても

貯金だけではないんだよ~というのを

ここでは、覚えてもらえればと思います!

 

資金と言っても

出どころ次第と言ったところでしょう♪

 

せどり(転売)の資金があると生じる大きなメリット

キャッシュフロー(資金繰り)に困らない

 

ヤフオク販売の経験がある人はわかりますが、

キャッシュが、お客様の都合もあって、

1週間以内には、着金が確認できる一方・・・

 

Amazonの場合、

約18~20日毎の着金になります。

結構遅いんですね。

 

そのため、どんなに回転率が速くても、

1か月分の売上が、一部、翌月に繰り越され、

すると、クレジットで仕入れをする場合は、

支払いが間に合わなかったり、

融資の返済が精神的に苦しかったり

することがあります。

 

まして、資金がなければ、

次月分の仕入れも億劫になったりして、

売上規模も縮小する人を沢山見てきました。

 

そんなときに、資金があるだけで、

キャッシュフロー(資金の流れ)

止めずに、事業展開をすることができます。

 

売上が上がりやすくなる

 

アマゾンの転売(せどり)をする時に、

資金が多めにあった方が、

売上が大きくあがる傾向にあります。

 

これは、どうしてかというと、

Amazonには、FBAという代行サービスがあり、

収納や納品を代行してくれるのですが、

この上質なサービスがあるおかげで、

販売者が、大量に仕入れても

さほど大きな負担を感じずに、

販売活動ができるわけです。

 

あなたに資金があり、

通常、制限してしまう量の

仕入れをしても、問題ないため、

売上があがりやすいように考えています。

 

新しい情報を得たり研修に自己投資できる

 

豊富にせどり(転売)資金がある場合、

必ずしも、仕入れ資金に、

使えばいいというものではなありません。

 

あなた自身のスキルを上げるために、

セミナーやコンサルを受けるための費用に

自己投資をすることも可能です。

 

ここで、ついつい事務所を構えたり、

設備投資にお金を使う人がいますが、

できるだけ、自分自身のスキルと

得られる情報はもちろん、

アルバイトや外注に資金を雇い、

あなたの時間を生ませることをするべです。

 

そして、その空いた時間で、

さらにレバレッジを効かせて、

効率よく稼ぐようにします!

 

精神的に安心する、焦らなくなる

 

お金はココロの余裕と言ったりしますが、

やはり軍資金に沢山あると、

心に余裕が生まれ、

冷静な判断や決断ができるように思います。

 

私も昔あまり貯金がない状態で

せどり(転売)を始めたのですが、

当時は、やはり資金繰りをしようと必死でしたし、

焦りがあったように思います。

 

スポーツをする時もそうですが、

スキルだけでなく、メンタルも鍛えないと、

試合で最大のパフォーマンスは

得られないでしょう。

 

それと同じだと思います。

資金が少ないと、ついつい回転を意識する余り、

早売りしてしまって

結果的に、利益が殆どでない・・・

最悪、微妙に赤字なんてこともあるはずです。

 

できるだけ、転売資金は、

あった方がかなりよいですよ!

 

せどり(転売)の資金が少ないと発生する大きなデメリット

融資含め、お金を借りてしまう

当然、資金が少なければ、

まず思い浮かぶのは・・・

「借り入れ」だと思います。

 

よくニュースでもやっていると思いますが、

大企業も融資を受けながら

成長して上場したりしていると思います。

 

ただ、できれば、お金は借りない方がよい..

これは多くの人がそう思っているでしょう。

 

一部の助成金であれば、返済しなくて

よいものもありますが、

基本的に借り入れをすると

個人であれば、必ず利息払いがつきまとい、

これを払わないと社会的信用を失墜したり、

追加徴収があるので注意です。

 

事業停止に追い込まれる

 

私が、コンサルをしている経験で、

モノを言わせてもらいますと・・・

 

せどりを辞めた!と言って去る人は、

大体もとから資金がなく、

資金の借り入れができない傾向にあります。

 

つまり、結局は資金がない

デメリットをモロにくらっている格好です。

 

最悪、自己破産する

 

せどりで、自己破産をしたことは

あまり聞いたことがないですが、

恐らく大量に仕入れをし過ぎたりして、

支払ができなくなるパターンが、

一番多いと思います。

 

また、経営の悪化は、社長の怠慢が

原因だったりもあるので、

儲かっていると錯覚してしまうと、

結構危ないです。

 

浪費癖がある人は、

気を付けていきたいところです。

普通にやっていれば、問題ないとは思います。

 

リアルな話、最低せどり(転売)で資金はいくら必要か?

