ビジネスを成功させるうえで大切なのは、やはり「今後流行るビジネス、何がくるか?」を正確に予測すること。

つまり、「今後流行るビジネスは何なのか?」を理解して、いち早く参入することがポイントとなります。

本記事を読んでいる人の多くは、

  • 今後流行るビジネスで、利益を出したい!
  • でも、どうやったら、今後流行るビジネスって見つかるんだろう?
  • 今後流行るビジネスって何があるんだろう?
  • 自分にもできるのかな?

といった思いを持っているはずです。

ただし、新しい、しかも今後流行るビジネスを見つけるのはカンタンではありません。

そこに漬け込まれ、安易にネットビジネスへ飛びついて、失敗する人も多くいます。

今回ではそういった人を対象に、

  • 2022年、今後流行るビジネスを見抜くうえでの観察
  • 具体的に今後流行る可能性のあるビジネス
  • ビジネスを立ち上げるうえでの注意点

などについて解説します。

私は副業主業問わず、転売での稼ぎ方を教えていますが、何もそれだけがすべてではありません。

副業や独立を視野に入れている人は、ぜひ参考にしてください。

本記事を読めば、今後流行るビジネスがなんなのか理解できるようになるでしょう。

池田池田

同時に、「自分でもビジネスができる!」という自信が湧いてくるはずです。

sp-ikeda

2022年、今後流行るビジネスはコロナ渦が大きく影響している

今後流行るビジネスを知るためには、「コロナ禍の影響」をきちんと把握することが、一つのポイントとなります。

2020年ごろから始まったコロナ禍により、経済やビジネス、暮らしの様子は大きく変化しました。

これは「グレート・リセット」なんて呼ばれ方もしていて、特にビジネスシーンは大きく揺れ動いています。

レジャーや外食といった分野は、グレート・リセットで大打撃を受けました。

一方でコロナ禍だからこそ、「今後伸びていくかも」として注目されている分野や業態もあります。

つまり「コロナ禍がむしろ後押しとなるのが、”今後流行るビジネス”」だと、ある程度言えるわけです。

特にスモールビジネスでは、この傾向が強いと感じられます。

さらに今後は、「ウィズコロナの時代になる」と言われています。

だから、コロナ禍による影響で何が変わるのかを見つめるのは重要です。

ただし、コロナ禍と影響がない、あるいは薄くても、今後流行るビジネスは出てきます。

池田池田

コロナ禍との兼ね合いだけを見ておけばよいわけでもないことは、覚えておきましょう。

ちなみに本格的なビジネスではなく、「お小遣いを稼ぐ程度の副業」に向いている、スモールビジネスもたくさんあります。

どういうサイズのビジネスを展開したいのかを踏まえて、何にチャレンジするか決めましょう。

関連記事:スマホだけで仕事するのは簡単?大きく稼ぐならパソコン必須!

今後流行るビジネスにおいて小さな変化を見逃してはいけない

今後流行るビジネスは、その辺に転がっているわけではありません

そのヒントは、普段なら気づかない「ほんの小さな変化」に隠されています。

だから、今後流行るビジネスを見つけるなら、小さな変化を見逃してはいけません

ドリームゲートアドバイザーの新井一氏も、「今後流行るビジネスについて、身近な変化を見逃してはいけない」という見解を述べています。

では、実際にコロナ禍を例題として、「小さな変化」とはどんなものなのか、少し考えてみましょう。

 

マスクが日常的になった

コロナ禍が始まってからは、「マスクをつけなければ外にも出れない」時代になりました。

もう、マスクなしで外へ出ていく人は、ほとんどいないでしょう。

テレビでも、スポーツ選手はマスクしていたりするし、芸人なんかはアクリル版越で漫才をしています。

となると、「今後流行るビジネスは、”マスクが必要な環境下にフィットするもの”」と言えるかもしれません。

だとしたら、

  • 他の人とは違う、ちょっとおしゃれなマスク
  • マスクに合ったメイクを教えるセミナー
  • マスクをつけているときの圧迫感を軽減するマッサージ

などが、「今後流行るビジネスではないか?」と感じられないでしょうか?

このように「マスクをつけている」というところからも、いくつか今後流行るビジネス」が見えてくるはずです。 

 

テレワークが増えた

また、コロナの影響でテレワークが一気に普及しました。

もう、「テレワークしたことがない人」の方が珍しいのではないでしょうか?

