先日、大阪のアマゾンセミナーに行って参りました!

 

DSC00736

DSC00738

DSC00737

DSC00739

DSC00740

 

アマゾンのマスコットキャラクター

ダンボーくんだらけでしたね(笑)

 

色々面白い話が聞けたので

このブログでも公開していこうと思います。

 

さて、私もこうしてセミナーに行ったりして勉強しているのですが

やっぱり勉強の仕方って大事だな―と思います。

 

コンサル生を見ていましても

勉強が上手な人は結果が出るのもの早い

と実感しているので。

 

どうも、せどりでは実践が重視されていますが、

実はそうではないということをお伝えしたかったんですね。

 

というわけで、今日は

最短で成果に繋がる勉強法について

話してみたいと思います。

 

1 、勉強より実践を大事にするのはウソ

 

今はせどりの本や教材、セミナーなど

勉強のための道具は本当にたくさん揃っていますよね。

 

で、その講師の方々がよく

「せどりは実践が大事だ」

と言っているのを耳にするのですが、

私はこれにあえて異を唱えたいと思います。

 

もちろん、せどりは実践は大事です。

やらなきゃ何も始まりませんからね。

 

ですが、何も考えずにただやっていても

絶対に良い成果は出ません。

 

実践が大事だと言うセミナー講師は

あなたの気持ちを煽って言っている時があるんですね。

 

実は両方のバランスが大事でして、

実践だけではダメで、勉強することがとても大切なんです。

 

2、そもそもせどりで勉強は必要なのか?

 

というわけで、もちろんせどりの勉強は必要です。

むしろ、どんどん勉強した方がいいです。

 

ただし、勉強の仕方が大事で、

正しい方法で勉強しないと結果が出ないからです。

 

たとえば、せどりは仕入れが命といえるほど大事なものですが、

これをセミナールームや教室で仕入れの勉強をしても仕方ありません。

 

やはり店舗に出て仕入れながら学ぶことが一番です。

 

では、どうすれば効率良く勉強できるのか?

その方法をお伝えしていきます。

 

3 、アマゾン転売を勉強する上で重要な7つのポイント

 

成果の出る勉強法とは

5W2Hのフレームワークで考えることが重要です。

 

このフレームワークを使うことで

勉強する意義や見通しを理解することができる様になります。

 

ひとつひとつ見ていきましょう。

 

3-1、何故せどりをするのか?目的は?

 

まず、せどりの目的、理由を考えましょう。

これが5Wの“WHY”になります。

 

最も根本的な動機付けになるものと言ってもいいかもしれません。

 

動機がはっきりしていないとモチベーションが保てませんよね。

 

「なんでも途中で挫折してしまう…」

 

とお悩みの方はまずはWHYから

考えてみることをオススメしたいと思います。

 

そう、稼ぐ理由です。

 

どうしてあなたはせどりで稼ぐのか?

ここを明確にする必要があるんです。

 

3-2、せどりの何を学ぶ?

 

これは5Wの“WHAT”になります。

 

せどりと言っても、

仕入れ、梱包、出品、発送まで

学ぶべきことはたくさんあります。

 

最終的には全て理解しないといけないのですが

はじめから全部一気に学ぼうとすると

頭がパンクしてしまって挫折してしまいます。

 

効率よく学ぶためには

まず学ぶ項目に順番を付けましょう。

 

そして、重要なことから先に取り組むことが大切です。

 

当然、仕入れで悩む人が多いので、仕入れは重要項目です。

 

3-3、どこでせどりをする?

 

これは、5Wの“WHERE”になります。

せどりをする場所は無数にあります。

 

このブログでも紹介しているように

ありとあらゆるところでせどりが出来るわけです。

 

しかも、電脳せどりも含めると

候補になる場所は一生かかっても

すべて周りきることはできないでしょう。

 

しかしながら、

お店ごとに特徴があるので、

それぞれのお店に応じてそれぞれのせどり方があります。

 

つまり、店舗リサーチがとても重要ということですね。

 

初めはあなたがよく行くお店や好きな物からでもいいので、

事前にそのお店についてのリサーチをするようにしてください。

 

3-4、いつからせどりを始めるの?そして..

