30代になると、やはり貯金というのが一つの課題となってきます。

結婚や出産などのことを考えると、やはりどう考えても30代には貯金が必要です。

人それぞれですが、平均で考えても数百万円単位の貯金は必要でしょう。

この記事を読んでいる人は、

  • 30代の平均的な貯金額は、いくらくらいなのだろう?
  • みんなはどれくらい貯金しているのかな?
  • 自分は貯金ゼロ円なんだけど、やばくない?

と、思っている人も多いはず。

口コミ

上記画像のようなことですね。

今回の記事では、

  • 30代の平均的な貯金額
  • 30代には、どれくらいのお金が必要なのか
  • 平均的な貯金額を貯めるには、何ができるか

といった点について解説します。

池田池田

30代の方、30代でない方も自分の貯金額と照らし合わせてチェックしてみて下さい。

sp-ikeda

30代の平均的な貯金額は家族状況で違う

30代の平均的な貯金額は、家族の人数などで大きく変化します。

下記では、

  • 一人暮らし(独身男性・女性)
  • 二人暮らし以上(子持ち・夫婦)

それぞれのパターンについて解説します。

なお、今回のデータは、「金融公報中央委員会」が発表した、家計の金融行動に関する世論調査(2020年)のポイントを参照としているものです。

 

1人暮らし

一人暮らしの場合、30代の平均的な貯金額は、データによれば「約329万円」でした。

「多っ!!」と思った人もいるのではないでしょうか?

もう少し詳しい分布は、以下のとおりです。

単身世帯

(引用:金融公報中央委員会

 

これだとちょっとわかりづらいので、貯金平均について2020年のデータだけピックアップしてみましょう。

貯金額 割合
ゼロ 36.2%
100万円未満 17.2%
100万円〜200万円未満 6.9%
200万円〜300万円未満 4.3%
300万円〜400万円未満 2.9%
500万円〜700万円未満 5.1%
700万円〜1,000万円未満 4.3%
1,000万円〜1,500万円未満 4.5%
1,500万円〜2,000万円未満 2.6%
それ以上 8.7%

 

2人暮らし以上

続いて、2人暮らし以上をしている30代の平均貯金額を見てみましょう。

全体の平均貯金額は、金融広報中央委員会によれば923万円でした。

やはり、想像よりも多いと感じた人は多いでしょう。

もう少し詳しい分布は、以下のとおりです。

二人暮らし

(引用:金融公報中央委員会

 

やはりちょっとみづらいので、2020年のデータだけピックアップしてみましょう。

 

30代二暮らし以上の平均貯金額 割合
ゼロ 8.2%
100万円未満 9.1%
100万円〜200万円未満 10.0%
200万円〜300万円未満 11.7%
300万円〜400万円未満 10.8%
400万円〜500万円未満 10.0%
500万円〜700万円未満 11.3%
700万円〜1,000万円未満 8.7%
1,500万円〜2,000万円未満 6.5%
それ以上 3.5%

というように、大体は100万円以上貯金しています。

そして30代にして貯金1,000万円をクリアしている人も…

 

貯金ゼロが1/3もいる

上記の30代の平均的な貯金額を見て、多くの人は、「え、私の貯金額低すぎ…?」と、感じたことでしょう。

しかし、そんなに焦ることもありません。

なぜなら、30代独身のうち1/3以上は、貯金額ゼロ円だからです。

貯金額で見ると、「平均の金額が高いな」と感じるでしょう。

しかし、それは「一部の貯金が得意な人たち」によって、平均数が上がっているだけ。

だから、必要以上に焦らないようにしましょう。

まして、「自分はもう(経済的に)終わってる」などと思う必要もありません。

池田池田

ただし、30代に貯金が求められることは変わりないので、できるだけ早く貯金をしたいところ。

30代で平均的に必要な貯金額って知ってる?