テレワーク

テレワークが普及したということは、

  • 在宅で働くことが増えた
  • 会社に行く回数が減った
  • 運動の習慣が減った
  • 外出する回数が減った
  • オンラインでやりとりすることが増えた

などの変化が伴います。

こういった変化からは、さまざまな「今後流行るビジネス」が見えてくるでしょう。

 

健康志向が強くなった

新型コロナウイルス感染症は、もともと病気を持っているなら死ぬ危険性がある疾患です。

というよりも、病気どころか喫煙習慣が原因で致死率は高まるという指摘もあります。

志村けんも、そういったことが原因で、70歳という若さでこの世を去ることになったとも言われていますね。

だとしたら、主に各種疾患を意識した健康に関する分野は、「今後流行るビジネス」だと判断できるでしょう。

また、「年金だけでは不安だから、健康になって働きたい」と考えている高齢者も増えています。

そういった人が増えている背景からも、今後流行るビジネスが見えてくるかもしれません。

 

エコバック市場が盛り上がった

エコバッグ市場も、大きな盛り上がりを見せています。

これも一つの変化であり、「今後流行るビジネス」を見出せる部分です。

コロナ禍により外食することがやや難しくなり、在宅で食事するケースが増えました。

つまり、自炊するケースが増えているのです。

となると、スーパーなどでエコバッグを利用するケースが急増していると考えられるわけですね。

先述の新井一氏も、「エコバッグの市場が拡大していく」と予想しています。

 

LINEリサーチの調査によれば、利用率は全体で8割弱まで伸びているとのこと。

LINEリサーチ
引用:LINEリサーチ

 

この変化に着目すれば、「今後流行るビジネス」を見出せるかもしれません。

池田池田

チャンスがありそうな話には、しっかりと耳を傾けましょう

今後流行るビジネス9選

とはいえ、「具体的に、何が今後流行るビジネスなのか」が浮かばない人もいるでしょう、

また、浮かんだとしても、実現できる気がしないといった部分もあるかもしれません。

今回はあくまでも一例ですが、「今後流行るビジネス」と言えるものを9つ紹介します。

いずれもスモールビジネスなので、ある程度誰でもチャレンジできる余地があるでしょう 。

 

移動車販売ビジネス

今後流行るビジネスとしては、「移動車販売ビジネス」が挙げられます。

駅前などで、メロンパンやケバブサンドをワゴンで売ったりしているのを見たことはないでしょうか?

移動車販売
引用:Twitter

 

アレこそが、移動者販売ビジネスです。

移動車販売ビジネスは、なんといってもテナント料がかからないのが魅力的

それでいてあらゆる場所へ移動でき、チャンスを逃しません

車や調理器具を用意できるなら、かなりトライしやすい「今後流行るビジネス」でしょう。

 

自分の撮った写真を売る

今後流行るビジネスとしては、「自分の撮った写真を売る」というものもありえるでしょう。

いわゆるフリーランスのカメラマンとして活動するということですね。

カメラが好きな人は、ぜひトライしてみましょう!

撮った写真は、写真AC」や「ShutterStock」などで販売することが可能です。

(引用:Shutterstock

もちろん、誰かに依頼されて、その人自身撮影するというビジネスもあります。

たとえば、結婚式や入学式にはじまり、マッチングアプリで利用するプロフィール写真などですね。

最近はコロナの影響で結婚式ができず、「フォトアルバムを撮影する」というカップルもいます。

そんな時、フォトアルバムを撮影できるフリーランスのカメラマンは、すごく重宝されました。

というように今は、カメラマンの稼ぎどきとも言えなくもありません。 

 

レンタルで稼ぐ

レンタルで稼ぐ、というのも、今後流行るビジネスの一つです。

何がレンタルビジネスとして成り立つかは、本当にわからないもの。

とんでもないジャンルが成功することもあります。

例えば、

  • 女装グッズ
  • 犬猫用の車椅子
  • 彼氏・彼女

など、想像の斜め上をいくものがレンタルとして成立しています。

女装レンタル
引用:livedoor

 