 

これは5Wの“WHEN”です。

もちろん早ければ早いほうがいいのですが、準備も大切です。

 

「タイミングが来たらやってみよう」

くらいの意識ではきっと始めることはできないと思いますので、

いつまでに準備を整えて始めよう

というように期限を設定してみてください。

 

期限が決まればそれまでに

勉強のプランや資金を貯めるプランが明確になってきますよね。

 

そして、いつまでにAmazon転売で成功するのか?

 

これを未来決定して、自分との約束を守ることが大切だと思います。

 

3-5、どんな風に学ぶ?

 

これは2Hの“HOW”です。

学び方と言っても色々なやり方があります。

 

本を読むのか、セミナーに行くのか、塾に入るのかなど。

 

また、どんな本を読むか、どんなセミナーに行くのかも

考えなければいけませんね。

 

これらは独学による学び方なんですが、

私がオススメしたいのはやはりマンツーマンの個別コンサルをつけることです。

 

なぜなら、

 

セミナーで学ぶよりも、質の高い情報が入りやすいですし、

断然実力が伸びるからです。

 

私もかつて個別コンサルを受けて今に至ります。

 

また、セミナーでも講師と合う人は成果が出るし、

合わない人は成果が出ないのですが、

コンサルの場合、あなた自身がコンサルタント選ぶことができます。

 

何にせよ、個別コンサルに関しては、

マンツーマンで対応してもらえるため

サポートの仕方をあなたに合わせてくれるので

 

 

一番効率がよいですね。

 

 

3-6、コストはどれくらい?

 

これは2Hの“HOW MUCH”ですね。“HOW COST”とも言います。

 

勉強やせどりをするのにいくらかかるかということなのですが、

まず勉強は将来の自分への投資と考えて

あまりケチらないほうがいいと思います。

 

最も費用対効果の良い投資は自己投資である

という言葉もあるように、

勉強することで将来のリターンも大きくなりますから。

 

あと、せどりにかかるコストですが

これは以前の記事が参考になると思うので

こちらをご覧になってみてください。

 

 

3-7、誰とせどりを勉強する?

 

これは5Wの“WHO”です。

つまり、誰と一緒にせどりの勉強をするかです。

 

人はよく付き合っている5人の平均収入があなたの収入になる

と言われるように人間関係はとても大切です。

 

誰と一緒にいるかもよく考えておかなければなりません。

 

稼げていないグループで集まって

いくら勉強会を開いても無駄です。

 

稼げるかどうかはメンタルや考え方なども関係してくるので、

やはり稼いでいる人のそばにいることが大切ですね。

 

4、習うより倣う。そして、慣れよう。

 

習うという感覚ではなく、

倣う感覚を知ってもらいたいと思います。

 

つまり、勉強して知識を入れるというよりも

体で覚えてしまうような感じです。

 

たとえば、算数と同じで、

たとえ公式などの解法を習っても

それをテストや実生活で使えないと全く意味がありません。

 

繰り返し問題パターンを解いて

自然に公式が出てくるようになって

初めて使えるといえる状態になります。

 

ですから、最初は講師の真似をして(考え方や立ち振舞いなど)

それから、空気を吸うようになれることが大事です。

 

まとめ

 

多くの人がただ商品を安く買って高くで売ればせどりが出来る

というように考えてしまいますが、

仕入れをするにも店舗リサーチや商品知識や

ツールの使い方など勉強することがたくさんあります。

 

また、どれだけ実践をしても、

あっという間にノウハウや知識は過去のものとなってしまいます。

 

だから実践だけではなく、勉強し続けることが大切ですが、

かといっても勉強だけでもダメだし、勉強と実践のバランスが大切です。

 

誰とどんな風に学ぶことで、

モチベーションの維持などメンタル的なことも学べるし、

これらは、長期的に稼ぎ続けるには重要になってくるので

 

 

今回お伝えした5W2Hのフレームワークで転売を捉えていく方法は、

是非覚えておいて欲しいと思います。

 

 

今ならLINEで書籍含む10個の豪華特典をプレゼント


かつて鬱で苦しんだ池田だからこそわかる稼ぎ方を伝授します


【お申し込みはこちら】お気軽に無料でご相談ください