社会人となった女性の中には、「ノマドワーカー」として働いている人がいます。

要するに自分のスキルを生かして、自由に働いている女性ですね。

わかりやすいイメージを挙げるとすると、「昼ごろに起きて、スターバックスへ行って、MacBookを開いて優雅に働いている女性」です。

そんなノマドワーカーとしての生き方に憧れている人は、決して少ないでしょう。

本記事を読んでいる女性は、

  • 会社勤めに疲れている
  • 場所と時間に縛られず、のびのびと働きたい
  • 将来のことを考えて自分のペースで働けるような環境にしておきたい

といったことを考えているでしょう。

特に会社勤めは、どう考えても大変なものです。

  • 上司や部下との関係
  • 業務量
  • 自由度の低さ

に苦しんでいるケースは少なくありません。

とはいえ、ノマドワーカーが具体的にどういったものなのか、詳しく知らない人も多いはずです。

池田池田

本記事では、ノマドワーカーのメリットやデメリット、あるいは働き方・スタイルについて解説します。ノマドワーカーに憧れている女性は、ぜひ参考にしてください。

ノマドワーカーという生き方

まずはノマドワーカーがどんな生き方なのか、一度おさらいしておきましょう。

もしかしたら、自分自身にぴったりとフィットした女性の生き方なのかもしれません。

 

”ノマドワーカー”の意味とは?

ノマド(Nomade)は、「遊牧民」を指す言葉です。

モンゴルの草原を旅するように歩く、彼らのことですね。

つまりノマドワーカーは、遊牧民のように「場所に縛られず、自由なスタイルで働く人」といった意味合いになります。

会社で働く女性と比べれば、少なくとも場所や時間といった観点では、ノマドワーカーははるかに自由だと言えるでしょう。

 

ノマドワーカーとフリーランスの違いは?

ノマドワーカーとよく似た言葉(生き方)に、「フリーランス」が挙げられます。

ただし両者は、似ているようで全く違う生き方です。

ノマドワーカーを目指す女性にとって、この違いは重要でしょう。

フリーランスとは、「企業に所属しない働き方」を意味します。

ノマドワーカーは、あくまでも場所に縛られず、自由な働き方をする人を指すものです。

要するに、企業に所属している場合も、自由に動いて回れるならノマドワーカーとして分類できます。

池田池田

ノマドワーカーは自由に働けるので、女性にとっては魅力的なワークスタイルですね。

女性のノマドワーカーにおすすめの働き方

女性がノマドワーカーになる場合、働き方は何通りも考えられるでしょう。

中でも下記のような働き方はおすすめです。

 

ウェブライターやブロガー

女性のノマドワーカーの働き方としては、

  • ウェブライター
  • ブロガー

が第一候補として挙げられるでしょう。

ウェブライターとは、WEB上に公開される記事を書く文筆業ですね。

文章を書くことに興味があれば、意外と誰でもできる仕事です。

デビュー直後は文字単価が上がらず、なかなかうまく稼げないかもしれません。

しかし、ある程度実績が積み上がってくれば、相当な金額を稼ぐことも可能です。

女性ながら月100万円近く稼いでいる人も、少なくありません

ブロガーは、知っての通り自分のブログで収益を挙げる職業ですね。

  • アフィリエイトリンク
  • Googleアドセンス

などを掲載し、クリック報酬を得るのが基本です。

月に何十万回もヒットするブログを作れば、非常に大きな収入が生まれるでしょう。

 

