おもちゃの転売は、初心者でも参入できることから人気があるビジネスです。

そのなかでも、コンスタントに利益を出せるのが、レゴブロックです!

 

池田池田

レゴは、プレ値になる商品も多いことから、円倍の商材として取り扱う人が多いです!

 

「レゴは転売できるの?」

「レゴを転売するコツを知りたい!」

 

今回は、このような悩みを抱えている人のために、レゴブロックを仕入れて転売する方法を解説します!

物によっては、1つあたり数万円の利益になるものもあるため、積極的にリサーチして仕入れていきましょう。

 

よくわかる解説
  • レゴブロックは利益になる
  • 1つあたり数十万円するのものもある
  • プレ値になりやすい
sp-ikeda

そもそもレゴは転売で取り扱える商品?

レゴは、子供向けのブロックのおもちゃですが、最近ではその精巧さから大人でもハマる人が続出しています。

数千円の子供向けのレゴブロックは、1箱あたりに入っているブロック数も少なく”知育・遊び目的”で販売されています。

 

 

しかし、大人向けのレゴブロックは、ブロック数も多く作りが複雑なので、1つあたりの値段も高いです。

では、「転売に使えるの?」と言う声があると思いますが、レゴは転売に使える商材です!

 

商材によっては、1つあたり10万円以上するのものもあります。

 

レゴは、定期的に廃盤になるため、一度廃盤になると再販はありません。

そのような商品を予測して、仕入れるとレゴ転売で稼げるようになります。

レゴを転売するメリット・デメリット!

レゴが転売に使える商材であることがわかったところで、メリット・デメリットを解説していきます!

レゴブロックは、資産価値にもなるため、保有している人が多いおもちゃです。

 

利益予測をして仕入れれば、爆益が期待できる可能性があります。

ただし、転売をする前に、メリット・デメリットをしっかり把握しておかないと、うまく稼げないので注意しましょう。

 

具体的なメリット・デメリットは、以下のとおりです。

 

レゴ転売のメリット・デメリット
  • メリット:廃盤商品は利益になりやすい
  • メリット:価格が下がりづらい
  • デメリット:検品の時間がかかる
  • デメリット:仕入単価が高い

 

レゴ転売で狙うべき商品は、廃盤商品です。

それ以外も利益になりますが、数千円にしかなりません。

 

しかし、廃盤商品の場合は、1個あたり数万円の利益が得られるので積極的にリサーチしていきましょう。

 

メリット:廃盤商品は利益になりやすい

まず、レゴブロックは定期的に廃盤になる商品が決まっています。

プレ値になった商品で後述しますが、廃盤になる商品は二度と購入できないことから、ファンの間では高値で取引されます。

 

 

レゴの公式サイトでは、”まもなく廃盤”というコンテンツが存在し、将来的に廃盤になる商品が公開されています。

キャラクター系のシリーズ物は、新作が販売されると、早い段階で廃盤になるのでおすすめです◎

 

 

例えば、こちらの商品。

レゴでは、人気シリーズの”ニンジャゴー”というタイプのセットブロックです。

 

メーカー販売価格は需要によって変動していましたが、最終的な販売価格は10,750円です。

しかし、廃盤になってから価格が高騰。

 

 

それぞれのショップでは、15,000円~16,000円円の間で取引されています。

このように、廃盤商品には価値があるので、積極的に仕入れていきましょう。

 

メリット:価格が下がりづらい

次に、価格が下がりづらい点です。

レゴブロックは、廃盤商品に限り価格が下がりづらい傾向にあります。

 

 

現行で販売されているものは、そこまで値段のふり幅も大きくありません。

ただし、販売されてから日数が経つと、徐々に商品の需要が収まってくるので、価格は下落します。

 

廃盤になることを想定して、その時期に仕入れるのもありですが、いつ廃盤になるかは不明です。
(レゴの公式サイトなどで予測する必要がある)

 

 

しかし、プレ値になった商品は、一度廃盤になると価格が下がることはほぼありません。

レゴは、廃盤になったからといって、再販しないからです。

 

する場合も、新作を販売するだけなので、同一商品の販売はまずありません。

そのため、商品の価値が下がりづらくなるわけです。

 

デメリット:検品の時間がかかる

レゴ転売をする際は、検品に時間がかかるケースがあります。

新品商品を仕入れる際は問題ありませんが、中古のレゴを仕入れる際は検品が面倒です。

 

ブックオフやハードオフに、レゴブロックが販売されていますが、通常よりも安い価格で購入できます。

価格差がある商品も多いため、仕入れに使えるのは事実ですが、なかにはブロックが欠品していることもあります……

 

レゴブロックは、商品1つあたりに、複数のブロックが入っているので、一つずつ検品をしていると大変です。

個人的には、新品仕入れ→プレ値転売をしたほうがいいと思います。

 

池田池田

手間もかかりませんし、おすすめの転売手法ですよ!

