副業を実践する人が増えてから、物販ビジネス・転売についての目線が広がりつつあります。

実際、転売をしている人は、昔に比べると増えてきましたし、副業・本業問わず行っている人が多い印象です。

 

池田池田

転売は儲かるビジネスなので、実践する人が多いのも理解できますね!

 

「転売で儲けるにはどうしたらいい?」

「転売で儲けるコツを知りたい!」

 

今回は、このような悩みを抱えている人のために、転売で儲ける方法について解説していきたいと思います。

副業で稼ぎたいと思っている人や、稼ぐ柱を何かしら見つけたいと思っている人は、参考にしてくださいね♪

 

よくわかる解説
  • リサーチを徹底するべき
  • 転売は再現性・即金性が高い
  • ライバルが多いため稼ぎづらさがある
sp-ikeda

そもそも転売とは?

まず、転売について知らない人のために、簡単に概要を説明すると、物販ビジネスの一種です。

ビジネスモデルは非常に単純で、どの副業よりも再現性があります。

 

転売は、「利益商品を安く仕入れて価格差をつけて高く売る」ビジネスです。

重要なのはリサーチであり、仕入れ以前にリサーチしなければ利益商品は見つかりません。

 

転売の流れを簡単に説明すると、以下の通りです。

 

転売の流れ
  1. 利益商品をリサーチする
  2. 価格差があるなら仕入れる
  3. 販売先で価格を上乗せして転売
  4. 利益が出る

 

これだけで、転売は利益が発生します。

特別なスキルは必要ありませんし、副業・本業の両方で行えます。

転売で儲ける方法を徹底解説!

転売をしたいと思っている人は、これから紹介する儲ける方法を実践しましょう。

実際、稼げるビジネスといっても、お金が発生しないことには意味がありませんからね…

 

具体的な方法は、以下の通りです。

 

【転売で儲ける方法】

  • Amazon転売メインで行う
  • その他販売先にも視野を向ける
  • 仕入れ先を拡大する

 

これらを実践すれば、転売で儲けるのも難しくありません。

基本はAmazon転売メインですが、ある程度転売に慣れてくれば、メルカリ・ラクマ等を利用するのもありですよ◎

 

Amazon転売メインで行う

まず、転売で利益を出したいなら、Amazon転売を行いましょう。

Amazon転売とは、仕入れた商品をAmazonに流すことを指し、実践するにはセラーアカウントというものが必要になります。

 

 

アカウント開設後は、こちらのセラーセントラルという画面にログインできます。

ここで、Amazonの在庫管理や出品作業を行っていくイメージです。

 

Amazonを販売先に使う理由は、最も商品が売れやすいからです。

世界最大のECサイトであり、メルカリやヤフオクは比になりません。

 

利益商品を見つければ、あとは仕入れて転売するのみです。

その他販売先にも視野を向ける

転売をする場合、基本ベースはAmazonを販売先として使っていきます。

しかし、商品によってはAmazonで取り扱いできないことがありますし、別の販路を広げるのも方法の一つ。

 

主軸はAmazonにして、その他別の販売先を使えば、より利益を拡大できますよ◎

 

【転売におすすめの販売先】

  • メルカリ:10代~20代がメイン
  • ラクマ:メルカリ同様
  • ヤフオク:30~40代メイン

 

どれも同じような販売先ですが、利用者層がそれぞれ異なります。

仕入れ商品によって、販売先を変えると、さらに売れ行きも伸びますよ◎

 

 

また、Amazonにはマルチチャネルサービスというものがあります。

Amazonの配送方法の一つであるFBA納品を使っている人が対象であり、別の販売先で商品が売れた場合に、Amazonの倉庫から商品を発送してくれるというサービスです。

 

購入率を上げるためにも、販売先を広げるというのは賢明な判断です!

仕入れ先を拡大する

最後に、仕入れ先を拡大するという点です。

転売をする際は、販売先も重要ですが、どこで仕入れるのかで利益の有無が変わってきます。

 

仕入れ手段は様々ですが、転売は電脳仕入れ・店舗仕入れの二つに分けられます。

電脳仕入れとは、ネットを使って仕入れることであり、店舗はその名の通り店舗で仕入れをすることです。

 

仕入れ先に迷っているなら、以下を使うと良いでしょう。

 

【オススメの仕入れ先】

  • 電脳仕入れ
    →ヤフオク、メルカリ、ラクマ、リコレ、楽天市場等
  • 店舗仕入れ
    →ブックオフ、ハードオフ、セカンドストリート等

 

この様に、多くの仕入れ先があるので、あなたが仕入れるジャンルに合わせて選ぶと良いでしょう。

 

転売で儲ける商品の特徴は?

転売で儲ける商品は、それぞれ特徴があります。

稼ぎたいと思っている人のために、これから特徴を解説していきますね!

 

特徴をしっかり把握して、転売で利益を出していきましょう。

 

転売で儲ける商品の特徴
  • 需要がある
  • 利益率・回転率が高い
  • ライバルが多い

 

このような特徴がある商品は、総じて利益になります。

安定して稼ぐ難易度は高いですが、リサーチをして価格差があるものから仕入れていけば、問題ありませんよ!

