せどりにはさまざまな手法がありますが、店舗仕入れに最適なのが、ビームせどりです。

ビームせどりは、初心者でも気軽にリサーチができることから、多くの人が実践しているせどり手法です。

 

池田池田

ビームせどりは、スマホがあれば誰でもできるので、再現性が高くおすすめです!

 

「ビームせどりは本当に稼げるの?」

「ビームせどりで稼ぐためにはどうしたらいい?」

 

せどりで稼ぎたいと思っている人や、安定して利益を出したいと思っている人のために、今回はビームせどりで稼ぐ方法を解説します!

店舗せどりで稼ぎたい人は、必見の内容になっているので、参考にしてくださいね♪

 

よくわかる解説
  • ビームせどりは店舗仕入れで役に立つ
  • アプリを入れると実践しやすい
sp-ikeda

ビームせどりとは?利益商品が見つかりやすい?

ビームせどりとは、バーコードを読み取って利益商品を探すリサーチ方法であり、店舗せどりでは主流になりつつあります。

スマホとバーコードリーダーが搭載されているアプリを使用することで、実践できます。

 

 

商品には、それぞれJANコードと呼ばれるものが付与されていますが、こちらは個別につけられているものなので、1商品1コードしか存在しません。

このJANコードを専用のアプリで読み込むと、需要のグラフや売れ筋などがわかるため、店舗せどりに最適です◎

 

池田池田

現在は規制されている店舗も多いですが、イオンやドン・キホーテなどは、規制されていないため実践しやすいですよ♪

ビームせどりをするメリット3選!

ビームせどりは、以前に比べるとアプリが登場したことにより、リサーチが簡単になりました。

販売先をAmazonにするなら、”アマコード”などが有名です。

 

バーコードを調べるだけで、簡単に仕入れ判断ができるのは、ビームせどりの醍醐味でしょう。

その他にも、ビームせどりにはメリットがあるので、しっかり押さえておきましょう。

 

ビームせどりのメリット
  • コードを読み取るだけでリサーチが可能
  • 店舗せどりに役に立つ
  • リサーチの効率化につながる

 

なかでも、コードを読み取るだけでリサーチができるのは、ビームせどりの魅力です。

店舗せどりは、時間を変えずに多くの商品をリサーチしたいのが本音ですが、ビームせどりほど効率よくリサーチできれば、利益につながります。

コードを読み取るだけでリサーチが可能

ビームせどりでは、バーコードリーダーを使ってリサーチしていくわけですが、アプリを使えば簡単にリサーチできます。

以前は、小型のバーコードリーダーをつけていましたが、結構目立つので今使っている人はほとんどいません。

 

有名なアプリを上げると、以下が代表的です。

 

【コード読み取りにおすすめなアプリ】

  • せどりすと
  • せどろいど
  • アマコード

 

この辺は、特にコード読み取りにおすすめです。

アプリをインストールして、JANコードを読み取るだけでリサーチできます。

 

 

実際にコードを調べると、このように情報が出てきます。

精度が高いアプリなら、Keepaやデルタトレーサーのグラフを表示してくれるため、一目で仕入れ対象になるかどうかの判断が可能です。

 

池田池田

店舗でリサーチに時間をかけたくない人は、利用して損はなさそうですね!

店舗せどりに役に立つ

ビームせどりは、店舗せどりに役に立ちます。

むしろ、ビームせどりは店舗せどりをする際にしか活用できない手法です。

 

店舗せどりをする際ですが、リサーチをする際は思いのほか時間がかかってしまいます。

事前に仕入れたい商品があるなら別ですが、成り行きで店舗に行った場合は、高確率で何も仕入れないで終わることがほとんどです。

 

リピート仕入れではない限りは、アプリやツールを使ってリサーチをすることがほとんど。

 

 

その際に、JANコードを読み取れるようなアプリがあると便利です♪

ブックオフやハードオフでは、一部店舗でビームせどりが禁止されていることがあるため、新品商品を仕入れられるようなイオンやドン・キホーテがおすすめ!