30代という世代は、平均してお金のかかるライフイベントが盛りだくさんです。

具体的には、

  • 住宅を購入するための資金
  • 結婚の資金
  • 子供の教育に必要な資金
  • 予備の資金

といった部分が挙げられるでしょう。

この点を踏まえれば、「30代には、平均的にどれくらい貯金が必要なのか」が重要です。

それぞれについて、詳しく解説します。

 

住宅購入資金

30代となると、平均してマイホームを購入するケースは非常に多いでしょう。

これにも、大変大きな貯金額が必要です。

 

公益財団法人である生命保険文化センターの発表によれば、平均購入価格

  • 土地付き注文住宅・・・4,256万円
  • 中古戸建て・・・平均2,574万円

となっています。

購入金額

(引用:生命保険文化センターの発表

 

もちろん、一括で買うわけではありません。

必要なのは頭金で、たとえば新築マンションの場合、頭金の平均金額は1,151万円です(リクルート住まいカンパニーの調査による)。

しかし頭金や今後のことを考えれば、やはり30代で300万円くらいは住宅購入資金として貯金しておきたいところです。

 

結婚準備資金

30代になれば、結婚への準備資金も必要となります。

ブライダル総研の「ゼクシィ結婚トレンド調査2020年(首都圏)」によれば、平均挙式費用は363万3,000円でした。

ご祝儀はありますが、その平均金額は200万円程度

となると、160万円以上は夫婦で持ち出すこととなります。

 

子供の教育に必要な資金

さらに、子供の教育資金も、30代時点で貯金しておきたいところ。

教育資金の平均は、人数や私立・公立といった違いにもよりますが、文科省によれば、概ね一人あたり800万円から2,200万円程度

教育費用

(引用:文科省

やはり、とんでもない金額がかかっているのですね。

 

予備の資金

上記までで、平均的な30代における、「原則必要」な資金を解説しました。

何にいくらお金を使うかは人それぞれですが、上記のような感覚で貯金は用意しておきたいところです。

そして、できることなら30代から予備の資金は用意しておきたいところ。

予備の資金とは、

  • 何かあったときのための予備資金
  • 定年後の老後資金

の二つが挙げられます。

「何かあったときの予備資金」とは、「いきなり収入がなくなっても、しばらく耐えるための貯金」ですね。

この貯金があるうちに、状態を立て直そうというわけです。

30代が予備資金として、平均いくら用意しているかは、本当に人それぞれ。

ただし、最低でも6ヶ月から12ヶ月くらいは用意しておきたいところです。

たとえば月平均30万円かかるなら、180万円から360万円は要るわけですね。

30代なら、老後資金としての貯金も重要です。

少し前には、「老後のための貯金として平均2,000万円は要る」という話もありました。

日本経済新聞

(引用:日本経済新聞

平均2,000万円いるかどうかは、正直、人それぞれです。

ただし年金なども安定してもらえるかわからない世の中なので、やはり老後資金は必要です。

仮に2,000万円を平均的に目指すなら、30代か貯金は必要となるでしょう。

池田池田

やはり、平均的な30代以降の人生はうんざりするほど金がかかるもの。貯金額には意識しておいたほうがよいでしょう。

30代で平均的な貯金がないところから始める貯金方法

「平均的な貯金額」を語るうえでは”あるある”なのですが、

  • 自分の貯金額は、30代の平均に全く届いていない
  • 今から貯金するなんて、絶望的だ
  • 貯金のやり方がそもそもわからない

と思ってしまうことがあります。

しかし、今からでも遅くはありません

今月、あるいは今日から、30代の平均貯金額に近づけられるように頑張ってみましょう。

下記では、その具体的な方法を4点について解説します。

 

まずは浪費を見つけて節約

30代で平均的な貯金がないなら、まずは、何よりも、とにかく浪費を見つけて節約しましょう。

わかりきったことではありますが、やはり浪費は貯金の敵で、とんでもなくお金がかかります。

  • 趣味
  • お酒の付き合い
  • 外食

などに、お金を使っている30代は多いでしょう。

しかしこういった浪費をコントロールできないと、30代の平均貯金額を確保するのは、相当難しいはずです。

「いっさい浪費するな」というわけではありません。

しかし、やはり浪費が少ないことには越したことはないのです。

そして、「小さい節約」よりも、浪費をおさえる「大きな節約」をする方が、よほど効果的。

30代の平均的な貯金額を目指すなら、少しずつでよいので、浪費はおさえていきましょう。

「飲み会を月1回減らす」とか、そういったスタートでも全然OKだと思います。

それで月5,000円くらいは浮きます。

 

給料が入ったら先に1割を貯金する

30代で平均的に貯金をしていない人は、「なんだかんだ使っちゃう」という課題を感じている人も多いでしょう。

そんな時は、「給料が入ったら先に1割貯金する」というのがおすすめ。

たとえば手取り30万円なら、3万円貯金し、残り27万円で生活しましょう。

これを1年続ければ36万円、つまり手取り1ヶ月分が貯金されます。

 