彼氏・彼女はさておき、「あまり人が持っていないもの」なら、なんだってレンタルビジネスとして成立する可能性があると言えるでしょう。

もしかしたら、あなたが集めているものが、多くの人から必要とされているかもしれません。

今後流行るビジネスで、レンタルが成立させられないか考えてみましょう。

 

ネットショップで稼ぐ

ネットショップは、今後流行るビジネスの代表格と言えるでしょう。

インターネットの進化が続く限り、ネットショップの需要はとどまるところを知りません。

また、ネットショップならテナント料や人件費が大きく抑えられます。

何を売るか、いくらで売るかというのもすべて自分の自由です。

たとえば「BASE」などであれば、カンタンに自分のネットショップを開設できます。

(引用:BASE

なお、FinTのCEOである大槻祐依氏は、「2021年はSNSとECサイトの連携」について期待を寄せていました。

BASEはECサイトに近いので、SNSと合わせて運用すれば、より合理的かもしれません。

また、2022年も、彼が言うようにSNSとECサイトの連携を活用すれば、今後流行るビジネスとしてECサイトはさらに魅力的だと言えるでしょう。

 

輸入、輸出ビジネス

輸入・輸出ビジネスも、今後流行るビジネスとして考えられます。

簡単に言えば、ある国から仕入れたものを、ある国で高く売る、ということですね。

ネットショッピングが発達していて、外出する機会が少ない昨今を考えれば、「今後流行るビジネス」と見て間違い無いでしょう。

輸入・輸出ビジネスにおいては、とにかく「どこの国で、何が必要とされているのか?」が重要です。

これを掴んでしまえば、今後ある程度稼げるビジネスになるでしょう。

 

コンサルタント系のビジネス

コンサルタント系のビジネスはかなり難易度が高いものです。

その分野についてものすごくよく知っている必要があります。

また、自分自身のコンサルティング能力を売り込むアピールも必要です。

しかし、今後流行るビジネスの中では、かなり収益性が高いのがポイント。

ちゃんと結果を出せるなら、今後一気に収入アップが狙えるビジネスです。

 

フードデリバリー

フードデリバリーは、2022年以降、今後流行るビジネスだと言えるでしょう。

フードデリバリーと言えば、Uber Eatsや出前館のことですね。

(引用:UberEats

コロナの影響で巣ごもりする人が多くなり、デリバリーで食事を頼む人が増えました。

多くの人は、実際にオーダーしたことがあるのではないでしょうか?

2022年にもコロナがおさまる気配なく、まだまだ外食には行きづらい状況は継続しそうです。

今後もフードデリバリーは、注目されるでしょう。

Mr.CHEEESEKAKE代表である田村浩二氏も、2021年以降はフードデリバリー含むフードテックが流行ると予測しています。

フードデリバリーについては、大手などを追って、小規模なデリバリーサービスを展開する新勢力も現れました。

もちろん、自分自身がフードデリバリーをサービスとして展開する方法もあるでしょう。

大手サービスのエリア外や、地域密着型のサービスなら、チャンスはあるかもしれません。

ごくごく小さなエリアで需要を独占する程度なら、現実的な範囲です。

 

ゲーム関連のビジネス

すでに大流行りしていますが、ゲーム関連のビジネスは、2022年以降もさかんになるでしょう。

特にFPS(銃で戦うゲーム)などは人気が高く、たいへん注目を集めています。

ゲームの大流行に合わせてビジネスをやるなら、

  • 攻略サイトを作る
  • ゲーム実況者になる
  • RMTをする
  • キャラクターの育成を代行する

など、さまざまなビジョンが考えられます。

自分の好きなゲームで、やりやすい方法を選ぶとよいでしょう。

また、自分がプレイヤーとして活躍するというプランも、なくはありません。

いわゆるe-Sportsで戦うというわけですね。

e-Sportsの世界は、ゲームが上手であれば、ものすごく稼げるものです。

たとえばカードゲームアプリ「Shadow verse」の2019年世界大会優勝者の賞金は、なんと1億1千万円。

(引用:YouTube

もちろん世界一になるのはむずかしいですが、今後も小規模な大会やイベントならチャンスはあります。

そういったところで成績を残せば、1億千万円とまではいかないまでも、ある程度の賞金や出演料などで稼ぐことが可能です。

 