 

ライバルが多い店舗ですが、縦積みも可能なので仕入れ店舗として最適ですよ♪

リサーチの効率化につながる

ビームせどりをすれば、リサーチの効率化につながり、店舗に滞在する時間が短くなります。

JANコードを読み取るだけで簡単にリサーチできるビームせどりは、普通に店舗でリサーチするよりも利益商品が見つかりやすいです。

 

することといえば、ただバーコードをスキャンするだけです。

ツールにもよりますが、データ表示にかかる時間は数秒。

 

手順は非常に簡単で、以下の流れで進めていきます。

 

【ビームせどりの手順】

  1. 利益になりそうな商品を手に取る
  2. 商品価格をチェックする
  3. JANコードを読み取る
  4. 価格差を調べる
  5. ④で価格差があるなら仕入れる

 

この流れを繰り返して稼いでいくのが、ビームせどりです。

商品片手に、ツールを開いて手動で商品のデータを打ち込んで検索するのは非効率すぎます……。

 

池田池田

せっかく店舗で仕入れるわけなので、バーコード読み取りアプリは用意したほうがよさそうです!

逆にビームせどりのデメリットは?

ビームせどりは、JANコードを読み取ればだれでも実践できます。

利益商品が見つかりやすいので、実践する人も多いですが、デメリットもあるため注意しましょう。

 

具体的なデメリットは、以下のとおりです。

 

【ビームせどりのデメリット】

  • 店舗で禁止されていることがある
  • 読み取れないケースも多い※中古の場合

 

特に、一部店舗ではビームせどりが禁止されているケースがあります。

クリーンなビームせどりをするためにも、スタッフから注意されたら、速やかに中止するようにしましょう。

店舗で禁止されていることがある

ビームせどりは、スマホ片手に商品のバーコードを読み取るので、周りからするとかなり異端な光景です。

スマホを取り出して、無数の商品をスキャンしては棚に戻す作業ですからね……笑

 

第三者ならいいですが、店舗スタッフからすると不審者だと思われても仕方ありません。

いずれはマークされてしまい、「そういう行為は迷惑なので遠慮願います」と言われてしまうかもしれません……。

 

実際、店舗ではビームせどりを禁止しているところも多いです。

商品を購入してくれることに変わりはありませんが、他のお客様の迷惑になる可能性があるため、実践する際は店舗のルール・指示に従うことが重要です。

読み取れないケースも多い※中古の場合

ビームせどりをする際ですが、基本的にJANコードを読み取ればどこでも実践可能です。

しかし、店舗もビームせどり対策を実施していることがあります。

 

よくありがちなのが、バーコードのに値札を貼る対策です。

 

 

ブックオフやハードオフにありがちですが、JANコードの上に値札シールを貼ることで、情報を読み取れないようにしています。

この場合、いくらスキャンをしても情報が読み取れないので注意しましょう。

ビームせどりで最低限必要なもの・ツールを紹介!

ビームせどりは、スピーディーなリサーチができるため、効率よく商品を仕入れたい人におすすめです♪

本格的ビームせどりをするなら、小型のバーコードスキャナを購入したいところですが、最近では便利なアプリも出てきたので、そちらで代用するのもありです◎

 

仮に、あなたがビームせどりをこれから実践しようと思っているなら、以下を最低限用意しておきましょう。

 

【ビームせどりで必要なツール】

  • スマホ
  • せどりツール

 

この二つを用意しておけば、ビームせどりを実践しやすくなります◎

特に、スキャンに欠かせないせどりツールは、必ず用意しておきましょう。

スマホ

ビームせどりをする場合ですが、スマホが必要です。

店舗せどりをする人は、スマホを持っていると思いますが、リサーチ時に必要になってくるので、準備しておきましょう。

 

ちなみに、後述するツールは、スマホによって対応していないことがあります。
※OSによって使用できない可能性がある

仮に、店舗せどりをする際に、リサーチ専用の中古のスマホを購入したい場合は、アプリが対応しているかどうかチェックしてから使うようにしましょう。

 

 