 

需要がある

まず、転売で儲ける商品の特徴として挙げられるのは、需要があるという点です。

転売では様々な商品を取り扱いますが、中でも需要がある商品を仕入れないと、不良在庫になる可能性があります。

 

不良在庫とは、いつまでも在庫になっている商品です。

販売先で売れるのかどうかを把握するためにも、一般的にはせどりツールを使って需要をチェックしていきます。

 

【おすすめツール】

  • デルタトレーサー
  • Keepa
  • プライスター

 

無料のツールで問題ないなら、デルタトレーサーを使うと良いでしょう。

 

 

この様なグラフを表示できるのですが、需要があるかどうかが一目でわかります。

簡単に説明すると、赤枠で囲んでいるグラフが、頻繁にギザギザしていたら需要があるということです。

 

Amazon転売をするなら、この見方くらいは把握しておきましょう。

利益率・回転率が高い

転売で利益になる商品ですが、利益率・回転率が高いものは、積極的に仕入れていきたいジャンルです。

転売を進めていく上では、重要になるワードですが、それぞれ解説すると以下の通りになります。

 

【利益率・回転率について】

  • 利益率:売上当たりどのくらいの利益が発生したかという数値
    (計算方法:純利益÷売上高×100)
  • 回転率:出品してから売れるまでの日数を示した数値

 

利益率とは、売り上げに対してどのくらいの利益が発生したのかを示す数値です。

例えば、1万円の売り上げが出たとして、諸経費を差し引いて5,000円の純利益が残ったとします。

 

この場合、1万円の売り上げのうち50%が利益になったので、利益率は50%です。

回転率は、商品を出品してから売れるまでの数値です。

 

出品してから、1週間以内に売れるものは高回転率商品と判断してよいでしょう。

仕入れる際は、この二つを満たしているものを仕入れていくと、利益になりやすいです。

 

ライバルが多い

最後に、ライバルが多いという点です。

本来、ライバルが多い商品は、価格競争が起きるので仕入れないほうが良いですが、儲ける商品の特徴です。

 

ライバルが多いということは、市場では人気のある商品ということ。

一般的に、コラボ商品・限定商品などが対象になるケースが多いです。

 

 

スニーカーを例に挙げると、抽選販売されるものは、総じてライバルが多く人気があります。

しかし、手に入れることができれば、その恩恵としてプレ値で売れるので、爆益が期待できます◎

 

転売で儲けるには?実践したいコツを紹介!

転売は、再現性・即金性がともに高いビジネスなので、実践している人も多いです。

ただ、儲けるかどうかは、その人次第です。

 

あなたが、本気で転売で稼ぎたいと思っているなら、これから紹介するコツを実践しましょう。

中途半端に稼ぐのは誰でもできますが、継続しません。

 

具体的なコツは、以下の通りです。

 

【転売で儲けるコツ】

  • ライバルセラーを参考にする
  • リサーチの基礎を勉強する
  • コンサルなどに参加してみる

 

これらを実践すれば、誰でも稼げるようになります。

まずは副業から開始して、利益が拡大してきたら、独立するという手順を踏むと良いでしょう。

 

ライバルセラーを参考にする

転売で利益を出したいなら、ライバルセラーを参考にしましょう。

実際、転売を実践している人は多く、稼いでいる人もいます。

 

初心者のうちは、そういう人が出品している商品を参考にして、利益商品を見つけていきましょう。

Amazon転売をするなら、以下の方法で見つけていきます。

 

【ライバルセラーの見つけ方】

  1. トレンド商品を調べる
  2. 出品者一覧を見る
  3. 評価が高い人を見つける
  4. 出品一覧を見て利益商品をリスト化する

 

この様な流れで見つけていきます。

 

 

Amazonでは、各種商品に一覧ページがあります。

セラーが一覧で表示されていますが、この中から評価が高い人をチョイスしましょう。

 

 

すると、このように出品商品が出てきます。

ライバルセラーが出品しているものなので、利益になる可能性が高いですよ!

リサーチの基礎を勉強する

次にリサーチの基礎を勉強するという点です。

転売では、仕入れよりもリサーチが重要です。

 

むしろ、リサーチ次第で売れるかどうかが決まります。

 

【せどりで行うべきリサーチ】

  • 需要のリサーチ
  • 市場価格差のリサーチ
  • 損益分岐点のリサーチ

 

基本的には、この三つを抑えておくと良いです。

需要があるかどうかをチェックして、損益分岐点や市場価格差を計算して仕入れるのが、一般的な流れになります。

 

コンサル等に参加してみる

最後に、コンサルなどに参加するという方法。

転売は、独学でも実践できますが、コンサルを受講したほうが良いです。

 

というのも、独学では稼げる範囲が狭まるからです。

間違った方法で進めてしまうと、利益が縮小します。

 

しかし、コンサルを受講すると以下のメリットがあります。

 

【コンサルを受けるメリット】

  • プロから直接学べる
  • 安定して稼げるようになる
  • ライバルが多く刺激になる

 

私も含め、稼いでいる現役のせどらーから学べる機会というのは、そうそうありません。

だからこそ、コンサルを受講して、利益を出していくのです。

 

まとめ

今回、転売で儲ける方法について解説しました。

再現性が高いビジネスであり、実践している人も多いので、しっかり稼いでいきたいところです。

 

今回紹介した、利益商品の特徴やコツは、あなたがせどりを始める上で参考になるものばかりなので、それぞれ実践していくと良いでしょう。

参入障壁が低い分、やめる人も多いのが物販ビジネスです。

 

継続性のあるビジネスにするためにも、儲ける商品を仕入れることが重要です。

 

 


今ならLINEで書籍含む10個の豪華特典をプレゼント


かつて鬱で苦しんだ池田だからこそわかる稼ぎ方を伝授します


【お申し込みはこちら】お気軽に無料でご相談ください