わたしもかつてはせどり初心者だったわけですが、

ある日チャンスをつかむこと成功しました。

 

恐らく殆どの人はチャレンジに

少なからず抵抗感を持っています。

特に就労期間が長く、

収入が固定で安定している人は、

横並びで無難に行くことの重要性

を無意識でわかってらっしゃるので、

チャンスを嫌う傾向にあります。

しかし、1つの真実としてあるのは、

今の会社にいようがいまいが、

チャレンジが無ければ、リターンがないということです。

「チャンスが分からない…」

「チャンスが欲しい..」

「何か出会いのきっかけさえあればな…」

と思って、日々安定傾向に走り過ぎている

世の傾向があると思います。

もちろん、それも世相なので、

仕方ないのかもしれませんが、

ローリスクでもいいから背負って、

ローリターンから得てみる工夫

することはできるはずです。

チャンスと言うと大きなイベントのように

聞こえてビビッてしまうと思うのですが、

まずは、ローリターンを意識していくことを個人的にお勧めします。

ビジネスチャンスも

Amazon転売参入の機会も

ゴロゴロあふれているので、

いきなり、掴みに行くのではなく、

「自分でもできそうだな」

「ローリスクなものからスタート」

という風に、考えてくことです。

むやみやたらとリスクを取るのは、反対です。

再起不能なリスクはとるべきではないですし、

計画性の無いハイリスクは背負ってはいけません。

しかし、ローリスクで、

失敗してもやり直せる範囲のリスクは何度でも

背負ってもよいではないですか?

チャンスを恐れる時、

「本当のリスクって何?」

ということを私は考えます。

本当のリスクとは、小さな失敗をすることや

ちょっとお金を損することではなく、

あなたが、どんなに小さいリスクでも背負わず、

少しも挑戦しないこと、

さらに小さなリターンを得ようとしないことだと私は思っています。

是非、リスクを感じない程のローリスクから背負って、

小さなチャレンジを沢山していきましょう。

 

※DVDや古本の仕入れは、ローリスクです。

今ならLINEで書籍含む10個の豪華特典をプレゼント


かつて鬱で苦しんだ池田だからこそわかる稼ぎ方を伝授します


【お申し込みはこちら】お気軽に無料でご相談ください