 

デメリット:仕入単価が高い

最後に、仕入れ単価が高い点です。

レゴブロックを仕入れる際は、基本的に新品商品を仕入れていきますが、超ロングテールで考えるなら定価で仕入れて数年後に売る必要があります。
(廃盤になるのを待って)

 

しかし、それではキャッシュフローも悪くなるので、投資とほぼ変わりません。

普通に仕入れる場合は、少し割高なものをネットで仕入れるか、店舗で定価仕入れをするかのいずれかです。

 

 

レゴブロックの値段はピンキリですが、プレ値になる商品は1個あたり5,000円以上を超えるものがほとんどです。

仕入単価が高いと、それなりに資金を用意しなければなりません。

レゴ転売で過去にプレ値になった商品を紹介!

レゴ転売で利益を出したいと思っているなら、プレ値商品を予測が重要です。

レゴの公式サイトでは、廃盤直前のサイトが公開されているので、そちらを参考にしながら利益予測をしていきましょう。

 

 

これから、過去に廃盤になりプレ値になったものを紹介していくので、気になる人は参考にしてくださいね♪

具体的な商品は、以下のとおりです。

 

レゴで過去にプレ値になった商品
  • 青いバケツ
  • ディズニーシリーズ
  • ミレニアムファルコン

 

これらのブロックは、いずれもプレ値になったものです。

青いバケツに関しては、スターターセットのようなもので、子供がレゴブロックで遊ぶときに便利な商品です!
※いずれも高値で取引されています。

 

その他、ディズニーやスターウォーズシリーズは人気があるので、廃盤情報に記載されていれば仕入れをおこないましょう。

 

青いバケツ

まず、紹介したいのが青いバケツシリーズです。

レゴには、多くのバケツシリーズがあり、現行で販売されているのは”黄色いバケツ”です。

 

複数のレゴブロックが入っているため、子供の知育玩具として人気があります。

しかし、以前販売されていた”青いバケツ・赤いバケツ”はすでに廃盤になっているため、市場ではプレ値になっています。

 

 

定価は、4,968円の商品ですが、市場では3,000円程度で販売されていた印象です。

普通にトイザらスなどで販売されていたことから、購入した人も少なくありません。

 

 

その商品が、今では1万円以上の値段で販売されています……

まさに、廃盤効果です。

 

ディズニーシリーズ

次に紹介したいのが、ディズニーシリーズです。

ディズニー関連の商品は、廃盤になると毎回プレ値になる印象です。

 

人気があるもの・ないものでも、廃盤になればプレ値になります。

 

 

そこまで話題にならなかった、ウォーリーという映画のレゴブロックは、1個あたり28,800円で販売されています。

大型のブロックということもあり、コレクション性が評価されてプレ値になっています。

 

 

また、この記事を書くときにリサーチしていたのですが、近々廃盤になるトイストーリーシリーズのブロック。

こちらのブロックですが、すでに市場では高値で取引されています。

 

 

定価5,900円の商品が、廃盤になることを見越して15,000円~20,000円出販売されていることがわかります。

レゴ転売は、事前に廃盤になる情報を参考に、商品を仕入れておくと、効率よく利益を出せますよ♪

 

ミレニアムファルコン

最後に紹介したいのが、レゴブロックのなかでも最も高く取引されている、ミレニアムファルコンというブロックです。

こちらのブロックは、スターウォーズシリーズのものであり、過去にさまざまなシリーズが販売されています。

 

 

なかでも、海外限定で抽選販売された、”ミレニアムファルコン10179″というブロックは、市場で高額取引されてます。

その値段は、なんと100万円越えです……笑

 

完成したときのサイズが大きいため、販売価格もそれなりに高かった商品。

しかし、その希少性からここまで値段が跳ね上がっています。

 

 

その他の、ミレニアムファルコンシリーズの商品も、そこそこ高い値段で販売されてます。

いずれも廃盤商品・限定販売商品なので、プレ値になることが多い商品です。

レゴ転売で商品を仕入れるコツは?