また、本格的にバーコードスキャナを使う場合も、対応機種を調べておく必要があります。

決して安いものではないので、間違って購入しないように注意しましょう。

せどりツール

ビームせどりをする場合は、せどりツールが必須です。

むしろ、せどりツールがないとビームせどりができないので要注意です。

 

機能性が優れているものを挙げると、以下のツールがおすすめです。

 

【ビームせどりにおすすめのツール】

  • せどりすと
  • せどろいど
  • アマコード

 

これらのツールは、店舗せどりで活躍するツールです。

豊富な機能があるツールを利用したいなら、せどりすとを利用しましょう。

 

 

バーコードスキャンが可能で、仕入れに必要な価格の推移や需要のチェックが可能です。

その他のツールもビームせどりに最適なので、活用していきましょう。

ビームせどりのやり方・手順を徹底解説!

ビームせどりをしたいと思っても、「どうやって始めればいいの?」と思う人も多いと思います。

そういう人のために、ビームせどりを実践する手順を解説します!

 

具体的な手順は、以下のとおりです。

 

【ビームせどりをする手順】

  1. リサーチしたい商品を手に取る
  2. せどりツールを起動する
  3. バーコードをチェックする

 

これらの手順で、誰でも簡単に実践できます。

店舗せどりをする際は、必ずスキャンができるツールを使用して、リサーチしていきましょう!

1.リサーチしたい商品を手に取る

まず、ビームせどりをする際は、リサーチしたい商品を選ぶところから始めましょう。

「どういう基準で選べばいいの?」という人がいますが……

 

全頭リサーチが一番です!笑

 

全頭リサーチとは、在庫の商品をすべてリサーチすることを指し、時間はかかりますが、利益商品が見つかりやすくなります。

ビームせどりは初心者向けのせどり手法なので、売れ筋がわかっていない場合は、全頭リサーチをして利益商品を見つけたほうがよいです。

 

例えば、店舗せどりでよく使うことが多いブックオフで仕入れる場合は、棚を絞ってリサーチしていきます。

 

 

このように、一列に棚が並んでいます。

端から端までリサーチすれば、さすがに利益商品は見つかりますよ◎

2.せどりツールを起動する

商品を手に取ったら、せどりツールを起動しましょう。

個人的にリサーチにおすすめなのは、アマコードかせどりすとです!

 

 

いずれも、バーコードスキャンができるツールですし、ビームせどりに最適ですよ♪

リサーチ対象の商品を手に取ったら、スキャンできるツールを起動して、いつでもスキャンできる状態を作っておきましょう。

 

ちなみに、何度もスキャンするため、モバイルバッテリー必須です!
(スキャンアプリは結構バッテリーを消耗します……)

3.バーコードをチェックする

バーコードがスキャンできる状態になったら、最後にバーコードをスキャンしていきます。

スキャンする際は、JANコードに限ります。

 

 

店舗によっては、JANコードの場所に値札シールが貼られていることがあるので、注意しましょう……。

はがしてスキャンしたいところですが、他のお客様や店舗スタッフの迷惑になるため、スルーします。

 

スキャン対象の商品は、あくまでもJANコードが表示されているものです。

それぞれバーコードをスキャンしていき、利益商品を見つけていきます。

 

池田池田

難しい手順はないので、ツールをDLしてリサーチしていきましょう!

まとめ

ビームせどりは、店舗で仕入れ・リサーチをする際に積極的に実践したい手法です。

バーコードを読み取るだけで、簡単にリサーチができるため、効率よく店舗でリサーチしたい人は実践しましょう。

 

アマコードやせどりすとを使えば、簡単にJANコードが読み取れます。

スキャンした後は、表示されたデータをもとに、リサーチしていくのみです◎

 

ただし、場所によってはスキャンが禁止されているところもあるため、その場合は店舗のルールに従いましょう。



今ならLINEで書籍含む10個の豪華特典をプレゼント


かつて鬱で苦しんだ池田だからこそわかる稼ぎ方を伝授します


【お申し込みはこちら】お気軽に無料でご相談ください