転売では複数の商材を仕入れいきますが、ライバルが多いジャンルだと価格競争などに巻き込まれてしまうので注意したいところです。

ライバルが少ないジャンルなら市場を独占できますが、そこでおすすめなのがウイスキーです!

 

池田池田

ウイスキーはプレ値がつくものもあり、資産として保有している人も少なくありません!

 

「ウイスキーは転売できる商材?」

「本当にウイスキーを転売して利益は出るの?」

 

今回は、このような悩みを抱えているの人のために、ウイスキーが実際に転売できるかどうかを解説します!

結論を言うと、ウイスキーは転売できる商材で、仕入れている人も多いですが、販売には免許が必要になるケースがあるので注意しましょう。

 

【よくわかる解説】

  • 山崎は利益になりやすい
  • ウイスキー転売は専用の許可が必要
  • 不用品処分の場合は許可は不要

 

sp-ikeda

ウイスキーは転売できる商材?

転売では、多くの商品を仕入れることがありますが、ライバルが少ないものを仕入れれば市場独占ができます。

現代ではせどりを実践する人が増えてきたことがあり、ライバルが少ない商品は皆無に等しいですが、ウイスキーはライバルが少ない部類だと思います!

 

そもそも、販売に際して酒類販売業免許が必要ですし、販売する難易度が高いですからね……。

ただ、メルカリなどを見ると、商品が普通に販売されています。

 

 

ウイスキーを転売する場合、免許が必要になる場合と不要な場合で分けられます。

それぞれの条件は、以下のとおりです。

 

【免許が必要な場合・不要な場合】

  • 不用品処分・コレクション売却で出品した
    →販売免許不要
  • 転売目的での所持・購入
    →販売免許必要

 

大掃除などでウイスキーが見つかることがりますが、そのような商品を転売する場合は、基本的に必要ありません。

しかし、酒屋などから仕入れて転売する場合は、免許が必要です。

転売そのものが禁止されているのではなく、継続してウイスキーを転売する場合に無免許で販売すると、逮捕される可能性があります。

 

池田池田

この辺を把握していない人が多いので、ウイスキーを仕入れる際は注意しましょう。

ウイスキーの転売が違法になるケースを紹介!

ウイスキーの転売は、正しく仕入れて転売すれば違法になるケースはありませんが、状況次第では違法になってしまいます。

仮に、ウイスキーを仕入れようと思っているなら、違法になるケースをしっかり把握しておきましょう。

具体的に、違法になるケースは以下の二つです。

 

【ウイスキー転売が違法になるケース】

  • 古物商許可証なしに転売した→古物営業法違反
  • 酒類販売業免許なしに転売した→酒税法違反

 

まず、古物商許可証なしに出品した場合です。

古物商許可証とは、古物営業法で古物として認められた商品を継続して仕入れて転売する場合に必要な許可証のこと。
(私も所持しています!)

この許可証を所持せずに転売すると、ウイスキーに限らず違法になってしまいます。

 

 

実際に、古物営業法違反で逮捕された人もいるので、注意しましょう。

次に違法になるケースが、酒類販売業免許なしに転売した場合です。

 

酒類販売業免許は、お酒を継続的に転売する場合に必要な免許のことで、ウイスキー転売には必ず必要です。

実際に所持せずに転売したとして、逮捕された人も少なくありません。

 

 

取得する条件は少し厳しいですが、手順に沿って進めれば無理なく取得できるので、継続的に仕入れるなら紹介する手順で取得して用意しましょう!

ウイスキー転売で用意したい資格一覧!

仮に、あなたがウイスキー転売をする場合は、免許・資格を取得しなければなりません。

ウイスキー転売で必要な免許は、大きく分けると2つです。

 

 

【ウイスキー転売に必要な免許】

  • 酒類販売業免許
  • 一般酒類小売業免許

 

この二つを取得したうえで、ウイスキー転売はしなければなりません。

酒税法で定められており、守らずに転売した場合は、逮捕されるので注意しましょう。

しかし、これには例外があり、不用品処分やコレクションの売却なら必要ありません!

