Amazonアカウントの閉鎖から僅か7日で復活した3つのポイントとは?

どうも!”Amazon転売成功100の極意“著者の

川添たくみです!

 

2017年7月某日・・・

いつもどうり、我々のグループLINEは活性化していました。

 

 

例の通知が来るまで、このようなやりとりが

どれだけ平和で幸福だったかを、

私は再確認させられることになります。

 

そして、遂に悲劇は訪れました。

 

今回の通知はこちらです。

 

 

今回は初めてのケースで、

もう何が何だかという感じで始まりました。

 

この時の私の気持ち

「はぁ~またかよ・・・」

という印象で、軽く考えていました。

 

ということで、今回は、Amazonアカウントの

一時停止でなく、閉鎖から復活した

劇的な方法について書いていきます。

 

確認ですが・・・今回は、他のセラーから

99%無理と言われていた

アカウント閉鎖からの復活劇“です(笑)

 

Amazonアカウントの停止と閉鎖の違いとは?

Amazonアカウントの停止においては、

以前、記事に書いたので、宜しければ、

一緒にご覧ください。

サスペンドの恐怖を一緒に体感しましょう(笑)

 

まずAmazonアカウントの停止とは?

 

Amazonアカウントの停止というのは、

完全停止でなく、「一時停止」の事です。

一時停止とは、改善計画書を出せば、

殆どの確率で再開可能。

 

ただ、海外Amazonと日本Amazonでは

日本Amazonの方が簡単に解除可能ですが、

海外Amazonは一発退場とかもよくありまして

日本はまだ優しい?印象です。

(これは私の体験談ですので、個人差はあると思います)

 

ですので、一時停止の人は諦めずに

改善計画を出してみる事をおススメしておきます。

 

改善計画のテンプレートは下記からどうぞ。

アカウントスペシャリスト
ご担当者様
謝罪内容を記載 ※もし解決されていればその内容も記載してアピール
今後の再発防止策を下記、全○項に記載いたしましたので、ご報告させて頂き
ます。
1.店舗情報
・店舗名
・販売責任者名
・店舗住所
・電話番号
2.今回のアカウント停止の経緯
3.これらの問題に対するこれまでの弊店の対応
4.これらの問題が発生した原因
5.再発防止のための実施内容
6.再発防止策の運用開始日 : 2017年  月  日
7.再発防止策の運用責任者
8.最後に

 

繰り返しお伝えしますが、

Amazonアカウントの停止から復活できた話は、

こちらからご確認をお願いしますね。

 

一方で、Amazonのアカウントの閉鎖とは?

これは読んで字の如く、アカウントの閉鎖を意味します。

どういう文言でくるかと言いますと・・・

 

 

これが閉鎖の時に飛んでくるメールですね。

ちなみに、この時、提出した私の文章は

以下の通りです。

関連アカウントが原因による出品停止
————————————

親愛なるAmazon様

今回の出品停止の件についてですが

「Amazonで出品に利用されていないと思われるアカウントと関連があることがわかりました」と、あります。

私のもとへ、二段階認証でのパスワード要求が度々来ることがありました。

不正アクセスをされている可能性があるかもしれません。

また、5月頃に問題視されていた休眠アカウントとの関連で今回サスペンドになっているようでしたら再開して頂きたいと思います。

それに伴い、不正アクセスを防止する為に
・パスワードを16ケタにふやすこと
・ログイン権限を消すこと
・IPアドレスの変更

を、実施していきます。

どうか、出品再開をお願いしたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

で、その結果Amazonからの

無慈悲な連絡は、

先程の画像のとうりでした(笑)

怖すぎです。。。

 

内心、Amazonの人って日本語通じてるの?