NISAを使って積み立て

より具体的は話をするなら、「つみたてNISA」という方法もあります。

つみたてNISA

(引用:SBI証券

これは、30代で平均的な貯金額を持っていない時、大変頼れる存在。

つみたてNISAとは、一言で言えば「毎年120万円の投資枠が非課税になる」という”優遇制度”の一つです。

よって、投資で得られる売益や配当に税金がかからなくなります。

少額で始められるので、初心者にもおすすめ

30代の平均的な貯金を目指す人は、一度運用してみましょう。

ちなみに30代ではなく、20代から貯金するために利用する人が6割も。

日本経済新聞

(引用:日本経済新聞

 

iDeCoで資産形成

つみたてNISAと同様に、iDecoでの資産運用・貯金も、かなり現実的なやり方です。

30代で平均的な収入があれば、余裕で運用できます。

iDeco

(引用:iDeco

正確には「個人型確定拠出年金」、つまり年金の一種ですね。

もっとわかりやすくいうと、「自分でルールを作る年金」のこと。

毎月好きな金額を積み立て、用意されている投資信託などを回して、老後に年金として受け取れます。

30代からスタートして平均的に運用しておけば、60代の時点でそれなりの老後資金を用意することが可能です。

池田池田

つみたてNISAとiDecoは、平均的な30代なら確実にチャレンジしたいところ。

30代で平均の貯金額を下回るなら目標を持って貯金しよう!

データ通りなら、本記事を読んでいる人の半分以上は、30代の平均的な貯金額を持っていないはずです。

繰り返しになりますが、ライフイベントや老後の資金を考えて、今からでも貯金をして行くのがおすすめです。

まずは30代の平均貯金額を目標にして、頑張ってみましょう。

ここは一つ、目標とそれに対する計画の立て方を考えてみます。

先ほど触れたとおり、30代の平均貯金額は、

  • 一人世帯→329万円
  • 二人以上の世帯→923万円

となっています。

つまり、これが目標です。

そして、今の目標と現状の貯金額を引いたものが、これから貯金すべき金額

たとえば一人世帯で50万円貯金があるなら、30代の平均貯金額まであと279万円ですね。

あとは、

  • 何年までに貯めたいか
  • 1ヶ月でいくら貯めるか

を計算するだけ。

たとえばあと5年で279万円貯めるなら、1ヶ月で4万6,500円貯金すればOKです。

30代の平均貯金額は、絶望的に見えるかもしれませんが、これならイケそうではないでしょうか?

しかもボーナスや給料UPなどもあるので、実際にはもう少し余裕ある計画になります。

池田池田

もし平均以上の貯金額があるなら、本当にすごいことです…きっとしっかりされている方なのでしょう。

30代の平均的な貯金ができたら資産運用も検討しよう

もし30代の平均的な貯金額がクリアできたら…ひとまずそれでOKです。

ただし、それ以上に安定した生活を目指すのなら、資産運用も検討するとよいでしょう。

つみたて

  • NISA
  • iDeco
  • 株式
  • 仮想通貨

など、さまざまなやり方があります。

特に2021年以降しばらくは、新型コロナの影響で収入は不安定になりがち。

将来的なことを考えるなら、30代において平均的な貯金ができたら資産運用はした方がよいでしょう。

我々30代が生まれた「バブル」とは違い、現代では銀行に預けていてもほとんどお金は増えません。

だとしたら、自分自身で意識的に資産運用する必要があるのです。

 

まとめ:今からでも30代の平均貯金額を目指していこう

20代と30代では、やはり貯金の重要さが桁外れに違います。

そして30代の平均貯金額は、驚くほど高いもので、もはや絶望すら感じさせる部分さえあるでしょう。

ただ、現在貯金額が平均に届いていないにしても、今からでも遅くはありません。

ちゃんと節制して、できることをやれば、30代の平均貯金額は目指せるレベルです。

たとえ貯金額ゼロ円からでも、きちんと計画を立てて実践していけば概ね達成できるでしょう。

池田池田

無駄遣いすることなく、そして絶望することなく、貯金との向き合い方を考えてみましょう。

 



今ならLINEで書籍含む10個の豪華特典をプレゼント


かつて鬱で苦しんだ池田だからこそわかる稼ぎ方を伝授します


【お申し込みはこちら】お気軽に無料でご相談ください