それでは、本題に入りますが、

リアルな話、せどり(転売)を始める時に、

資金はいくら必要なのでしょうか?

 

実際に、売上規模にもよりますが、

経験的に・・・

売上100万円に対して、

最低でも40~50万円はご用意をお願いします。

これぞ妥当な最低の数字です。

 

先程メリットとデメリットの所で、

お伝えしましたが、Amazonのせどりをする場合、

約18~20日毎の着金ルールなので、

資金がないと支払いが

間に合わないなんてこともあります。

 

そんなときに、最低限の資金を持っていないと、

資金ショートしてしまうので、

ご注意ください。

 

余談ではありますが、中国せどりの場合、

仕入れに時間を要するため、

さらに資金がないと、厳しいです。

 

一度、ある年商2億円の中国セラーに、

年商1億円稼ぐには、資金いくら必要か?

と聞いたところ・・・

400~500万円と回答していたので、

やはり、稼ぐ額の半分は、

資金として確保しておきたいところ!

 

せどりの資金を作る5つの方法(作り方)

身内から借りる

 

身内から借りるなんてできない!

という人もいるでしょうが、

実際に世の中には、協力的な家庭もあるもので、

身内から資金提供を受けられる場合ありです。

 

身内からお金を借りることができれば、

利息ゼロだけでなく、

信用も傷つかずに済むなので、

あなたが最もやるべき最善の選択だと、

私は思います。

 

お金持ちに実質的支配者(オーナー)になってもらうよう営業をする

 

世の中には、お金に溢れて、

使い道に迷っている、

俗にいう・・・

「金持ち」がいます。

 

日本政府もふるさと納税だけで、

数百億円回収できていますし、

日本人は、貯金が腐るほどあって、

投資ではなく納税する偉い人だらけなんですね。

 

そこで、お金持ちが集まるサークルに入って、

紹介等を貰い、信用を得て、

物販の事業計画を提案してみるのです。

 

そして、その時に、法的に、

実質的支配者になってもらい、

投資家にも配当がいくように

提案をしていきます。

 

Amazonショップの場合だと、

資金500万円もあれば十分なので、

営業とプレゼンが得意な人であれば、

あっさり投資してもらえると思います。

 

創業融資を受ける(日本政策金融公庫)

 

人から投資をしてもらったり、

借りるのはちょっと・・・

と言う人は、国から融資を受けることも

選択肢の一つです。

ただ、一応、これも借りているので、

お忘れなく(笑)

 

私の経験上、サラリーマンでも

事業を開始したくて、公庫に相談しにいけば、

融資が100万円程度降りる話

よく聞きます。

もちろん、そのためには、

事業計画書などの提出は、必須なので、

税理士さんに協力を貰うと、

審査もスムーズに進みます。

 

あれは、自分独りで対応できる書類では

なかったですね(;’∀’)

 

事業実績がないと、銀行からは中々融資は受けにくい

 

素人の方が、いきなり銀行融資を受けに

颯爽と銀行へ出向く人がいますが、

銀行は中々融資をしてくれないし、

借り入れの審査も比較的厳しい・・・

と覚えておいてください。

 

これは、どうしてかというと、

銀行は、支払能力を見ているからです。

 

あなたが、もし金貸しの立場なら、

支払い能力が低そうな人に、

お金を貸せますか?

 

真っ当な理由がないと、

中々貸さないと思います(笑)

 

ですので、業績の低い会社にも

融資なんてしないでしょうし、

毎月赤字の会社に支払い能力があるとは

信じてくれないでしょう(笑)

 

不動産がある人は、それを担保にできるので、

こちらは、審査に通過する確率があがります。

 

確定申告書や事業計画書、

法人の場合は、決算書が、確りしていれば、

銀行はあなたの見方になってくれるので、

諦めずに審査を定期的に受けてもよいでしょう♪

 

転売店長になる

 

これは、あなたが、間接的に、

資金を得る方法でもありますが、

つまり社長がいて、雇われ店長がいる

構図になります。

これに関しては、過去に記事に書いたので、

宜しければ以下をご覧ください。

 

ちょっとオーナー目線の話ですが・・

 

資金を作れた時の「使い道」。何に投資をするべきか?

もし、仮にあなたが、

豊富な資金を得られた場合、

あなたは何に投資をするべきか、

確り頭に入っていますか?