 

池田池田

商品を仕入れて転売する場合は、必ず用意しておきたい資格なので、用意しましょう!

 

酒類販売業免許

ウイスキーを継続的に転売する場合は、酒類販売業免許が必須です。

しかし、酒類販売業免許はどのようにウイスキーを販売するかで、取得するものが異なります。

主要な免許は、大きく分けて以下の二つです。

 

【酒類販売業免許の種類】

  • 酒類卸売業免許
    →メーカー・製造者などが取得するべき免許
  • 酒類小売業免許
    →飲食店・一般販売者が必要な免許

 

仮に、あなたが個人でウイスキーを仕入れて転売する場合は、後者の酒類小売業免許が必要になります。

しかし、通販サイトを使って転売する場合は、小売業免許のほかに”通信販売酒類小売業免許”が必要なので注意しましょう。

また、個人でお酒を転売する場合は、販売規制があります。

 

【お酒転売の規制の概要】

  • 輸入酒
  • 小規模酒造で製造された地酒・日本酒・焼酎
  • 年間3,000キロリットルのみ

 

大々的にウイスキーを仕入れて転売しても、年間3,000キロリットル以上転売することはまずありません。

プレ値のものを仕入れて転売する分には、単体仕入れしかおこなわないので安心です!

 

一般酒類小売業免許

次に、お酒を転売する際に必要になる免許です。

こちらの免許は、法人で取得する場合は税務署にて申請が可能ですが、個人で仕入れる場合は開業届を出す必要があります。

特別な試験はありませんが、取得条件があるのでそちらを把握しておきましょう。

 

具体的な取得条件は、以下のとおりです。

 

【一般酒類小売業免許の取得条件】

  • 需要・供給調整要因:お酒の販売先が法人・飲食店以外であること
  • 人的要因:酒類販売をする人に該当しているかどうか
    ※破産履歴があるとNG
  • 経営要因:酒類販売業を営んだことがあるか、自己資金があるかどうか
  • 場所的要因:お酒の販売先が適しているかどうか
    ※ウイスキー転売はネットを販売先に使うため問題ない

 

基本的に、破産歴がない人ならだれでも取得できますが、酒類販売業の経歴がネックになってきます。

酒屋などでアルバイトをしている人や、お水の経験がある人なら審査にとおりやすいと聞いたことがあります。

ただ、酒類販売業の経験がない人でも、免許取得ができた話も聞いたことがあるので、一概には言えません!

 

池田池田

誠実な対応をすれば、だれでも取得できる免許だと思うので、積極的に仕入れていきましょう!

Amazonにウイスキーは転売できる?

お酒の転売をする際は、基本的にメルカリかヤフオクを使用していきます。

この話をすると、「Amazonでは転売できないの?」という人が多いです。

結論を言うと、Amazonでお酒を転売する場合は、かなり条件がありウイスキーはそもそも出品できません。

 

セラーセントラルにて、酒類の取り扱いをする場合ですが、以下の条件があります。

 

【Amazonで出品できるお酒の種類】

  • アルコール度数1%未満
  • お酒関連のアクセサリー類
    (例:栓抜き、デキャンタ、ワインオープナーなど)
  • アルコールを含まないワイン・ビールの製造キット
  • アルコールを含むお菓子・食品
    (例:チョコレートなど)

 

つまり、アルコール度数1%以上のものは出品できません。

ウイスキーは当然出品できませんし、規制の対象になるので注意しましょう。

ウイスキー転売で仕入れたいおすすめ銘柄3選!

ウイスキーは転売で儲かるジャンルの割には、ネットではあまり取引されていないので、ライバルが少なく独占できる可能性があります。

仮に、ウイスキー転売をしたいと思っているなら、売れる銘柄について把握しておきましょう。

 

複数のおすすめ銘柄がありますが、今回紹介するのはいずれもジャパニーズウイスキーのみです。

国内産のウイスキーでも、世界で人気があるものが多いため、仕入れれば利益になりますよ♪

特におすすめなウイスキーは、以下のとおりです。

 

【ウイスキー転売で仕入れたい商品】

  • 山崎
  • イチローズモルト

 

これらのお酒は、いずれもプレ値になる可能性があるお酒です。

入手難易度は高いですが、仕入れられれば1本あたり100万円以上で売れるものもあるため、爆益が狙えます!

