どうも、池田です。

 

この記事を読んでいるあなたは、

せどり(転売)で起業をするタイミング

必要な売上・資金の目安を知りたいと

思っていませんか?

 

今回は、少しハイレベルですが、

せどりで起業ができるか?

起業するのであれば、いつがベストか?

について解説していきます!

 

せどりで起業するには、やはり条件があるので、

しっかりと見ていきましょう!

 

sp-ikeda

何も考えずにせどり(転売)で起業をしてしまった”愚か者”がいました・・・

以前、知人で闇雲にせどりで

起業してしまった人がいたのですが、

あまり考えるのが得意な人ではないのかな~

という印象を受けたことがあります。

 

多分ノリでしちゃったのかな(笑)

 

自己流って怖い!

 

実際にその人は、私ですら難しい

せどりでの法人化を勢いでしていて、

助け船を渡しに求めてきたのです。

 

まず、何かの分野で起業して成功するためには、

学校や養成所等の環境に身を置くべきだし、

教育代にお金をかけずに、

先に起業や初期投資にお金を使っていては・・・

 

うまくいくわけもありません・・・

 

結局その人は、

お金はあったのにスクールに通わず

せどりで起業して失敗するという

愚かな状態になってしまいました。

 

そもそも、せどり(転売)で法人化はできるもの?

私も何度か税理士さんに

相談したことがありますが、

せどり(転売)で法人化するのは、

収支のバランスを考えると、

結構難しいとおっしゃっていました。

 

ただ、100%無理ではないですし、

せどりだけで起業できたら、

マジ凄いと思います(笑)

 

一方で、せどり(転売)の関連事業も含めてなら

法人化は、普通に可能だと思います。

 

いったいどういうことやねん!

 

と突っ込まれそうですが、

詳しく解説していきますので、

ページから離れないでくださいね(笑)

 

一応ここでは、努力次第ではせどりだけでも

法人化はできると覚えておきましょう^^

 

起業するとどれくらい維持費や初期費用がかかる?お金の話!

ちなみに、一般的にせどりだけなく起業すると、

どれくらいお金がかかってくるのでしょうか?

 

最低限のレベルの話を簡単にお伝えしますと……

 

  1. 登記費用と言われる初期費用が、25万円
  2. 毎年絶対にかかってくる均等割りの法人住民税が7万円前後

 

と言われています。

 

ほかにも記帳は自分でしても、

確定申告(決算)費用だけで8~10万円は

かかるだろうし、初年度だけでも合計で

40~43万円はかかる印象です。

 

しかも、これすべて直接自分の事業に

かかわるものじゃないですからね(笑)

 

税金と会計で40~43万円消えてしまうわけです。

 

あと、税金と会計以外にも色々と費用が

かかるので、覚えておくとよいと思います。

 

資本金100万円あったとしても半分は、

会社設立やその維持費で消えていきます!

 

せどり(転売)で起業するタイミングはいつがよいか?3つのポイント!

ポイント1:売上じゃなくて最低600万円の利益が口座に残ったら

 

せどり(転売)で起業する人の多くは、

売上が上がると、起業できるのでないか?

と”錯覚”を起こしてしまいます。

 

しかし、実際のところ売上よりも

会社に残る利益を一番に考えなくてはいけません。

 

最低限の目安として、会計年度の終わりに、

600万円の利益“が会社に残るのであれば、

あなたがせどり(転売)で起業するメリットは

十分にあります!

 

ちなみに、この600万という数字は、

経費も抜いての数字です!

 

個人で例えていうなら、

毎年600万円の貯金ができるレベル

お考えくださいね(^^;♪

 

事業をしている人は、

やたらと何でも経費にしてしまったり、

研修費や出張を増やして600万も

会社に残らない人もいるでしょう。

 

ちなみに、最大限起業するメリットが

発揮されるのは、利益800万円が残る時でして、

税率も600万円の時と800万円の時では

法人税の数字は変わらないし、

仮に利益1,000万円になっても変わりません。

 

 

 

これってすごいくないですか?

 

 

 

これが法人化するメリットなんですね~(^^;

ちなみに、資本金の話は一旦おいておいて、

法人税は、おおよそ23%くらいです・・・

 

その年に1億円会社に残ったとしても23%!

個人の場合、45%は取られるので、

その違いがよく分かると思います!

 

実際に個人は、累進課税が適用されているのは、

なんとなくご存じだと思います!

見てください!〇の部分を!地獄です!

個人だと稼げば稼ぐほど、

税率が、怖いほどあがっていくんですね!

 

一方で、法人税の情報をリサーチしてみると・・・

 

普通法人の所を参考にするとよいと思います!

法人税の場合は、個人とは違って累進課税はなく、

一律であることを知っておきましょう!

 

いくら稼いでも23%は、本当にでかい!

 

ポイント2:売上の目安は、平均粗利率30%で考えると、4000万円以上を目安に!

 

もし、あなたが・・・

 

せどり(転売)で起業をお考えの場合、

ざっと年間売上4,000万円程度を

目安に考えておくとよいと思います。

 

ただし、平均粗利率30%です(笑)

 

粗利30%が難しいのであれば、

売上は最低でも5,000~6,000万円を

モリモリ目指しましょう!

 

実際の所、経費や給料で色々引かれてしまって、

800万円なんてまず残りませんが、事業者や

年度によっては粗利が30%超える人もいます。

 

そうなると、まぁまぁお金は残るのかな~

思っています!

 

売上4,000万円で、粗利率30%であれば、

1,200万円の利益です!

 

売上を上げるリスクもあるので、

できるだけ、商材を変えるなりして、

せどり(転売)で起業したら、5%でもいいから

利益率は高めておきたいところですね……

 

ポイント3:取引のために法人化はするべき!信用度が断然違う!

 

もし、あなたが、せどり(転売)で起業して、

セミナーや情報発信、さらに私のようにブログで

ビジネスをしたいと考えているのであれば……

 

やはりお客さんや取引先を相手にする以上、

法人化しておいた方が信用が断然違います!

 

例えば、世の中には、法人じゃないと

契約してもらえないサービスがあったり、

法人じゃないといまいち信用できない人も

たくさんいたりするんですね。

 

あと、セミナーとかやるときに、

会社名がなくて、個人名だけだと

少し弱弱しい印象を受けますよね……

 

また、個人が引っ越しをする際には

住所をいくらでも変えられますが、

法人の場合、住所を変更するだけで、

税金がかかるようになってきます。

 

なので、総務省に毎回登記といって、

登録をしないといけないので、

その点、信用も厚いですよね~

 

事業内容も全部登録しないといけないし、

法人化は結構お堅い印象を受けます(^^;

 

せどりで起業をする際の注意点含めまとめ

 

せどり(転売)で起業をする時は、

焦ってはいけないし、

メリットを感じないのであれば、

無理して法人化なんてしない方がよいでしょう。

 

無理すると、維持費もかかるし、

法務局や税務署に行く頻度も増えて、

大きく時間を失うこともあります。

 

というわけで・・・

せどりで起業・法人化するタイミングは、

節税対策の時だと私は、思っているので、

節税が最大限発揮できる時を

狙っていきましょうね!

 

池田池田

また私のメルマガでは、せどりを始めとした物販ビジネスに関する有益な情報を配信しています。今なら10個の豪華特典も受け取れるので、よろしければコチラから登録しておいてください^^



今ならLINEで書籍含む10個の豪華特典をプレゼント


かつて鬱で苦しんだ池田だからこそわかる稼ぎ方を伝授します


【お申し込みはこちら】お気軽に無料でご相談ください