サブスクのビジネス

近年、誰でも一つは登録して利用しているであろう「サブスクリプション」。

AmazonプライムやYouTubeプレミアムなど、月会費で使い放題、というビジネスモデルですね。

他にも居酒屋の「月額飲み放題」なども、サブスクのひとつと言えます。

うまく立ち回れば放っておくだけで月々お金が入ってくるしくみを作ることが可能です。

スモールビジネスに置き換えて考えると、オンラインサロンやファンクラブなどが挙げられるでしょう。

自分自身を商品にしてファンを集めることで、サブスクリプション的な収入が得られます。

池田池田

今はSNSでいくらでも自分をアピールできるので、「今後流行るビジネス」としてとらえられるでしょう。

今後流行るビジネスを始める注意点

今後流行るビジネスをしっかり追いかければ、きっとチャンスは回ってくるでしょう。

ただし、ビジネスを始める上では、いくつもの注意点があります。

やはり経営者と会社員、求められる知識や素養は異なるものです。

経営者になる自覚を持って、知っておくべきことはきちんとおさえておきましょう。 

 

税金について学んでおく

今後流行るビジネスにチャレンジするなら、税金のことはきちんと学んでおくことが重要です。

会社で働いている場合と、自分でビジネスをやっている場合では、関係する税金の種類や仕組みが大きく違います。

  • 確定申告のやり方
  • 税制のしくみ
  • 税金をおさえる方法

などについても、よく知っておかなければいけません。

たとえば今後流行るビジネスを法人で経営する場合は、法人税が発生します。

そして、税金に対して何も対策していないと、余計な税金を払うことになるものです。

そのため、

  • いかにして今後の税金を抑えるか
  • 税金をおさえられる税理士とどのようにしてつながるか

といった部分も重要です。

関連記事:せどりの確定申告で損をしていませんか?税金が戻る9つの方法

 

資金を貯めておく

今後流行るビジネスにトライするなら、資金はきちんと貯めておくのも大切。

この資金を持っていないと、何かあった時にすぐビジネスが破たんしてしまいます。

たとえば、1,000万円の余剰資金があるとしましょう。

すると、何かとんでもないことがあっても、「とりあえず今1,000万円はあるから、なくなる前の今後の対策を考えよう」という行動も取れるようになるわけです。

何があっても困らないように、きちんと「先立つもの」は用意しておきましょう。

 

長期的な視点をもつこと

今後流行るビジネスに取り組んだとしても、大抵すぐに成功するわけではありません。

今は誰でも知っているサービスも、最初は長期的な視点に基づき、少しずつ成長したから今があります。

Appleはガレージから…という話ではありませんが、とにかくすぐに成功できることは稀です。

基本的にビジネスは、短期で稼ごうとすると失敗しやすくなるし、長期的に稼げなくなる部分があります。

しかし長期的な視点でビジネスを進めれば、失敗はある程度避けられるわけです。

例えば一昨年くらいまで、タピオカミルクティーが流行っていました。

しかしブームというのはいつしか去るものであり、長期的に利益が出るビジネスではありません。

「ブームに乗って短期で稼ぐ」といった例外もありますが、基本的には長期的な視点を持つようにしましょう。

今後流行るビジネスがどれだけ継続できるのか、とても重要なポイントとなります。

 

まとめ

今後流行るビジネスを見抜くためには、いかに「世の中の変化を知り、そこからアイデアを導き出せるか」が重要です。

ひょんなことからスモールビジネスにつながるチャンスは意外とあるもので、あとはそれに気づけるか、実行できるかがポイントとなるでしょう。

特に現在は、コロナ禍との関係性から逆算するのがポイントとなります。

池田池田

とはいえ、長期的な視点で考えれば、できれば「終息してからも続けられる、今後流行るビジネス」を見つけたいところです。

関連記事:確実で安全な会社員にもおすすめな副業を暴露!

<参考>

起業家たちのトレンド予測!コロナ禍を経て、2021年はどんな年になるのか?(後編)

2021年に流行るビジネスはこれだ!ニューノーマル時代のスモールビジネス予測

 



今ならLINEで書籍含む10個の豪華特典をプレゼント


かつて鬱で苦しんだ池田だからこそわかる稼ぎ方を伝授します


【お申し込みはこちら】お気軽に無料でご相談ください