 

恐らく、これは、お金を借りる相手側に

必ず聞かれることですし、

例え、自分のお金であっても、

適当に考えてはいけないはずです。

 

避けられないモノだけを

以下に記しましたので、

覚えておくとよいと思います。

 

仕入れ代として

 

Amazonショップの販売をするのであれば、

仕入れ代は避けられないと思います。

 

例えば、毎月売上200万円上げる場合、

最低でも、月180~220万円を

仕入れ代として使うイメージでしょう。

必ず覚えておくようにお願いします♪

 

事務所があれば、家賃、光熱費、通信費などの固定費

 

こちらは、固定費になるので、

経費の中で、かなりネックになります。

概算でいくらほどになるのか、

計算しておくようにしましょう。

(固定費は計算しやすいはずです。)

 

私の固定費は、ざっと20万円ほどでしたが、

昔の給料は月12万くらいでしたw

 

外注工賃

 

外注工賃とは、外注費のこと。

 

Amazonショップでいうと、

FBAサービスにかかる費用、

ヤフオクストアで販売をする場合は、

納品と出荷を任せている外注業者にかかる

費用をさします。

 

外注工賃に投資をすることで、

作業効率が断トツあがり、

あなたは、事業全体を俯瞰して、

見ていくことができるでしょう。

 

外注システムや組織構築には、

自己投資をするべきですね!

 

(人件費)←括弧にしています

 

これぞ、安易に決めてはいけないので、

括弧をつけました。

 

最近だと自営業であっても、

人を雇用するだけで、一時的に、

助成金が降りたりするので、

いきなるアルバイトで雇うと返って

損をする場合もあったりします。

 

また、何となく雇ってはいけないし、

人一人雇うことで、どれだけの生産性がでるのか?

慎重に考えなくてはいけないですよ~。

とにかく慎重に慎重に。

 

コンパスに投資をする

 

コンパスってなんやねん(笑)

と突っ込まれそうですが・・・

コンパスとは、羅針盤です。

 

所謂、あなたの行く先を

決めてくれる方位磁石といってもいいでしょう。

 

つまり・・・

  • 会社の顧問
  • 経営コンサルタント
  • 物販専用のコンサルタント
  • 税理士・弁護士

などがそうです。

 

あなたは、このコンパスに

投資をしなくてはいけませんよね。

  • 高級だけど使えないコンパス。
  • 安いけど、役に立つコンパス

色々あると思いますが、

あなたは、評判や実績を参考に

決めれば問題なく、上質な

コンパスを選び抜くことができるはずです。

 

ネットショップで買い物をする時に、

レビューを見ますよね?

あれと同じです。

安易にネットの広告だけで、

決めない方がよいのは間違いありません。

 

一番よいのは、

既に成功している会社や人の

紹介を貰うのが一番おススメです。

 

まとめますが・・・

羅針盤が無ければ、船は、

目的地に進めません。

何もかもわからない人は、

今海にでていると思ってください。

 

海って何にもないし、

どこに進めばいいかわからないですよね?

 

そんなときに必要なのが、

やはりコンパスなのです。

 

まとめ

 

あなたが準備するせどり(転売)の資金

そして、使い道。

これで、会社の行く末が、

8割型決まってしまうと思います。

 

よほどセンスがあれば、

自分独りで事業をしてもよいですが、

それで成功できる人は、

本当に優秀なんだと思います。

 

経験がないのに、今自信がある人は、

危険です。昔の私をみているようですw

 

確りと資金の使い道を

今回お伝えしたように計画を立てて、

効果的に使っていきましょう!

 

 

【年末最後】集中面談期間のお知らせ

◆1名様限定募集

【Amazon転売に参入したい個人・法人向け無料相談会】

圧倒的な売上を作り、安定して利益を出す転売ビジネスを育てたい人の
疑問や悩みに川添たくみがお答えします。
個人事業で月20~30万円、法人事業で年商1000~2000万円を達成するための仕入れ術、
ノウハウ、メンタル等、答えられる範囲で質問に回答することが可能です。
必ず質問事項ご持参の上、ご参加いただければと思います。

※適性を判断させて頂く為に、面接前に事前アンケートも実施させていただきますので、ご了承くださいませ。
●名古屋・大阪開催 1名限定募集 ※次回開催日は未定。

【日時・締切日】
2017年10月21日(土)13時~14時半(10月19日に募集締め切り)
2017年10月28日(土)13時~14時半(10月19日に募集締め切り)

※コンサル生は定員になり次第、一切募集を行いません

【面接場所】名古屋 マリオットアソシア15階「シーナリー」とリッツカールトン大阪
【参加料金】お茶代のみご負担下さい
【参加条件】既にメルマガに登録していること

詳細・お申込みはコチラ



メルマガと一緒にLINEも登録して無料特典をゲットしてください!

年末最後の集中面談期間に入りました!お申込みはコチラ!



ブログでは言えない情報をメルマガだけで公開中!



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