ユーチューバーや動画編集

最近であれば、

  • YouTuber
  • 動画編集

といった方向性も考えられます。

特にYouTuberは、女性であるだけで有利なのでチャンスは大きいとも考えられるでしょう。

ノマドワーカーとは少し違うかもしれませんが、会社員と比較して自由に働ける部分は変わりません。

YouTuberであれば、うまくいけば会社員の収入と比較にならないほど稼げるかもしれません。

  • 「東海オンエア」
  • 「HIKAKIN TV」

のように、月何千万円も稼げる人間になれる可能性はあるのです。

ただし、最近のYouTuber界隈はかなり競争が激しくなっています。

チャンネル登録者数が1,000人を超えているチャンネルは、全体1%にも満たない、といったデータも。

女性がノマドワーカー且つ、YouTuberとして生きていくなら、相当な努力と覚悟は必要だと言えるでしょう。

一方で、動画編集の仕事は狙い目だと言えます。

なぜなら、現在は動画編集に対する需要が伸びているから。

つまり「YouTuberになりたいけれど、技術を持たない人」が多いため、動画編集スキルの価値は高くなっているわけです。

 

デザイナーやイラストレーター

  • デザイナー
  • イラストレーター

なども、女性のノマドワーカーにはおすすめできる働き方です。

ここでいうデザイナーとは、基本的にWEBデザインをする人の意味ですね。

WEBメディアやサービスのレイアウトを考えたりするのが基本線になります。

また、プログラミング言語を用いて高度なデザインができるなら、より重宝されるでしょう。

イラストレーターは、そのままの意味ですね。

もはや女性イラストレーターは、組織で働くよりもノマドワーカー的に働いている人の方が多いのかもしれません。

イラストレーターは、とにかくさまざまな方面から必要とされます

どんなビジネスや事業も、イラストなしでは展開できないため、ずっと需要は高い状態が続くでしょう。

最近では、ソーシャルゲームに使用される小さなイラストを描く仕事などが台頭している様子です。

もしWEBデザインやイラストのスキルを持っているなら、女性ノマドワーカーとしての生き方にチャレンジしてもよいでしょう。

 

プログラマー

プログラマーの仕事も、できるのであればトライしたいところです。

どちらかというと男っぽい職業に感じるかもしれませんが、女性プログラマーの数は決して少なくありません。

そして、ノマドワーカーとして生きる道を見つけている女性も大勢います。

先ほど、動画編集に対する需要は著しく伸びていると解説しました。

そしてプログラミングに対する需要は、それを上回るほど大きなものとなっています。

プログラミングは、国が義務教育におけるカリキュラムとして盛り込むほど重要なスキルです。

つまり、「今後は、プログラミングのスキルがより必要となる時代が来る」と予測できるわけですね。

プログラミングにおいて、女性であるか男性であるかの違いはほとんど注目されません。

もちろんノマドワーカーであるか企業に属しているかも関係なく、「どれだけスキルがあるか?」だけが問われる世界です。

池田池田

今のうちにプログラミングをスタートしておけば、将来的にもノマドワーカーのプログラマーとして長く活躍できるかもしれません。

女性のノマドワーカーになるメリット5選

「自分もノマドワーカーになって、自由な生き方を実現したい!」と考えている人は多いでしょう。

特に会社で息苦しい思いをしていると、ノマドワーカーはとても羨ましい存在として映るはずです。

下記では、具体的にどんなメリットがあるのか、詳しく解説します。

 

主婦業と両立して仕事ができる

ノマドワーカーと主婦業は相性がよく、比較的両立しやすい部分があります。

その気になればずっと自宅で働き続けることも可能なので、家事と仕事の切り替えは自由です。

やはり、専業主婦でない女性にとっては、仕事と主婦業の両立は相当難しいものでしょう。

  • 会社の予定との兼ね合い
  • 家庭でのトラブル

などにより、どちらか一方が疎かになるケースは少なくありません。

しかしノマドワーカーであれば、自分のペースを保ちながら働けるため、こういったケースは相当減らせるはずです。

 