と、かなり思いましたね。

事務的な対応をされる恐怖は、

あなたもAmazon転売をしてれば、なんとなく

わかると思います・・・

 

仕方ないですよね。これが大企業の、

マネジメントなのですから。

 

Amazonの基本返信はテンプレート

ここから長い長い闘いが始まるのですが、

Amazonはあなたのアカウント閉鎖すると、

まず下記のいずれかの状態になります。

 

  1. ・セラーセントラルに入れる状態
  2. ・セラーセントラルに入れない状態

 

で、どちらの方が重症か?と言いますと、

どちらも特に差はありませんが

セラーセントラルに入れない = 売上の保留金がわからない

ですので、ヤバいのは後者だと思います。

 

私の場合は前者の状態でしたので、

Amazonのセラセンを毎日見て、

何がダメなのかを考えていました。

 

なんせ・・・

「出品にしようしていないアカウントとの関連」

でしたので答えがわからなく焦っていたのです。

 

とりあえず、わからないので

下記の文章を送信しました。

amazon.co.jp
アカウントスペシャリスト
ご担当者様
今回、Amazonで出品に利用されていないと思われる別のアカウントと
関連があること発見された件について謝罪させていただきます。
弊社のアカウントはレンタルオフィスにて登録していますが、
公共wifiや複数アカウントの運用はしていません。
ですので、もう一度再確認して頂いて宜しいでしょうか?
今後の再発防止策を下記、全8項に記載いたしましたので、ご報告させて頂きます。
1.店舗情報
  ・店舗名 個人情報なので伏せます
  ・販売責任者名  個人情報なので伏せます
  ・店舗住所  個人情報なので伏せます
  ・電話番  号個人情報なので伏せます
2.今回のアカウント停止の経緯
Amazonで出品に利用されていないと思われる別のアカウントと関連があること発見された為
3.これらの問題に対するこれまでの弊店の対応
2段階認証でのセキュリティ強化
4.これらの問題が発生した原因
レンタルオフィスでの運用の為、他人のアカウントとの紐付きがあった為
5.再発防止のための実施内容
オフィス内に専用のIPと、専用の住所をもうけて、他の方と紐づかないようにさせて頂きます。
6.再発防止策の運用開始日 : 2017年 7月 18日
7.再発防止策の運用責任者 : 川添たくみ
8.最後に  アカウント再開の再審査をお願いいたします。

で、これに対する返信はこちらでした。

Amazonジャパンからの返信が、テンプレ―トなんですよね(笑)

これから数日間、同じ文章を送り、

カスタマーサポートに電話をかけて、闘いの日々が続く・・・

 

アカウント閉鎖は本当に復活不可能なのか?

同じやりとりが繰り返される中、

私もさすがに飽きてきまして、

アプローチを変えてみたのですが・・

 

今度は、下記の内容にしてみました。

amazon.co.jp
アカウントスペシャリスト
ご担当者様
今回、Amazonで出品に利用されていないと思われる別のアカウントと
関連があること発見された件について謝罪させていただきます。
弊社のアカウントはレンタルオフィスにて登録していますが、
公共wifiや複数アカウントの運用はしていません。
ですので、もう一度再確認して頂いて宜しいでしょうか?
尚、今回の内容は弊社の顧問弁護士と相談し、弊社の潔白書類を取り揃えている状態です。
今後の再発防止策を下記、全8項に記載いたしましたので、ご報告させて頂きます。
1.店舗情報
  ・店舗名 個人情報なので伏せます
  ・販売責任者名 個人情報なので伏せます
  ・店舗住所 個人情報なので伏せます
  ・電話番号 個人情報なので伏せます
2.今回のアカウント停止の経緯
Amazonで出品に利用されていないと思われる別のアカウントと関連があること発見された為
3.これらの問題に対するこれまでの弊店の対応
IPでの紐づきがないように、事務所で専用IPを契約します。
4.これらの問題が発生した原因
レンタルオフィスでの運用の為、他人のアカウントとの紐付きがあった為
5.再発防止のための実施内容
オフィス内に専用のIPと、専用の住所をもうけて、他の方と紐づかないようにさせて頂きます。
6.再発防止策の運用開始日 : 2017年 7月 18日
7.再発防止策の運用責任者 : 川添拓たくみ
8.最後に
Amazonで出品に利用されていないと思われる別のアカウントと関連があることについて、
弊社は誰にも使わせてませんし
今回の措置については、しばしば納得できかねます。
もう一度ご確認お願い致します。

 

と、送信しましたら・・・

 

 

ひとまず解除できたようです。

ただ、もろもろ納得がいかない部分もありますが、

閉鎖でも解除できるという、

経験ができて良かったと思っています。

 

Amazonのアカウントがサスペンド(閉鎖)されたら?