レゴは、廃盤商品を中心にリサーチしていくと、利益になりやすいです。

しかし、それ以外にもコツがあるので、最後に紹介していきます。

 

レゴ転売で利益を出したい人や、安定して稼ぎたいと思っている人は要チェックですよ◎

具体的なコツは、以下のとおりです。

 

レゴ転売のコツ
  • 商品をリサーチする
  • 店舗を開拓する
  • 販売先を固定する

 

特に、レゴブロックを仕入れる際は商品をリサーチしなければなりません。

”売れそう”な商品をリサーチするのではなく、”売れる”商品をリサーチが重要です。

 

根拠に基づいたリサーチをしないと、不良在庫を抱えてしまいます……

廃盤になっても、流通量が多いブロックは、プレ値になるまで時間がかかりますからね……

 

池田池田

利益を出すためにも、徹底したリサーチをおこないましょう!

 

商品をリサーチする

レゴを仕入れる際は、商品のリサーチを欠かさないようにしましょう。

ここでおこなうリサーチは、主に2つです。

 

【レゴ仕入れでおこなうリサーチ】

  • 廃盤商品のチェック
  • 外はこの番号チェック

 

まず、廃盤商品は、レゴブロック公式サイトに掲載されています。

こちらのサイトを参考にしながら、プレ値予測をしていきましょう。

 

 

売れそうな商品が見つかれば、商品名をコピーしてGoogleなどでリサーチします。

プレ値になっているなら仕入れます。

 

 

次に、外箱の番号です。

店頭でリサーチする際に役に立ちますが、こちらは商品番号になっています。

 

現行で販売されているものは、すべて5桁の番号ですが、10,000台に近いものは廃盤になっている可能性が高いです。

さらに、4桁のものは高確率で廃盤になっているので、積極的にリサーチしていきましょう。

 

店舗を開拓する

次に、店舗を開拓する点です。

レゴ転売をする場合は、基本的に店舗せどりをメインに仕入れをしていきます。

 

ネットで仕入れるケースもありますが、価格差が取れない可能性があるため、あまりおこないません。

新品・中古問わず仕入れていきますが、仕入れに役に立つのは以下の店舗です。

 

【レゴ仕入れに最適な店舗】

  • ハードオフ
  • ブックオフ
  • トイザらス
  • 家電量販店
    (例:ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機など)

 

これらは、いずれもレゴを仕入れやすい店舗です。

ハードオフとブックオフは、中古メインの仕入れ先ですが、稀に新品商品も販売されています。

 

トイザらスに関しては、人気商品がセール販売されるケースがあるため、積極的に仕入れていきましょう。

 

販売先を固定する

最後に、販売先です。

レゴ転売をする際は、極力販売先を固定したほうがよいです。

 

安定して仕入れられる仕入れ先を見つけたら、次は販売先を探しましょう。

主に、レゴ転売で使うことが多い販売先は、以下のとおりです。

 

【レゴ転売の販売先】

  • Amazon
  • メルカリ
  • ヤフオク

 

利益率・回転率の両方を重視するなら、Amazonがおすすめです!

購入する人が多く、商品によっては即売れします。

 

 

とあるレゴブロックのグラフでは、このように推移しています。

ランキンググラフを見ても、売れるジャンルだと思うので、積極的に活用していきましょう。

まとめ

今回、レゴブロックについて解説しました。

転売に使える商材であり、プレ値になることが多いため、爆益が期待できます!

 

おもちゃせどりのなかでは、もっとも仕入れやすく難易度が低い商材です。

クリスマスや年末などの季節は、特に購入されることが多いため、早い段階から仕入れておくとよいでしょう。

 

利益商品を見つけるのは難しくなく、公式サイトの廃盤情報を見ながら、利益商品を見極めていくのみです!

 

池田池田

廃盤商品を見つければ、リサーチするのみですよ!



今ならLINEで書籍含む10個の豪華特典をプレゼント


かつて鬱で苦しんだ池田だからこそわかる稼ぎ方を伝授します


【お申し込みはこちら】お気軽に無料でご相談ください