子育てしながら働ける

女性の場合は、やはり最終的には子育てをする可能性が高いでしょう。

一般的に子育てをするとなると、女性は一旦仕事から離れなければなりません。

しかしノマドワーカーとして働いているなら、子育てと仕事の両立は可能です。

やはりその気になれば自宅で働けるのが、子育てとの両立によい影響を与えます。

さすがに生まれたての赤ちゃんがいると、ノマドワーカーとして仕事をする割合は小さくせざるを得ないかもしれません。

特に「よく泣く子」だった場合、仕事にはさほどリソースは投下できないでしょう。

それでも会社勤めしている女性と比較すれば、自由に調整できる分、両立することは可能でしょう。

そして子供の成長に合わせて、ノマドワーカーとして活動する時間を増やしていけばよいわけです。

 

通勤する必要がなくなる

女性が会社勤めをするなら、通勤するために相当な時間をかけなければいけません。

しかしノマドワーカーであれば、ひとまず通勤する必要はなくなります

まれに相手先と打ち合わせなどで外へ出るケースはありますが、さほど気にする必要もありません。

通勤しなくてよいのなら、

  • 遅刻のおそれに悩まされない
  • 朝、早起きする必要がない
  • 仕事服に着替えなくてもよい
  • 化粧をする必要がない
  • 通勤の時間も仕事に当てられるetc…

などといったメリットが生まれます。

「なんて素晴らしいんだ」と思う女性も多いのではないでしょうか?

通勤する必要がなくなるのは、地味に聞こえるかもしれませんが、実は大変大きなポイントです。

もし「毎日通勤するのが憂鬱すぎる」と考えているのであれば、ノマドワーカーは素晴らしい生き方だと言えるでしょう。

 

人間関係に悩む必要がなくなる

ノマドワーカーに憧れる理由としては、やはり「人間関係に悩む必要がなくなる」部分ははずせないでしょう。

会社勤めなら、

  • 上司
  • 部下
  • 顧客
  • 取引先

などとの人間関係に悩まされる場面がいくらでも出てきます。

中には、

  • 上司が怖くて、毎日怯えている
  • 部下がなついてくれない
  • セクハラ、パワハラ被害の当事者になっている
  • 取引先がクレーマーで、精神的に追い詰められている

といった、重大な問題に頭を悩ましている女性もいるかもしれません。

しかしノマドワーカーが関わる相手は、かなり限定されます。

そして大抵、相手は画面の向こう側にいるので、さして厄介には感じないでしょう。

つまり、上記のようなシビアな問題が発生する場面はほとんどありません

よって、人間関係に悩まされる必要はかなり薄まると言えるでしょう。

 

大きく稼げる可能性がある

また、ノマドワーカーは大きな収入を稼げる可能性がある働き方です。

スキルや分野にもよりますが、たとえばブロガーなら月100万円以上稼ぐ女性もいます。

そうでなくとも、月40万円くらいは誰にだって到達可能な数字です。

池田池田

ノマドワーカーをしている中にはそれをきっかけとして、法人化してしまう人もいます。

女性がノマドワーカーになるデメリット

上記のメリットを読めば、やはり「ノマドワーカーは最高だ!」と思う女性もいるでしょう。

しかし、以下のようなデメリットについても理解しておかなければいけません。

 

人間関係が築きにくい

先ほど、ノマドワーカーになれば人間関係で悩まされづらくなると解説しました。

しかし、裏を返せば「ノマドワーカーになると、人間関係を築きにくくなる」ということでもあります。

これは、想像以上に苦しいデメリットなのかもしれません。

ノマドワーカーが関わる人間は、だいたい顧客と仲介業者くらいのものです。

さらにだいたいはインターネットを通してコミュケーションします。

よって、そのつながりは所詮希薄なものでしかありません。

つまり

  • 人間関係が築きづらく
  • 孤独感にさいなまれる

という女性のノマドワーカーは非常に多いのです。

人とのコミュニケーションに意義を見出すタイプの女性は、ノマドワーカーには向いていないかもしれません。

 