まずは諦めない事

今回からの学びですが、サスペンドが

あったからと言って諦めてはいけません。

 

諦めてしまうと、それで全て終わりですし

諦めない方が良い方向性に向く事が多いです。

 

今まで明らかに偽物を売ってしまったケースや

商標や知財でやられたケースでも

復活できているのでやはり諦めずに応対することが大事です!

 

こちらに非があったようにした方が良い

 

Amazonはポリシー違反や

何らかの内容でサスペンドしてきます。

 

この時、ブラックなタイプグレーなタイプがあります。

ブラックは、あきらかにAmazonが

違反内容の証拠を持ってる状態で、

グレーは、ちょっとこいつ怪しいかも?の段階です。

 

どちらにせよ、こちらに非が

あるようにした方が改善が早くて、

なんで謝罪しないといけないの?

 

と思う気持ちもわかりますが、

とりあえず謝罪しましょう。

 

謝罪することが、流れをつくるための

第一のステップです。

一応、疑わしいことをしたのですから。。。

 

文章の変化はチャンス

 

先程の流れを見て頂いたらわかりますが

Amazonの返信はテンプレートが殆どです。

ただ、やりとりを進めていると

テンプレートの返答からいきなり

人間味をおびた返答になることがあります。

 

ここまで来たら、

サスペンド解除は早いと思って下さい。

 

キチンとアカウントスペシャリストが

対応してくれるし、こちらも

しっかり対応すれば、解除は割と早いです。

 

あなたもサスペンドになった際は、

しっかりこのポイントをおさえて、

対応していきましょう!

 

それでは、今回は以上になります。

 

まとめ

 

今回は、Amazonセラーが最も恐れる

Amazonアカウント停止でなく、”閉鎖”の話を

させていただきました。

 

はじめての経験をすると誰しもパニックを

起こすものですが、今回の復活劇を読んで、

冷静に対応をお願いします。

 

こんなことがあるとAmazonのせいにする方も

いますが、私たちは、Amazonに助けられている側

なので、Amazonのルールに確り則り、潔白であれば

時に、法的な対応も視野に入れてみましょう。

 

また、アカウント一時停止の記事も過去に

書いているので、合わせてどうぞ!

 

 

【年末最後】集中面談期間のお知らせ

◆1名様限定募集

【Amazon転売に参入したい個人・法人向け無料相談会】

圧倒的な売上を作り、安定して利益を出す転売ビジネスを育てたい人の
疑問や悩みに川添たくみがお答えします。
個人事業で月20~30万円、法人事業で年商1000~2000万円を達成するための仕入れ術、
ノウハウ、メンタル等、答えられる範囲で質問に回答することが可能です。
必ず質問事項ご持参の上、ご参加いただければと思います。

※適性を判断させて頂く為に、面接前に事前アンケートも実施させていただきますので、ご了承くださいませ。
●名古屋・大阪開催 1名限定募集 ※次回開催日は未定。

【日時・締切日】
2017年12月23日(土)13時~14時半(12月20日に募集締め切り)
2017年12月24日(日)13時~14時半(12月21日に募集締め切り)

※コンサル生は定員になり次第、一切募集を行いません

【面接場所】名古屋 マリオットアソシア15階「シーナリー」とリッツカールトン大阪
【参加料金】お茶代のみご負担下さい
【参加条件】既にメルマガに登録していること

詳細・お申込みはコチラ



メルマガと一緒にLINEも登録して無料特典をゲットしてください!

年末最後の集中面談期間に入りました!お申込みはコチラ!



ブログでは言えない情報をメルマガだけで公開中!



2 Responses to “Amazonアカウントの閉鎖から僅か7日で復活した3つのポイントとは?”

  1. あや より:

    こんにちは。
    全く同じ理由で閉鎖となっております。昨日の朝にまとめて2回目ねメールを送ったのですが、返事がなくてイライラしています(T . T)閉鎖から4日目ですが、復活可能でしょか。また、再開のメールが来るまでどのくらいかかったのか、教えていただければ幸いです。いきなりすみません。

    • 川添 たくみ より:

      あやさん

      それは大変でしたね!
      私も同じ経験をしているので、今の精神状態は非常に理解できます。

      現状、それについての回答ですが復活は可能です。
      ただ、根気よく進めて行かないといけません。
      必ず復活はできるので、頑張っていきましょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