 

仮に、ウイスキーを仕入れようと思っているなら、売れる銘柄を参考にして仕入れてくださいね♪

 

山崎

ウイスキー転売で欠かせないのが、山崎です。

ジャパニーズウイスキーとしてかなり有名で、世界初ウイスキーのアカデミー賞で1位を獲得したことがある銘柄でもあります。

 

 

このようなウイスキーをバーなどで見たことがある人がいると思いますが、酒屋やドラッグストアなどで手に入れやすいです。

ただ一般流通している山崎は、そこまで値段が付きません。

 

特に値段が付くのは、以下の年代・銘柄です。

 

【山崎で利益になる銘柄】

  • 山崎12年:5万円台
  • 山崎18年:8~10万円台
  • 山崎25年:60万円台

 

通常の山崎でも、1万円程度で取引されています。

山崎25年は記念品として製造されたもので、流通数が極端に少ないことから、市場ではプレ値になっています。

以前メルカリで売れていた山崎25年は、1本あたり60万円で売れていました!

 

まれに酒屋などに流れ込んでいることがあるので、仕入れ対象にするとよいでしょう。

 

サントリーで販売されているウイスキーは山崎だけではなく、響もあります。

こちらもウイスキー転売で仕入れたい商品です!

ジャパニーズウイスキーですが、世界で高い評価を受けているので、仕入れ対象にしていきましょう。

 

売れる銘柄は、以下のとおりです。

 

【響で値段が付く銘柄・年代】

  • 響ゴールドラベル:7万円~8万円
  • 響18年;8万円台
  • 響21年:6万円台
  • 響30年:50万円台

山崎に比べると、大きくプレ値になるものは少ないですが、30年の響は限定で製造されたため、50万円台で取引されています。

 

 

新品のウイスキーで、55万円で販売されていました。

付属品がなくても30万円台で販売されていたので、仕入れ対象にするよいでしょう。

 

イチローズモルト

ウイスキー好きなら主流の銘柄ですが、イチローズモルトはプレ値にあるウイスキーです。

1本あたり100万円で楽された年代物もあるため、リサーチしていきましょう。

秩父の酒造所で製造されているジャパニーズウイスキーですが、一般流通しているものはそこまで高くありません。

 

3,000円~4,000円台で販売されています。

しかし、年代物・限定品だとプレ値がついています。

 

【イチローズモルトでプレ値になる銘柄】

  • イチローズモルトミズナラ:1~2万円台
  • イチローズモルトカードシリーズ:100万円~200万円

 

山崎や響に比べると、そこまで銘柄の種類が多いわけではありませんが、カードシリーズは100万以上で取引されています。

 

 

創業者の直筆サインが入ったもので、270万円で取引されていました。

希少性が高いウイスキーは、高値で取引されます。

限定品ですが、抽選に応募して当選すればだれでも購入できます!

 

池田池田

難易度は高いものの、狙う価値は十分ありますよ!

まとめ

ウイスキーの転売は、Amazonではできませんが、ヤフオクやメルカリでは頻繁におこなわれています。

不用品処分として転売する場合は免許は必要ないですが、仕入れて転売する場合は、”通販酒類小売業免許”が必要になるので注意しましょう。

 

ちなみに、ウイスキーの転売をする場合は、基本的に年代物を狙っていきます。

酒屋などに一般流通しているものは、価格差が取れないケースが多いので注意しましょう。

 

仕入れ難易度は高いですが、仕入れれば爆益が期待できるものもあるので要チェックです!

 



今ならLINEで書籍含む10個の豪華特典をプレゼント


かつて鬱で苦しんだ池田だからこそわかる稼ぎ方を伝授します


【お申し込みはこちら】お気軽に無料でご相談ください