収入が安定しにくい

また、収入が安定しにくいのも大きなデメリットです。

会社員であれば、(多少前後するとしても)毎月決まった給料が入ってきます。

一方でノマドワーカーとして生きる場合はそうも行きません。

ノマドワーカーの収入は会社によって保証されていないので、なかなか安定しない部分があります。

今月30万円稼げていたとしても、来月は8万円しか入ってこない可能性だって否定できません。

収入の不安定さについては、各自で少しでも安定するように努力する必要があるでしょう。

 

自分を売り込む必要がある

もし(会社に属さない)ノマドワーカーとして働くのであれば、「自分を売り込む」ことが求められます。

要するに「営業」をしなければいけません

会社では、基本的に黙っていても仕事が回ってくるし、それが毎月の給料を担保している理由でもあります。

誰が仕事を取って来ているかといえば、もちろん会社の営業担当者です。

しかしノマドワーカーとなった女性は、営業担当者がやっていたことを自分でやらなければいけません

池田池田

ノマドワーカーのメリットは多いですが、デメリットもしっかりと把握しておきましょう。

女性のノマドワーカーに伝えたい注意点とは?

ネガティブな部分に触れてしまいましたが、だからといってノマドワーカーが悪いわけではありません。

先ほど触れたように、会社勤めの女性ではあり得ないメリットも多数存在します。

デメリットがあったとして、「それでもノマドワーカーになりたい」と思うのであれば、トライしてもよいでしょう。

下記では、これからノマドワーカーを志す女性に向けて、いくつか注意点をお伝えします。

 

セキュリティに気を付ける必要がある

女性がノマドワーカーとして自宅以外で仕事をする場合、セキュリティには注意しましょう。

たとえばカフェや図書館で仕事をしている場合、

  • USBハブを紛失する
  • 目を離したスキに、重要な書類が盗まれる
  • 見られてはいけない画面を見られてしまう

といったトラブルが起こりかねません。

もちろん仕事上で扱う情報を漏えいさせたとなれば、信用問題にかかわります。

こういったトラブルを引き起こさないように、ノマドワーカーはセキュリティに対して敏感でなければいけません。

 

誰も守ってくれないので自分の力でなんとかしないといけない

契約状態などにもよりますが、ノマドワーカーとなった女性は、あらゆることを自分でなんとかしなければいけません

会社のオフィスであれば、仮にトラブルがあってとしても、同僚とチームワークをはっきしてクリアすることが可能です。

時には有能な上司が、有力なサポートを送ってくれるケースもあるでしょう。

要するに、(普段は悪く言ってしまいがちな会社や周囲が)なんだかんだ自分を助けてくれるわけですね。

しかしノマドワーカーは、基本的には一人で働き続けるスタイルです。

よってトラブルがあったとしても、助けてくれる人はほとんどいません

逃げ出したくなるような事態になったとしても、自分自身で責任を持って対応する必要があります。

 

まとめ

やはり会社勤めに疲弊している女性からしてみれば、ノマドワーカーはとても輝かしいスタイルとして映るでしょう。

実際会社勤めの女性と比較すればかなり自由だし、場所にも縛られません。

通勤はしなくてもよいし、鬱陶しい同僚は理不尽な上司に当たることも、ほとんどなくなります。

また、仕事と、家事や子育てと両立することも、比較的容易です。

一方で、会社勤めではない、あるいはオフィスには出ていないことがデメリットを生んでいる側面もあります。

ノマドワーカーとして働くのであれば、それらのデメリットをどうクリアするかが重要でしょう。

簡単なことではありませんが、努力と工夫があれば決してクリアできない問題ではありません

池田池田

ノマドワーカーを目指す女性は、デメリットも把握して前に進んでいきましょう。

 

 


今ならLINEで書籍含む10個の豪華特典をプレゼント


かつて鬱で苦しんだ池田だからこそわかる稼ぎ方を伝授します


【お申し込みはこちら】お気軽に無料でご相談ください